5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

幕とキャバレーを同じ部屋に3回閉じ込めてみた

1 :爆音で名前が聞こえません:2008/01/05(土) 18:18:17 ID:Kqgw8h6Y0
キャバレーは早すぎだと叱ったそうな

○このスレの空気
 ・絵とか設定は自由。freedom。俺たちは自由だ。
・希望とかありだけど、スルーされても怒らない。泣かない。いじけない。しつこくしない。
・えっちなSSはうpロダに上げてからアドレスだけ貼り、という配慮をお願いします。
・ポップン以外はだめじゃないけど控えめに。

○まとめサイト
PC向け http://poptoji.xxxxxxxx.jp/
携帯向け http://pksp.jp/popn-tojikome/

閉じ込めスレ総合サイト http://pksp.jp/cardinal-pop/

○前スレ
“ポップン曲”を2回閉じこめてみた
http://game11.2ch.net/test/read.cgi/otoge/1166747323/

○姉妹スレ
蠍火と嘆きの樹を同じ部屋に18回閉じ込めてみた
http://game13.2ch.net/test/read.cgi/otoge/1197170884/

鬼姫と100秒を同じ部屋に8回閉じ込めてみた
http://game13.2ch.net/test/read.cgi/otoge/1197006920/

FAXXとCHAOSを同じ部屋に閉じ込めてみた
http://game11.2ch.net/test/read.cgi/otoge/1173537202/

ポップンキャラを同じ部屋に2回閉じ込めてみた (ゲームキャラ板)
http://game11.2ch.net/test/read.cgi/gamechara/1161009442/


63 :爆音で名前が聞こえません:2008/02/24(日) 07:17:05 ID:zJ152hFAO
>>62
乙そして有り難うございます!

マジアカ「では最初の問題です。
次に述べるキャラを、発言回数が少ない順に列べよ。
1.ニエンテ
2.グラウンドテクノ
3.ミサ
4.プレリュードlong」

全員「分かるかあああああああああっ!」


ちなみに正解は3→4→2→1。

64 :爆音で名前が聞こえません:2008/02/24(日) 07:30:46 ID:JSlDN1LlO
>>63
それなんてオールスター感謝祭

65 :爆音で名前が聞こえません:2008/02/25(月) 17:50:36 ID:KxSdO2Y5O
'絵を描こう'〜HELL13編〜

エレパレ「できました〜っ!」
ハードPF「どれどれ〜……中々キラビヤカじゃない」
エレパレ「はいっ。宝石のなり損ないを散らばらせてみました」
ハードPF「とか言いつつ、BB弾を混ぜてる辺り、子供よねぇ(笑)」
エレパレ「あっ……///」
ハードPF「ふふふ、いいの。それも個性じゃない。………ところで、あたしの絵を見て欲しい。こいつをどう思う?」
エレパレ「すごく……斬新です」
ハードPF「でしょ〜?特にこの部分とか苦労したんだから〜」

JAM「スタンピング……それもよりによって二重階段で破壊した破片物ばっかしかYO!!」
ちんどん「それが持ち味也……よっ!」
JAM「おう。そっちは……こりゃえらくCOLORFULだNA」
ちんどん「拙者、版画の心得が有る故」
JAM「なる、ザ、ジャパニーズスタンピングと来たKA」
ちんどん「JAM殿、貴殿は如何様な作品也か?」
JAM「俺は此だZE?」
ちんどん「むっ!?その画用紙に張り付けてある物体は!?」
JAM「鉄屑だZE。昔作った失敗作から失敬DA」
ちんどん「ほう……不要の醜から斯様な計算された美が出来るとは……中々良い腕をしておられる」
JAM「誉めても何も出ねぇYO//」

66 :爆音で名前が聞こえません:2008/02/25(月) 23:57:51 ID:WIXOYKFWO
HELL13といえば真・HELL13のせいでインパクトが奪われてしまったのが悔しすぎる。
エレパレもちんどんもpfも大好きだったのに…orz

67 :爆音で名前が聞こえません:2008/02/26(火) 03:01:22 ID:Si+fWlBW0
'絵を描こう'〜HELL1-5編〜

クラシック2「できたー」
パーカッシヴ「へぇ、かなり豪華な装飾だな…」
クラシック2「単に、思い浮かんだものを描いただけだよ」
パーカッシヴ「でもすごいじゃないか」
ヘヴィメタル「そういうお前はどんな絵なんだ?」
パーカッシヴ「付着した汚れを取り除くってのを利用したアートだ、わざと紙を汚した後石鹸とかを使って描いていくと…」
ヘヴィメタル「へぇ、凄い発想だな…」
クラシック2「ヘヴィメタルさんは…なんですかそれ?」
ヘヴィメタル「自分の中の生き様ってのを描いたんだが、自分でもイマイチわからなくてな」
クラシック2「駄目じゃないですか…;」

ボーナストラックリミックス「私も出来ましたよ」
パーカッシヴ「…?、なんだこれ」
ボーナストラックリミックス「過去にあった出来事を思い出しながら描いてみたんです」
クラシック2「過去のって…?」
ボーナストラックリミックス「ほら、私って今でこそは評判はあまり無いですが、当時はとんがっていたって言われましたからね…」
ヘヴィメタル「当時は極悪譜面って言われてたからな…」
パーカッシヴ「へぇ…」
ボーナストラック「それで…苦労してクリアできた人の笑顔を見たのが凄く印象に残ってたので」
クラシック2「凄いですね…」
ボーナストラックリミックス「いえ、そんなこと無いですよ」
ヘヴィメタル「初心ってのは忘れがちになるしな…」
パーカッシヴ「高難易度の座は他の曲に譲っちゃたが俺達は俺達で頑張ろうぜ」
クラシック2「ですね」

