5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【イラスト】モンスターハンター総合3【SS】

1 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/23(金) 21:42:59 ID:nmGX583x
モンスターハンターシリーズのキャラ談議総合スレッド。
自キャラに、ライバルハンターに、ギルドマスターに、人に飛竜に獣人に!
ゲーム本編とは関係ない想像、妄想を存分に語り合いましょう!

次スレは容量が480KBを超えたら立てて下さい
age sage 自由。どちらでも構いませんが、スレの空気を読むのは忘れないでね。

【イラスト】モンスターハンター総合【SS】
ttp://game13.2ch.net/test/read.cgi/pokechara/1191121864/l50

【イラスト】モンスターハンター総合2【SS】
http://game13.2ch.net/test/read.cgi/pokechara/1198083425/l50


2 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/23(金) 21:45:01 ID:nmGX583x
荒らしが埋め潰したので立てました


3 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/23(金) 21:46:42 ID:nmGX583x
貼り忘れ
【携帯ゲーキャラ】−モンスターハンターSSまとめ−
ttp://park.geocities.jp/hunter_ss_page/

4 :^^:2008/05/23(金) 23:23:57 ID:Kmwm9eWD
保守

5 :^^:2008/05/23(金) 23:28:35 ID:Kmwm9eWD
保守

6 :^^:2008/05/23(金) 23:31:51 ID:Kmwm9eWD
保守

7 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/28(水) 12:27:11 ID:1CgXm3G3
>>1

8 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/01(日) 17:11:26 ID:BmYwhPvp
tv氏はまだ現れないのか・・・

9 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/02(月) 12:51:33 ID:yKxIqS4N
別に来なくて良いけどNE!

10 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/03(火) 08:51:39 ID:ttJOH9Ab
糞スレ晒し上げ

11 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/07(土) 01:11:42 ID:twre2E9m
保守

12 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/07(土) 15:29:02 ID:FxEb2zTy
ツンデレ多いなwww

13 : ◆Tv.pFjBpaI :2008/06/12(木) 03:51:41 ID:0EEew8ma
投稿長引いて申し訳ありません。
そしてこのスレも3代続き、これを立ててくださった
1さんに感謝いたします。

次の話の進行具合は70%ぐらいです。
もうすぐですのでもう少々お待ち下さい。

いつも保守していただいてるばかりですので
今回は自らageます。

14 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/12(木) 05:36:35 ID:wWlh9WJY
>>13
まってるよー
あと、保守の時にageる必要は無いよ

15 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/12(木) 10:06:50 ID:k1rFr5GA
>>13
^^;

16 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

17 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

18 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

19 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

20 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

21 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

22 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

23 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

24 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

25 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

26 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

27 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

28 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

29 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

30 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

31 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

32 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

33 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

34 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

35 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

36 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

37 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

38 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

39 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

40 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

41 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

42 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/21(土) 09:31:03 ID:ElaQPd2v
保守

43 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/23(月) 16:44:38 ID:izz8s83I
誰かこの糞スレの削除依頼出してこいよ……
全く機能してねーだろ

44 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/25(水) 06:25:31 ID:oXbjQUol
言い出しっぺの(ry

45 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/02(水) 05:59:32 ID:k9B4mqBs
保守

46 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/03(木) 08:52:46 ID:0BRQKk6l
糞スレage

47 :4月 ◆Tv.pFjBpaI :2008/07/03(木) 12:03:07 ID:DsZZO/VK
レイはまた窓の外を眺めていた。
昨日と違う点といえば苛立ちを抱え込んだ状態であることと

隣に転校生がいたことである。

数時間前…

朝のHR、新城先生の紹介を受け転校生が教室に入ってきた。
なかなかの面構えで数名の女子の溜息と大多数の男子から違う溜息が漏れ出す。

その空気を払拭させる為、新城先生は咳払いを一つし、
「すまないが、自己紹介をしてもらおうか。これから皆と共に過ごしてもらうのだからな」
転校生は面倒くさそうにチョークを手に取り黒板へ向く。

何故か名前を書くとき少しの間を空けたが、
『大野 秀夫』
と書き、こちらを振り向き
「よろしく…」
と小声で言った。

そしてレイの隣の空席に座る。
時間にして30秒。
そうそう転校生の自己紹介なんてものはお目にかかれないものだが
だれもが異例の早さであると感じた。

とりあえず隣の席なので挨拶だけはしておこうと思った。
「あ、あのさ大野…君。私天道レイって言うの。
 一応ここの委員長をしてるから何かわk…」

「…話しかけるな」



48 :4月 ◆Tv.pFjBpaI :2008/07/03(木) 12:03:49 ID:DsZZO/VK
と、これが数時間前に起きたことであり、レイが苛立っている原因でもあった。
「機嫌悪いねぇ。あの日?」
パコッ!
「痛いじゃんよ〜。もし私じゃなかったら…」
「そんなこと平然で言えるのはココミくらいよ」

いつものようにココミが突っかかって来た。
「大野君と朝何話してたの?デートの約束?」
「するか!初対面なのに!…別に、ただ挨拶しただけよ」
「それで?」
「そしたらあいつ!偉そうに『話しかけるな』だって!
 も〜あったまきて!」
「でも顔はいいよね。彼」
と言いながらココミは窓の外を指差す。
その先に大野はいた。
グランドの片隅で何かをしている…
「…なにあれ?スケッチブック…?」
大野はどうやら絵を描いているようだ。
しかし大野が視ている方角は絵にもならない木の前…一体何を描いているのだろうか…?
その時、大野の下に数人の厄介者が現れる。
「ああ、レイ。見て」
ココミが大野のいる場所より後方に指さす。
イチタロウ達だ。

「…おい、あんな奴いたか?」
イチタロウが怪訝そうな顔でお供のリクソンに聞いた。
「さぁ・・・転校生じゃないんすか?」
とリクソンが答える。
「そしたらガイさん…ちょっと新顔に挨拶したほうがいいんじゃないっすかぁ…ガイさん流の」
後ろにいたリクソンとは別のお供の一人がサッカーボールを差し出す。
「…俺はそういうのは好かん」
別のお供の男が横を向き静かに不満を漏らした。

サッカーボールを差し出す男と不満を漏らした男の顔は何と瓜二つ。
2人は双子なのだ。



49 :4月 ◆Tv.pFjBpaI :2008/07/03(木) 12:04:42 ID:DsZZO/VK
伊与田兄弟

伊与田 有栖斗…16歳。
            サッカーボールを持っているほう。口が軽くイチタロウに媚びへつらい
            おこぼれを頂戴しているいわゆるチンピラ。金髪に染めている。
            リクソンとは仲良くしてるがそれは偽りでどこかでリクソンのポジションを奪おうと
            虎視眈々と狙っている。こっちが兄。

伊与田 新真…有栖斗と同じく16歳。喋ることをあまり好まない性格。
          だが言いたいことははっきり言う硬派な男。
          兄がいずれイチタロウの為に何かしら危ない橋を渡ろうとするのを予想し、
          それを阻止する為、監視役としてイチタロウ達の中にいる。  
          兄弟の仲は良い方である。
          リクソンとは仲が良いが、イチタロウとの仲を裂くためである。
          
「何か言ったか?仏頂面のシンマさんよ?」
イチタロウはわざとらしくおどけて言った。
「…別に」
まるで相手にしないかのように振舞う新真。
「…け、ならハナっからしゃべんじゃねえよ!おい!アリスト!」
「すいません。できの悪い弟で…はい、どうぞ」
ご機嫌をとる有栖斗はイチタロウの前にボールを置く。

イチタロウは大野の頭に狙いをつけ…
「喰らいやがれ!転校生!」

強烈なシュートが大野を襲う!
「あ!」
ココミとレイは声が漏れ、それと同時に顔を伏せ、目を閉じる。

…静かだ。
本来なら当たればあのうるさいバカども(新真をのぞく)が歓声を上げ
はずれればイチタロウの地団駄とともに罵声が聞こえてくるものなのだが…

2人は顔を挙げ、大野の方に顔を向けると…
「…なんだってんだ?この学校は。転入生にはボールがもらえるのか」

この距離で2人には何を話しているかは聞こえなかったが信じられない
光景が目にうつる。
何と後ろを向いたままでイチタロウのシュートを、しかも片手で受け止めていたのだ。