Hが一般化するまではN譜面でも難しいと思った時事をふと思い出したので…;

68 :爆音で名前が聞こえません:2008/02/27(水) 03:58:18 ID:TW6sgCqqO
クラシック4「あの時の表記は24までしかなかったからのぉ」
ボーナストラックR「あなたがそれを言いますか…;」

69 :爆音で名前が聞こえません:2008/02/28(木) 23:30:14 ID:C1EBH05NO
'絵を描こう'〜HELL12編〜


ヒプロ3「……っとまぁ、こんなもんか」
サイガガ「水墨画ですか。これはまた和な……」
ヒプロ3「俺の兄弟は全員、墨に親しんでるからな」
サイガガ「キャラの都合ですか?」
ヒプロ3「かもしれねぇが、ま、俺に関して言うなら一番の原因は……」

敬老「どうじゃ!ワシの力作は!」

ヒプロ3「………とまぁ競い合うっつーか、師匠みたいな存在が近くにいたからな」
サイガガ「成る程。……私はこんな感じです」
ヒプロ3「………お前、CGでここまで墨を表現するか?普通」
サイガガ「いやぁ、油絵をする、って言うのもどうかと思いまして。一風変わったことをしてみたいなと」
ヒプロ3「成る程な………っと、そういえばラメントは?」
サイガガ「何やら『急用を思い出した!』と、これを置いて帰ってしまいましたが」
ヒプロ3「忙しない奴だなぁ……ん?」
サイガガ「どうしました?」
ヒプロ3「………成る程な、そりゃ急に帰るわけだ」
サイガガ「それはどうして――あぁ、成る程ですね」

ヒプロ3「これ、絵を描くつもりがキャンペーンチラシになってやがったからな」

70 :爆音で名前が聞こえません:2008/03/02(日) 10:24:42 ID:2pS1sjllO
ニエンテ「φカキカキ……(……)」
近代「を、ニエンテ。今度は何を書いて………ッ!」


『無の空間、貸し出します!
家に物が入りきらないとき、
捨てるには惜しいけど……という時、
入れたときの状態を保ったまま保管できます!

1ヶ月契約で30クレジット!
是非利用してみませんか!?

ニエンテ』

ニエンテ「φカキカキ……(空間は有効に使いましょうって、昔の偉い人が言ってたから)」
近代「誰だ!ニエンテに要らん知恵を吹き込んだのは!」

71 :爆音で名前が聞こえません:2008/03/02(日) 13:42:08 ID:qwh5/FosO
>>70
リフォーム「私です」
近代「お前かー!」

72 :爆音で名前が聞こえません:2008/03/03(月) 12:18:23 ID:zBhw3CEeO
'絵を描こう'〜真HELL13編〜

シンメタ2「ふむ……この程度で良いかな」
サーカス「ワォ!随分厳つい人の肖像画じゃない♪」
カイゾク「俺様の宝物庫で何やってたかと思えば、よりによってVANESSAの肖像画の模写とはな!」
シンメタ2「知っているか?贋作というのはフランス革命以降、ジェントリが産み出した文化なのだよ」
コアダス「へ〜」
カイゾク「ふん。価値が有る無しは俺様が決めれば良いこと」
サーカス「パチもんをよく掴まされてるくせに〜♪」
カイゾク「それを言うなぁぁぁっ!」
シンメタ2「ははは……それより、皆はどんな絵を?」
サーカス「いつも通りよ♪」
カイゾク「俺様もいつも通りだ」
シンメタ2「サーカスパンフに海賊旗……コアダスは?」
コアダス「こんな感じ……かな?かな?」
サーカス「ひぐらし乙♪」
カイゾク「つーか何だこの絵は!俺様、理解に苦しむぞ!」
シンメタ2「私もだ。一体何だその地獄絵図は」
コアダス「ギタドラクリップより抜粋してみた。反省も後悔もしていない」

73 :爆音で名前が聞こえません:2008/03/03(月) 15:28:53 ID:sGKev2A70
ひなまつり「今日は、ひな祭り〜」

74 :爆音で名前が聞こえません:2008/03/03(月) 15:31:04 ID:gVOgJGZiO
ひなまつり「あかりをつけましょぼんぼりにしゅわっぱっぱー♪」
サウンドトラック「見える…!見えるぞ、ひなまつりが異様に輝いているのが…!」
ひなまつり「まあ今日は僕のための日ですからね。1年間で一番選曲される日ですし」
キネマ「…逆に言えばピエロくんは今日しか選曲されないんだよね」
ひなまつり「(グサッ)……。
 あとピエロくん言わんといてください。曲名読めないって色んな方に言われてるんですから」
ポップスアンコール「いや、でもあんたは綴りが合ってるだけマシでしょう」
タブランベース「雛あられ80%増量甘口カレーお待ちどーさまー」
ジャジー「食いたかねーよそんなもん!」

75 :爆音で名前が聞こえません:2008/03/05(水) 22:44:35 ID:sPDLf4DVO
ニエンテ「兄からの電波を受信して、ふと思ったんだけど」
IDM「どうしたの?(じゅ、受信?)」
ニエンテ「この幕キャバスレが学校化したら、どんな感じになるんだろうね?」
IDM「え……?えっと、でもそれを実行するには、何らかの能力が必要になるわよね……私は無理よ」
近代「そういうのは俺の担当キャラの能力なんだが、俺はそれを使えねぇしな」
アンリミ「私も、そういった能力はありませんし」
ニエンテ「ボクも、あるのは創造の力だし。HELL15でそんな能力を持つ曲はないもんね」
アンリミ「ポップン中探してもそういませんよ。有るとしたら……倉8さんくらいですか」

近代「頼んでみるか?」
ニエンテ「うん。やってみようか」

76 :爆音で名前が聞こえません:2008/03/07(金) 08:54:08 ID:DCdS+20gO
倉8「じゃあ革命!」
倉4「いきなり!?……ってあら?」
倉1「(´・ω・`) どうやら、我が家はほとんど教師らしいね」
倉3「あれ!?学生服!?」
倉6「って何で私は給食のおばさん!?」
倉9「結婚   し  てる    から   と か」
倉5「どうやら地学教師らしいな」
倉2「位置についてぇ〜っ!よ〜い!!」
倉7「準備なしでそれはひどいって!」
倉10「あ〜もぅ!」
倉11「何が何やら………」

77 :爆音で名前が聞こえません:2008/03/07(金) 11:42:26 ID:ICIr2z4VO
ケンドーロック「剣道部に入らないか!?軽音部もあるぞ!」
ハイスピードラブソング「バスケ部の入部もお待ちしてまーす!」
アドベンチャー「一緒に秘境を冒険しませんかぁー!?」
トザン「ワンダァーーーフォーーーゲルゥーーー!」
ヒプロ「書道は日本の心!拙者と共に心を感じてみてはいかがか!?」





IDM「いろんな部活があるのね」
近代「まだまだ出てきそうな予感」
アントラ「…これ、部活の範囲で収まるのか?」
ニエンテ「φカキカキ...(無の世界で何か出来ないかしら…)」

78 :爆音で名前が聞こえません:2008/03/08(土) 12:28:25 ID:s6TGUDvlO
VS SOUND「はいっ!では化学の時間を始めます!」
一同「「ええぇぇぇぇぇっ!」」
サイケデリックトランス「Teacher,ソノ手ニ持ツ薬品ハ何デス?」
VS「それを今から説明するのですよ!」
エレポ「ヒソヒソ(飲まされやしないかしら……)」
ちびっこアイドル「ヒソヒソ(ありえるよぉ〜☆)」

VS「……とこのように、時としてポップ君が増えるのは、以下のような化学反応がヘニョネギを触媒として行われるからであり――」
4Pop2CH3(不燃性)+7O2→4Pop+4CO2+6H2O
ちびアイ「……く〜☆」
エレポ「ヒソヒソ(ちょっと、この時間の居眠りはマズイって!)」
VS「……では、実験に来てもらおうかな!エレポ君!」
エレポ「全力でお断りします!( ゚ω゚ )」
VS「どうしてだね!?面白愉快な薬品を飲んで、その効果を書いてもらうだけなのだがね!」
エレポ「その面白愉快が問題なんですよ!生徒を人体実験に使わないで――」
VS「寝ているちびっこアイドル君に飲ませようかな」
エレポ「やります(TAT)」
VS「よろしい!では――」


プレイヤー「さ〜て、エレクトロポップでもやるか……ってうわ何で四倍にポップ君が増えてやがギャアアアアアアアアアアアアッ!」

79 :爆音で名前が聞こえません:2008/03/08(土) 12:36:28 ID:w5o2uyNHO
ダーティ「カルテット……悔しい!」
ガールズパンクスタイル「帰って」

80 :爆音で名前が聞こえません:2008/03/08(土) 13:45:25 ID:XzXjKRblO
メガネロック「……はぁ」
スペースワルツ「似合ってますねーメガネ君」
メガネロック「畜生…これでは担当キャラそのまんまの姿ではないか」
スペースワルツ「嫌なんですか?」
メガネロック「歌詞自体は学園物でも何でもないからな、誰も聴いちゃいないのだろうが」
スペースワルツ「あ、でもクレイジーテクノ兄さんなんかは酷いらしいですよー」

クレイジーテクノ「何がおかしいんだよ!高校生ってこーゆーもんじゃねーのか?」
スウェディッシュ「いやいや普通の学生はそんなびよーんとした服着てないって」
クレイジーテクノ「何だよびよーんとした服って!」
ハードロック「まあまあ…担当キャラのファッションを参考にするのはやめとこうぜ」
スウェディッシュ「あんただってジャージじゃないの、あんたのキャラみたく」
ハードロック「いや、これは自動的にこうなっちゃったんだ。僕だって本当はもっと違うの着たいさ」
スウェディッシュ「学ランとか?」
ハードロック「そうそう、あとセーラーとか」
スウェディッシュ「ぶっ」
クレイジーテクノ「だったら俺の服のがまだマシだろーが!なあスウェディッシュ!」
スウェディッシュ「…いや、それもどうだか…。」

81 :爆音で名前が聞こえません:2008/03/08(土) 13:48:04 ID:JweEEdQ20
きんぎょ注意報「・・・私も実験に」
セーラームーン「アニメロ二号に帰りなさい・・・」