2人は決定的瞬間を見逃していたが、それを間近で見ていた4人の内3人は
口を開けて驚いていた。
「…おい!アリスト!他の球は!?」
何とか我に返り有栖斗を睨むも
「い、いえ持ってきてません」
「バカヤロウ!つかえねーな!お前はよ」
イチタロウの罵声が飛び交う。一瞬だが後ろにいた新真がイチタロウに対し
殺意を発していた…のは気のせいだろうか。



50 :4月 ◆Tv.pFjBpaI :2008/07/03(木) 12:13:07 ID:DsZZO/VK
「…返すぞ」
とだけ言い大野はボールをワンバウンドさせ、ボレーシュートを放った。
速い!そして低い!
「うげ!お、重い」
さらに重いと3拍子揃ったシュート。
当たったのはリクソンである。

「ねえ、レイ。まずい雰囲気じゃない?」
ココミがそう伝えるまでもなくレイ自身もこれは一波乱ありそうだと感じていた。

「てめえなにすんだよ!あぁ!?」
とキレかかったのはイチタロウ。それを言うはずのリクソンは腹を抱えて苦しがっている。
「…誰が悪いんだ?」
スケッチブックを置き、向かってくるイチタロウに迎撃すべく構えをとる。
(こいつは…経験者か?まぁケンカ最強の俺様には関係ねえ)
ケンカ最強と言ってもしたことあるのはリクソンやアリスト、同校の不良とやって勝ち続けたほどで、
本当にケンカを知るものは経験者ほど手を出したがらないものである。
つまりイチタロウのレベルはその程度である。
が、しかし…
『はい、そこまで。イチタロウ君、それ以上続けるとこの学校から叩き出すわよ』
と館内放送が響き渡った。
「ちっ!あのアマ!…運が良かったな、おめえよ。でもそのツラ覚えたからな」
と言い捨てイチタロウとその一味は校舎の中に戻っていった。
リクソンは新真に抱きかかえられながら…。

「今の声は…」
ココミがレイと顔をあわせる。
「もちろんお姉さまでしょ!さすがだわ〜。憧れちゃうなぁ」
瞳を輝かせてレイは溜め息交じりで言葉を漏らす。
お姉さまとは、この学校の生徒会長のことなのだが
容姿端麗、文武両道、ナイスプロポーション、それでいて優しく悪を許さぬ性格。
お姉さまと呼ばれる所以である。
レイ以外の女子も『お姉さま』と呼ぶ者も多く憧れの対象でもあるのだ。



51 :4月 ◆Tv.pFjBpaI :2008/07/03(木) 12:13:42 ID:DsZZO/VK
…昼のできごとが進展せずに無事今日の学校行事が終わった頃
再び館内放送が流れた。
『2年生の天道レイさん。まだお見えでしたら生徒会議室にお越し下さい。繰り返し…』
お姉さまからお呼び出しをいただいた。
「なによ〜、レイ。何かしたの?」
まだ教室に残っていたココミが冗談まじりに話しかけてきた。
「ん〜。PSPの件かなぁ…それとも昨日イチタロウと接触したのが原因か…」
実はわざとPSPを校内に持ち込んだり、たまにイチタロウとつるんだりするのは
お姉さまに注目されたいからでもあった。
面倒くさいクラス委員長になったのも生徒会議室への一歩と思ったからである。

叱られるにしろあのお姉さまに呼ばれたのでレイは喜び勇んで生徒会議室へ…
「天道レイです!失礼します!」
ノックしてから一言発し会議室の中へ…
あのお姉さまと2人きり。万が一、そう万が一にもお姉さまに迫られたら…
レイ自体別に同性愛でもなんでもないのだが憧れのお姉さまならば…
と想像を膨らます。

「天道さん。ごめんなさい、急に呼び出して」
ああ、地毛だって言われるロングの茶髪。溢れるばかりの大きな胸。
スラッと伸びた細い足…彼女が明菜お姉さまである。

大森 明菜  17歳 3年生
生徒会長を務め、先生、女子生徒から絶大な支持を得ている。
男子からはあまり支持を得られないと言うかあまりにも完璧すぎて高値の花であるのと
彼女が入校してきてからバレンタインデーのチョコがほとんど彼女の手に渡ってしまい、
男子の面目が彼女の存在によって失われつつある為、中には彼女の存在を危惧する者も…
学問も運動神経も申し分なくそれに驕らぬ優しい性格である。




52 :4月 ◆Tv.pFjBpaI :2008/07/03(木) 12:14:43 ID:DsZZO/VK
「いえ!お姉さ…会長からお呼びいただけただけでも…」
と、言いかけたとき、この会議室奥にもう一人の影があった。
2人きりじゃないのか…残念がったよりも驚いた方が印象強かった。
なぜならその人影の正体は…あの転校生、大野であった。
「あ・・・アンタ!こんなとこで何やってんのよ!
 ま、まさか会長が私を呼んだのはアンタが何かしでかしたんじゃ!」
大野は話しかけられてもレイの方を向かず、外を眺めているだけだった。
「天道さん。勘違いしないで。
 別に転校早々、彼が何か悪いことをやっていたわけではないの」

フォローをかけてくる会長。
「まぁ、確かに昼休みのアレは少し問題になりかねなかったけどね」
「…フン。奴らが先に仕掛けてきたんだろ…」
バツが悪そうに大野は溜め息混じりに言葉を吐き捨てる。
「そうね。でもそれは、貴方のお父様のやり方…
 いえ、信念が違うんじゃないかしら」

気だるそうな大野の態度が一変する。
「お、お前!何故それを・・・」
「悪いけど貴方の素性は知っているわ。それが極秘であったとしても…
 全ての生徒の代表なんだから把握する必要はある…違うかしら」

話が展開する中、レイは一人取り残された感じがした。
「あ、あの会長…?私を呼んだのは…」
会長は大野からレイの方に身体を向け指を指した。
「そう、天道レイさん。貴方にお願いするわ。
 彼を、大野 秀夫君の身の回りのお世話をね!」

「なっ…!」「えーーーーーっ!」


                                 続く

53 :おわびと言い訳 ◆Tv.pFjBpaI :2008/07/03(木) 12:19:48 ID:DsZZO/VK
いえ、本当に長々と時間かけました。
申し訳ありません。
ついこないだまで入院しておりました。
今は自宅で療養生活に入っております。
仕事のしすぎだそうで…

とりあえずこの話は設定上1年まで続きません。
つまり3月以内には終わります。
そしてなんでこの高校生の話を出したのか?
この暴挙の理由はこの話が終わったあとに報告したいと思います。


54 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

55 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

56 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

57 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

58 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

59 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

60 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

61 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

62 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

63 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

64 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/03(木) 17:59:50 ID:Azg9Qkou
>>53
まってた!

65 : ◆Tv.pFjBpaI :2008/07/03(木) 18:54:05 ID:DsZZO/VK
ん〜…
何か書き込むたびに荒らされてるなぁ…


66 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/03(木) 21:22:44 ID:xuP9SltU
>>65

お大事に

67 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/03(木) 21:31:46 ID:a6xLk5Au
>>65
続き期待してるよ^^

68 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/07(月) 23:36:29 ID:eNORfoh4
>>65前にも言ったかもですが無理はなさらないで下さいね。
復帰には時間がかかりますから。
心から応援してます。


69 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/08(火) 12:55:38 ID:O1IxzuM8
鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾>>65乙鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾


70 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/13(日) 03:06:32 ID:KT0nX6SO
鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾


71 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/14(月) 17:46:41 ID:CTOugmWy
ところで 鑾←これなんて読むの?