82 :爆音で名前が聞こえません:2008/03/10(月) 21:32:49 ID:7B5kEA9b0
キン ココン カカン ココン カン(←チャイム

ケシゴム「ハイごうれーい! きりーつ! れい! ちゃくせーき!」

UKヒットチャート「なんで全部自分で言うんスかせんせー」
ニューミュージック「いきなりすぎて動けませんでしたー」
ケシゴム「だまらっしゃい! この程度の動きもこなせずに我がクラスの生徒が務まると思うなよ!?」
クラ8「余裕ですた(^ω^)」
メサリミ「基本だよね」
ヒルビリー「むしろ遅すぎたくらいだぜ」
ケシゴム「ほれ、少しはあいつらを見習ってみたらどうだ」
リンセイ「いやー、あんな例外を基準にされてもなぁ」
デジテクノ「こっちが反応に困るよね」
ケシゴム「全く我が侭な生徒たちめ……まぁいい。それでは、本日の日課いくぞ! お前達準備はいいか!?」
モンゴル「できてませーん」
ナニワヒーロー「ありえまへーん」
ねぶた「やってられませーん」
ケシゴム「いい加減にせんと単位やらんぞ! ……せーの! 3年、11組ぃぃぃー!!」

全員『ケシゴムせんせー!!』

ケシゴム「うーむ……良い……ふぅ。私は満足だ! それでは残り時間は自習。私は校内を見回ってくる」

全員『ま た か よ !!!』

83 :爆音で名前が聞こえません:2008/03/11(火) 21:26:19 ID:0yHrL4xMO
倉6「いらっしゃい!」
ターバン「カレーしろろ饅クダサイ」
倉6「2クレね〜。はいどうぞ」
ターバン「アリガト〜」

倉6「……ふぅ、しろろ饅シリーズ、売れ行き好調ね」
ラテン「サ〜ルサ饅も売れてるなァ!」
倉6「やっぱりキャラクター仕様にしたら目につくのかしらね」
ラテン「HAha!味も良いんじゃねぇか?一番売れてる餡しろろ饅の餡子は、エンカとエンカリミ、ユーロビートの力作だろ?」
倉6「後はキョウゲキの胡麻団子の知識…ねぇ」

K-ダンス「キムチしろろ饅はありますか?」
K-ユーロ「無いなら作りますよ?」
倉6「厨房に入るなら免許を取ってからにしなさい」

84 :爆音で名前が聞こえません:2008/03/14(金) 07:07:48 ID:JnHvWMWJO
白い森の伝説「ホワイトデーです」
怒れる大きな白い馬「俺達の出番だな」
白いとび羽根「いや明らかに違うと思うんですが」

85 :爆音で名前が聞こえません:2008/03/18(火) 01:02:32 ID:bFxFFKAJO
保守

86 :爆音で名前が聞こえません:2008/03/19(水) 21:48:44 ID:YqXnhI6KO
更に保守

87 :爆音で名前が聞こえません:2008/03/20(木) 00:05:18 ID:ESJAm8CmO
スクリーン「。゚+.(・∀・)゚+.゚」
倉9「どうしたそんな顔して」
スクリーン「もうすぐ新作稼働じゃない、そりゃあテンション上がるわ」
倉9「あー、QMAに夢中で忘れてた」
スクリーン「こら、本国での出来事くらいきちんと把握しておきなさい」
倉9「へいへい、それじゃぼちぼち引越しの準備に取り掛かるか」

QMA「あのー、呼びました?」
スクリーン「呼んでません」
倉9「昇格試験酷くね?」
QMA「私もそう思ったんですがねー」
スクリーン「呼んでません」

88 :爆音で名前が聞こえません:2008/03/20(木) 01:36:17 ID:67pSZgudO
支援しにきますた

クラシック10
http://p2.ms/qvm2t

1〜11の中で一番分かりやすい子というのが個人的解釈だったり

89 :爆音で名前が聞こえません:2008/03/20(木) 08:38:02 ID:BFvi10HLO
>>88
GJっつか何のスイッチだ(笑)
あぁ、文字でしか支援できない自分がもどかしい……。


グラテク「……ん?」

『!』

??「!?」

『?』

グラテク「……ん」
スタスタ……

(100m後ろにある電柱から)
ニューウェーブ「|;・ω・) 何故気付いたんだ……?」
ファニー「|;-д-) 半身はみ出してるからでしょ?」
ニューウェーブ「|;・ω・) そもそも僕ら何で彼を追ってるんだっけ?」
ファニー「|#゚д゚) そりゃ新作ゲームのモデルにするためでしょう!あの筋肉!図体!身のこなし!難攻不落のウォートラン氏直々に鍛えられたってとこでもポイントは高いの!兎に角彼に近づいて、MGSクラスの、でも別ベクトルに向いたミリアク作るの!」
ニューウェーブ「|;-ω-) ……なら、取り敢えずチテイタンケンさんに交渉した方が楽だったんじゃない?」
ファニー「|;゚д゚) ……その発想は無かったわ」

90 :今日のサイモン一家 1/2:2008/03/21(金) 09:13:15 ID:nWvOvooJO
アニメヒロイン「お父さん、これで喜んでくれるかなぁ…」
ムーディー「あらー可愛いじゃない?手作りのポプステ筐体ね」
ディスコハウス「そのステージポップ君柄の包み紙もいい感じですよ」
アニメヒロイン「ほんと?良かったぁーv」
フィバヒロED「(ねえアンちゃん、あれって『可愛い』もんなの…?)」
忍者ヒロイン「(しーっ)」