72 : ◆U0K7uuN646 :2008/08/03(日) 18:11:45 ID:1Ry6/0MH


73 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/04(月) 12:38:06 ID:cgJFOHBd


74 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/16(土) 12:48:36 ID:4c+plwEw


75 :暇だし:2008/08/27(水) 16:27:19 ID:goiyKVux
ツンデレ「ごめんなさい、こんなときどんな顔をすればいいかわからないの…。」

ハンター「笑えばいいと思うよ。」
ツンデレ「アハハハ!」

ハンター「溶岩のグラビモスを倒すと思わなんだ…。」


76 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/27(水) 21:54:37 ID:2qjcGtK7
>>75
剥ぎ取り不可かw
とりあえずハンマーでホームランな

77 :5月 ◆Tv.pFjBpaI :2008/09/02(火) 13:02:12 ID:3dcWLq77
会長から依頼を受けて早一ヶ月…
レイは会長の言うとおりに大野の身の回りについていた。

一ヶ月前…
「どういうことですか!?なんでこんな奴を私が…」
レイがすっとんきょんに声を張り上げる。
「あら、天道さん。今日初対面なのにもうこんな奴って。
 結構仲良くなっちゃったのかしら?」
にこやかに微笑む会長。さすがに大野も口を挟む。
「…断る。俺もこいつに付き纏われるのはごめんだ」
「ちょっと!それは私の台詞よ!
 そもそもなんであんたなんかの世話を…!」

最後まで言い切る前に会長が一つ咳払いをし、
「あー、天道さん。勘違いしないでもらいたいんだけどね。
 世話って言うほどのものじゃないわ。朝に彼を迎えに行ったり一緒に帰ってもらえれば問題ないから」
「大問題じゃないですか!!!」
しれっとした態度の会長とは逆にレイは絶叫に近いほど声を上げる。
「転入してきた、まぁそのそれなりに顔のいい男子と登下校一緒なんて知られたら
 すごい噂がたっちゃうじゃないですかぁ!」
「でも、家が近いからって理由で事足りるんじゃないかしら?」
「え?そ、そうなんですか?」
そういえば、この間隣のアパートに引越しの車が止まっていたような…
やはり彼があそこに引越してきたのか…?
「彼を近くに住ませるようにしたのはアタシだから」
…なんだって会長がこんな力を持っているのか。

実は会長は学校だけでなくこの町の80%の人心を掴んでいるのだ。
彼女の父は市議会議員…母は大学教授。しかも老いが感じられないほど美形な為
よくTVにも出演してるほど。
に加えて、親の英才教育も受けている為、今の彼女が存在するのである。
神様は会長にどれ程惚れこんでいるのか…



78 :5月 ◆Tv.pFjBpaI :2008/09/02(火) 13:05:35 ID:3dcWLq77
「…勝手なことを」
大野は苦々しく言った。
「貴方のお父様には父がすごいお世話になったわ。
 だから今回の件は大森家に恩を返したいって思ってるの」
「…コイツは信用できるのか?」
大野は右手の親指でレイを指す。
「大丈夫よ。その点なら」
自信の溢れるその顔に大野は観念したようだ。
「…仕方ないな」
唯一この中で話についてこれていないのがレイ。
一体何がなにやら…
「あ、あの会長?一体どう言うことですか?」
「…天道さん。これからアタシの言うことは極秘事項。
 誰かに漏れような時は…」
「い、い、いえ!絶対漏らしません!ハイ!」
会長の言葉に背筋が凍る。
(お姉さま…会長ってこんな怖い人だったかな…)
「…あなた、ニュースは見てるわね?」
突拍子もない質問に困惑ながらも
「は、ハイ。まあ一応…」と、応える。
「結構。昨日のニュースにもあったんだけど、
 【通信省】…これのことは知ってるかしら」

確かに昨日、総務省から独立した【通信省】なるものが誕生したとニュースでやっていたが…
「はい、知ってます」
「なら話は早いわ。よく聞いて。
 ここにいる大野君は、その通信省の委員長になるはずだった羽田のご子息よ」
「…え?」
この男がお上の息子…?