パーカッシブ2「おい兄貴起きろ」
パーカッシブ「何だぁ?いきなり」
パーカッシブ2「今日は親父の誕生日だろ」
パーカッシブ「……忘れて た (BPM280)」
パーカッシブ2「あっどこ行くん だ   よ    (BPM400)」
パーカッシブ「コーヒー牛乳買ってくんだよ!お前も付き合え!」
パーカッシブ2「俺もかよ?!」
スコティッシュ「まあまあ、そんな焦らなくても大丈夫ですよ…ってあれ?もういない…」
ガムラン「…速いもんな、あいつら」

センタイ「みんな何か用意してるのか?」
オンド「一応。黄色ボタン専用パーフェクト手袋ね」
デンキマツリ「汎用性0ですね。私はネオンサインを。お父さんの顔を模してみました」
忍者ヒーロー「父上嫌がるんじゃござらんか…?拙者は手裏剣型ポップ君でござる 勝手に倍速になる優れ物」
ターバン「チートかよ。俺は本場マンハッタン直送の空手道着な」
ヨーデル「えっ本場なんですか?…僕はスタンダードに、ポップ君のGOTTAMIX煮込み。無理押し仕立てで」
センタイ「もうお前ら全員どこから突っ込んだらいいのか分からん」

※あとその他大勢11曲(適当)の様子は省略させて頂きます。ごめんなさいもん。

91 :今日のサイモン一家 2/2:2008/03/21(金) 09:30:53 ID:nWvOvooJO
テクノポップ「じゃあそろそろ皆さん集合してくださーい」
一同「ハァーイ」

ポップス「まとめ役お疲れ様、テクノポップ」
テクノポップ「ありがとう。まあ今日は僕の日でもありますからね、頑張りますよ」
ソフトロック「大変だよねー、うちはやたら大所帯だから」
ネオアコ「作詞とかコーラスとかも入れた日には一体何曲になるんだか…」
ネオアコREMIX「ポップス兄さんとモンドポップだって歌唱だけだsぐふっ!」
モンドポップ「余計なこと言うと無理押し飛ばすぞコラ」
ネオアコ「飛ばしてから言うなよ」

テクノポップ「みんな並びましたかー?」
一同「ハァーイ」
テクノポップ「準備はいいですね?じゃあ行きますよー…
  僕らの父さんの34歳の誕生日を祝してー!

  スリー・トゥー・ワン!」

一同「  STARS!!!  」



テクノポップ「さて!じゃあ今日は一日騒ぎましょう!」
ソフトロック「イエー!」
ラグタイム「いいぞいいぞー!」
ターバン「どうせだし他機種の奴らも呼ぼうぜ」
パーカッシブ「そりゃいいな、賛成」
テクノポップ「OK、手配しときます!」

プロポーズREMIX「…あの、これって毎年恒例なんですか?」
ネオアコREMIX「ううん今年が初めて」
プロポーズREMIX「ええ?!」


何はともあれSIMON誕生日おめでとう

92 :爆音で名前が聞こえません:2008/03/21(金) 14:06:14 ID:BVM8WBhrO
俺「や…やめてください…」
俺「へへへ……ラップはもうビリビリだぜ、あとはフタだけだ」
俺「いやぁ!だめ、フタを開けないで…!」
俺「ひゃっはあ!なんて嫌らしいノンフライ麺だ!」
俺「おいおい、スープの素が2袋もあるぜぇ、こいつ誘ってんじゃねえのか?」
俺「そ、そんなんじゃありません…!」
俺「『食べる直前に入れてください』だぁ?待ちきれねえ、今すぐ入れてやるぜ!」
俺「や、やめてー!ま、まだお湯も沸ききってないのに…!」
俺「うはぁ、すっげえ、冷えてる油とかやくでグチャグチャだぜ…たまんねえ!」
俺「そーれ、お次はお湯だ!中にたっぷり入れてやる!」
俺「あああ!ぬ、ぬるい…!……て、れてえ!」
俺「聞こえねえなあ、はっきりいえよオラッ!」
俺「せ、線まで!きちんと線まで入れてくださいぃいぃ!!」
俺「残念だったなあ、俺は1センチ残す派なんだよぉ!ははは!」

ガタッ

俺「!!!」
俺「……見てた?」
くちうるさいママ「いや…」

93 :爆音で名前が聞こえません:2008/03/21(金) 14:31:29 ID:IqljTUMd0
チテイタンケン「ちなみに、僕たちのお父さんも誕生日モグ」
オイパンク0「そーなのかー」
ラテンロック「とりあえず集合したか?」
リバプール「FTと登山と応援歌がいません」
グループサウンズ「まぁいつものことだからいいんじゃないか?」
オオミソカ「せっかくのお父さんの誕生日なのに…」
カイゾク「どうでもいいけど始めたほうがいいんじゃないか?」
オオミソカ「そうですね」

一同「おめでとうー!?」

フェアリーテイル「これからも」
登山「頑張って」
応援歌「くれーー!?」
全員「Σ(゚Д゚;)っていつの間にっ!?」

ブタパンチもとい片岡さんも誕生日おめでとー

94 :爆音で名前が聞こえません:2008/03/22(土) 21:48:09 ID:zIiSY9DlO
>>93
Fairy Tales「
一同「「「帰れ」」」
Fairy Tales「せめて何か言わしてくれても…」
フェアリーテイル「デイドリームさんも困ってる、って伝えておいて下さい」