79 :5月 ◆Tv.pFjBpaI :2008/09/02(火) 13:08:43 ID:3dcWLq77
「加えて一つ言い直すわ。あなたは彼の護衛にあたってもらいます」
「え?ええっ?」
無茶苦茶だ。自分が人を護ることなんかできるわけがない!
「か、会長〜!無理ですよ、そんなの!
 ちょ、ちょっと!アンタからも何とか言いなさいよっ!」
レイは大野…いや羽田に振る。
しかし、羽田は、
「…思い出した。お前、あの大森か」

どうやら2人は旧知の仲らしい。
会長の顔が笑みに戻り、
「護衛…て言うのは言い過ぎかもね。
 正確には連絡・報告をしてくれるだけでいいわ。
 あ、さっき言った世話するのも含めてね」
「そもそも、そんなことをする必要があるんですか」
レイは疑問に思った。彼を護る必要はどこにあるのか?
「…じゃあ言うわね。
 今、おじ様の代わりに委員長を務めている我門 出来策。
 知ってるわね」
「はい、それもニュースで」
「結構。実はその男が彼を狙っている可能性があるの」
「え?」
「だからもし…もしよ、彼が拉致されたり何者かに襲われた時はかまわずアタシに
 連絡をちょうだい」
と言い、会長は胸ポケットから小さな紙を渡す。
名刺だ。どの国でも女子高生で名刺を持っているのはこの人くらいだろう。
そこには自宅と携帯の番号、メアドが載っている。


80 :5月 ◆Tv.pFjBpaI :2008/09/02(火) 13:09:46 ID:3dcWLq77

「危険があった場合はそこから逃げてもいいからね」
会長は付け加える。
「…その可能性は?」
恐る恐るレイが尋ねる。
「…10%くらいかしら」
少し考え込むレイ。
「もちろんタダとはいわないわ。あの男を押さえれるか彼が無事に高校生活を送れるかさえできるなら
 ご褒美をあげます」
「ご褒美?」
「それはね…」
会長はレイに近づきそっと耳打ちをする。
「ま、まま任せてください!!この不肖天道レイ、あいつ…じゃない羽田君の護衛に当たらせていただきます!」

と、言った具合に引き受けてしまったのだ。
何故彼が狙われているのか、など色々聞きたいこともあったが
ご褒美を聞かされ思考がぶっ飛ばされ安請け合いをしてしまった。
レイが今していることと言えば
朝、羽田の玄関前にてチャイムを連打し叩き起こす。と言っても、
時々レイの方が遅かったりして全力で羽田を追いかけることもしばしば…
学校に近づくにつれ、わざと2人の距離が離れてゆく。噂がたつのを恐れてのことである。
帰りも羽田が帰るのを待っていなければならない。
何よりレイが苦痛に感じているのはまったく愛想が悪い彼と一緒に行動しなければならないこと。
決して愛想がないわけではない。他の…例えばココミが話しかけると普通に返しているのを見るが
レイに対してはなぜがそっけない…というか冷たい。

最初に会ったときからそうだった。
自分が何かしたか、と考えてみるも思い当たる節がない。
まぁ、別に彼を好きになることはないし目的はお姉さまのご褒美だし…と
言い聞かせることにした。

しかし、数日後この依頼を受けたことを後悔する出来事に巻き込まれてるとは
今のレイには知る由もない…

                                                 続く

81 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/09/02(火) 21:36:05 ID:l0DU7M+q

お久しぶり

82 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/09/07(日) 16:48:43 ID:qHvtauXD
晒し上げ

83 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/09/10(水) 00:01:17 ID:lXn+cieH
>>1 >>1 >>1 >>1 >>1 >>1 >>1 >>1 >>1 >>1
鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾
鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾
鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾
鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾
鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾
鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾
鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾
鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾
鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾
鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾
鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾
鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾
鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾
鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾
鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾
鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾
鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾
鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾
鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾
鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾
鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾
鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾
鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾
鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾


84 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/09/10(水) 00:02:29 ID:lXn+cieH
>>1 >>1 >>1 >>1 >>1 >>1 >>1 >>1 >>1 >>1
鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾
鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾
鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾
鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾
鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾
鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾
鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾
鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾
鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾
鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾
鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾
鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾
鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾
鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾
鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾
鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾
鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾
鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾
鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾
鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾
鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾
鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾
鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾
鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾鑾


33 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)