DAY DREAM「へっくし」

95 :爆音で名前が聞こえません:2008/03/22(土) 22:02:50 ID:iEiMo1gzO
フェアリー「あとつまらないものだけどコレ」
FT「謎色ですか……」
デイドリ「あとEX譜面欲しいって伝えといて」
FT「ってまずアーティストが違うでしょう!!」

96 :爆音で名前が聞こえません:2008/03/23(日) 18:18:02 ID:5T3mtKDoO
トレインシミュ「ダイアグラム組み替え\(^o^)/オワタ〜」
ウィンドギター「それは別の意味にとられますよ?」
テツドウ「駅弁準備完了!と16番街の方から連絡が来てるぞ?」
ウィンドギター「了解しました。味の方は?」
テツドウ「そりゃ勿論……」

ユーロビート「甘さOK!!」
タブランベース「辛さOKデス」
味っ子「旨味OK!!」

テツドウ「……とこのように言ってるが?」
ウィンドギター「なぜこんな極端な人選に……っと言うか味っ子さん一人でどうにかなったじゃないですか!?」

97 :爆音で名前が聞こえません:2008/03/24(月) 23:41:41 ID:LZ3t2UtkO
PARTY稼働記念支援うp

コンテンポラリーネイション3
http://p2.ms/hfnwi
40の表記の割にはなかなか恐ろしい子でした。初見注意。

98 :1/4:2008/03/25(火) 00:16:38 ID:AG6VZxdS0
コスモロジカル「…ここが…ポップン…」
私は見上げていた。
―見たこともないような、楽しそうな街。
―行き交う曲は、私が聞いたこともないような曲ばかり。
―それはそうだ。私は今まで外に出たことがなかったから。
―これから、私のポップン曲としての生活が。

A Thing called LOVE「大丈夫?忘れ物はない?ポップ君は全部ある?」
コスモ「だ、大丈夫だよお姉ちゃん。あっちにはいっぱい家族がいるんでしょ?」
ATcL「それはそうだけど…でも不安なものは不安なの!」
心配性だなあ。そんなに私って頼りなく見えるのかな…。
ATcL「ともかく、あなたのことはBe Lovin'姉さんに頼んであるから、ついたらすぐにここに行くのよ」
そういったお姉ちゃんに地図を渡された。
16稼働とD-crew新曲記念投下

ここに行けば、大丈夫?お姉ちゃんがいうんだから間違いない。
早く…会いたい…見たこともない兄や、姉に…。

ガバ「…だから元気出せって兄ちゃん」
ラブドラ「…うん」
この調子だ。
稼働前までは自分の譜面について自分でネタにしている節があった。
ところが、だ。実際に16が稼働、レベルが変更された途端、ものすごく落ち込んでしまった。
ガバ「レベル変更なんてのは俺達にはどうしてもついて回るって解ってるでしょう?」
ラブドラ「それは…そうなんだけど」
やっぱり、Lv40だったっていう余裕があった訳か。
ガバ「それよりも…来ないな…」
ラブドラ「そうだね…姉さんがここにいればきっと見つかるって…」
そうだ。姉貴に頼まれて俺達は16地区に来ていた。
たった一曲の新曲を探すために…。

99 :2/4:2008/03/25(火) 00:17:17 ID:AG6VZxdS0
ムードテクノ「君の瞳に乾杯」
…この曲は突然何を言っているのだろう?
コスモ「あ、あの…急いでるんで、失礼します!」
ムード「まあそんなこと言わずに。一杯くらいいかが?」
コスモ「いえ、だからいいですって」
ムード「いいからいいから、僕がおごるよ」
ダメだ。話を聞かないタイプの曲みたい。sけてー。
???「…邪魔」
ホントに誰か来た。
ムード「誰だか知らないけど、ちょっと邪魔しないでくれるかい?」
???「邪魔なのはどっちだ。ここは往来だ。ナンパなら他所でやりな」
ムード「…どうやら痛い目に遭いたいようだね?」
なになに!?何この空気!
コスモ「あ、あのぅ、二人とも落ちついt」
ムード「往生せいやぁあぁ!!」
コスモ「きゃあっ!」

ガバ「…」
ラブドラ「…」
ガバ「…来ないな」
ラブドラ「うん」
まさかその写真別の曲とかじゃないだろうな…。兄ちゃんの持つ写真を見てそう思う。
だが、よく見れば姉貴も写っている。別の曲って訳ではないんだろう。
ガバ「探しにいくか?」
ラブドラ「僕らがここを離れたら来れないかもしれないだろ?」
もっともだ。そうして俺達はまたしばらく待つことにする。

100 :3/4:2008/03/25(火) 00:18:42 ID:AG6VZxdS0
圧倒的だった。圧殺といってもいいくらい、譜面構成もノート数も全然違う。
さっき私を口説いてきた曲は簡単に叩きのめされてしまった。
コスモ「だ、大丈夫でしょうか?」
???「放っとけ。こんなことでのたれ死ぬ程ヤワな曲はいない」
そんなレベルじゃない気がしましたよ?
コスモ「とりあえず助かりました。ありがとうございます!」
???「気をつけろ。そしてさっさと行け」
う…なんか取っ付きにくい。
???「だいたいお前。あんなヤツに遅れを取るような譜面じゃないだろう?」
コスモ「え!?」
どうして解ったんだろう…。こっちに来てから一回も譜面を出した覚えは…。
???「曲を聞けばだいたいは解る。押せそうな音が目立つからな」
コスモ「なるほど…」
???「で、どうして反撃しなかった?」
コスモ「いやぁ、初めてあった曲に譜面をぶつけるのはマナー違反だと」
嘘は言ってはいない。お姉ちゃんにも教えられたし。
でも、本当の理由は別にあった。
???「そうか…ならさっさと行け」
踵を返す彼を捕まえる。聞きたいことが二つあったからだ。
コスモ「あの!お名前は!?」
シューゲイザー「…シューゲイザー。chilblainだ。わかったらさっs」
コスモ「もう一つ!ここって…何処ですか?」

眠い。
ラブドラ「こんなところで寝てはダメだよ?」
ガバ「…わかってる」

101 :4/4:2008/03/25(火) 00:19:26 ID:AG6VZxdS0
…ん?
ラブドラ「もう…。寝るなっていったのに」
無理だよ…。何時間待ったんだ?
コスモ「あ、あの!遅れてすいません!」
んあ?…ああ。
ガバ「いや。そんな気にしなくても…」
我ながら説得力がない。寝ちゃダメだよな。うん。
コスモ「すいません。いろいろあって道に迷ったり絡まれたり助けられたり…」
ガバ「ああ、いいよ。それよりもさっさと家に帰ろう。みんな待ってる」
コスモ「は、はい!」

コスモ「コスモロジカルです。曲名はUNBOUND MINDです。よろしくお願いします」
フロウ「こちらこそよろしくね」
みんなの自己紹介の後、いろいろと喋った。
私のボーカルがフロウ姉さんと似てることとか、あだ名がコスモロとかになりそうだったり。
楽しいな。
うん、楽しい。
コスモ「これからのここでの生活が、もっと楽しいものでありますように」
UNBOUND MIND―無限の心―すらも満たしてしまえる、素晴らしい日々になってくれますように…。

102 :98:2008/03/25(火) 01:04:19 ID:HZzXvhTiO
ぐはぁ!>>98でコピペミス発見!
16稼働云々は脳内あぼんしてくれorz

あと、ムードテクノは良曲

103 :爆音で名前が聞こえません:2008/03/25(火) 01:27:56 ID:GaOCaC2zO
マリオ「削除か・・・ハードの都合でCSに入ってないのに・・・」

104 :爆音で名前が聞こえません:2008/03/25(火) 03:36:35 ID:+JgcfEtP0
祝・16パーリィ稼動記念
コンポラ姉弟+α


ビヨンド「ふむふむ、なるほどね……さぁ、二曲とも。16番街に向かうわよ」
ケルティック「あ、フォレスト兄さんから返事届いたんですか?」
ビヨンド「ええ。ちょうど新しい弟も生まれたしって事で、16番街で落ち合うことにしたらしいわ」
ヘブン「(゚∀゚)オトウトktkr! イワユルパシリktkr!」
ビヨンド「何を言ってるの貴方は。仮にも長男なんだから、もうちょっとビシッと兄らしくしたらどうなの?」
ヘブン「(-д-)bチチチ……オトウトヲコキツカウ、コレ、アニノトッケン。スナワチアニラシサツイキュウノサイシュウケツロンナノダヨ……ッテコナイダTVデDDイチゾクガイッテタ」
ビヨンド「あぁ、そう……(TVなんてどこで見たのかしら……;)」
ケルティック「あれ、でも弟ならすでにフォレスト兄さんがいるんじゃ?」
ヘブン「(;゚∀゚)…………イヤー、アイツハナンカイアツカンガアルカラ……オトウトッポクナインヨ」
ケルティック「そうなんですか……あ、じゃあ弐寺国ではどうなんです? 結構居るみたいじゃないですか、つい最近また弟が増えたという話ですし」
ビヨンド・ヘブン「……………………」
ケルティック「あ、あれ……? どうしたんですか兄さん、姉さんまで?」
ビヨンド「……いやー、私達はCS界にしか居ないし、しかも他の曲たちはみんな居場所が見事なまでにバラバラなのよね(;」
ヘブン「(;-д-)ニデラコクデハリフレクシカミタコトネーナ。アイツハドウキミタイナモンダシ……」
ビヨンド「あら、貴方は向こうじゃラジオ番組のスタッフやってるし、結構顔広いんじゃないの?」
ケルティック「え、そうなんですか兄さん!?」
ヘブン「(゚д゚)アシスタントミタイナモンダケドナ。ソレニ、イツモスカイトカセツゲッカトサワイデルカラ、アンマホカノキョクトハカラマネーシ」
ビヨンド「貴方向こうじゃ(゚∀゚)ヘェーイ! しか言わないものねww」
ヘブン「(;-ω-)クウキガカワルトナンカシャベレナクナルンダヨ……」
ケルティック「でも、ラジオのスタッフだなんて、なんだかかっこいいですよねw(私も弐寺界行ってみたいな……)」
ヘブン「(*^ω^)カッコイイ……mjd!? オレカッコイイ!?」
ビヨンド「まぁ、一度でいいから全員集合してみたいって気はするわよね」
ケルティック「そうですね。どんな方々なのか……是非お会いしてみたいです」
ヘブン「(´・ω・`)カレイニスルーサレタ……」


105 :爆音で名前が聞こえません:2008/03/25(火) 03:36:54 ID:+JgcfEtP0

ビヨンド「さ、そろそろ出発するわよ。支度しなさい」
ケルティック「はーいw」
ヘブン「(゚∀゚)ヘェーイw」


フォレスト「さて、ここが16番街か。一足先に着いてしまったな。ふむ、何と言うか……曲の多い処だ(; ……ん?」
???「ふぁー、やっぱり稼動直後っていろいろ忙しいんだなぁ。次はあっちに行って……あたっ! いてててて……ごめんなさーい><」
フォレスト「……む。気にするな。次からはちゃんと前を見て走るんだぞ」
???「はーい、気をつけまーす」
フォレスト「うむ、いい返事だ……あぁ、そうだ。一つ尋ねたいのだが、この街に『コンテンポラリーネイション』というジャンル名を持った曲が居ると思うのだが、どこに居るか知らないか?」
???「え? コンテンポラリーネイション? ……最後に3が付くのでいいなら知ってるけど……おじさん、誰?」
フォレスト「うむ、3が付くので間違いない(おじさん……;)……俺の名はフォレストスノウ。そいつの兄にあたる者だ」
???「えぇ!? じゃあ、おじさんが僕のお兄ちゃん!?」
フォレスト「いや、おじさんはやめてくれ(;……って、何!? では、お前が……?」
エコーズ「うん。僕が『コンテンポラリーネイション3』こと、Echoesだよw 初めまして!」
フォレスト「そうか……いや、会えてよかった。そしてお初にかかる、我が兄弟よ」
エコーズ「わざわざ会いに来てくれたの?」
フォレスト「うむ……まぁ、それもある。そしてもう一つ、今頃姉上達もこちらに向かっている頃だ」
エコーズ「お姉ちゃん達もここに来るの? もう一つって?」
フォレスト「そうだ。我々一族は……何と言うか、旅好きでな。一ところに留まっていられない主義の者ばかりなのだ。そこで、姉上が『新しい弟も生まれる事だし、一度集合しよう』と言い出してな。その待ち合わせ場所が、ここ16番街という訳だ」
エコーズ「ふぅん……ねぇ、お姉ちゃん達はどんな曲なの〜?」
フォレスト「うーむ……言葉にするのは難しい。直接会ってみた方が解りやすいだろう」
エコーズ「そうなんだー。楽しみだな〜、早く来ないかな〜w」


続く!

106 :爆音で名前が聞こえません:2008/03/25(火) 06:57:08 ID:TS5S2JF5O
>>105
その頃CORE ARENAの盗ちょ…げふんげふん…電波受信によりそれを知った弐寺猫又曲達は…

Satellite020712 from "CODED ARMS"「さて、着いたぞ」
scar in the earth「うわぁ〜、ここがポプ国かぁ〜」
end of world「新作稼働直後なだけに、やはりかなり賑やかだな」
The smile of You「でも…勝手に来て大丈夫なんですか?」
Refrection into the EDEN「問題ない。COREの全面協力のもとに動いてるからな。ヘブンの奴元気にしてるだろうか…」
水上の提督「こちらでも新しい兄弟が生まれたそうで…早く会いたいですね」

107 :爆音で名前が聞こえません:2008/03/25(火) 08:49:02 ID:sb7nwfmrO
タブランベース「皆サン喜んでください。我が家にも新曲デス」
ヴィヴァーチェ「え…本当?」
キネマ「やったあ、また家族が増えるんだね!」
スキャット「おい新入り、これからはおみゃーも兄にゃ、しっかりするにゃ」
ヴェネツィアーニ「はい…(だから何で新入りって呼ぶんだ兄さん…)」
ジャジー「だな。どうだ?兄になる気分は」
ヴェネツィアーニ「はい…実感は沸きませんが、やはり嬉しいですね」
サウンドトラック「ひそひそ(おい、何でお前の電波よりあいつの情報のが早いんだよ?!)」
モダニズム「ひそひそ(分からない…私はたった今その報を受けたばかりなのだよ)」
ウィンボ「…最近おとうさん頑張ってるなぁ」
イズモ「本当じゃの。して、どんな曲じゃな?」
タブランベース「もう来てマス。ほら、コチラに入っていらっしゃい」

ヒンディポップ「ハイ。皆サン初めまして、マハラディーンと申しマス。ジャンルはヒンディポップです」

ひなまつり「ぶっ」
ヒンディポップ「…どうかなさいマシタか?お兄様」
ひなまつり「あ、いや…何でもないっす」
ポップスアンコール「えーと、君とタブランの関係は僕とポップス兄さんみたいなもん?」
ヒンディポップ「サア?違うとは思いマスが」
タブランベース「お父様の気分ダと思いマス。同じコンセプトなのでショウ」
キネマ「と言うかタブラン知ってたの?」
タブランベース「イイエ」
モダニズム「じゃあ何故…」
タブランベース「カレーの力です」
ジャジー「何じゃそりゃ」

イズモ「いずれにせよ、我が家には久しい女性じゃな」
ヴェネツィアーニ「今後ともよろしくお願い致します」
ヒンディポップ「ハイ、お兄様」
ひなまつり「(あ、笑うと可愛いかも…)」

ヒンディポップ「というわけで挨拶がわりにカレーを」
タブランベース「マハラのカレーはワタシのより1レベル辛いデスよ」
ロシア「結局カレーですか」

108 :爆音で名前が聞こえません:2008/03/25(火) 11:33:45 ID:aRI8JL3vO
>>106
女王騎士「CS界はお呼びでない・・・か」

109 :爆音で名前が聞こえません:2008/03/25(火) 20:46:55 ID:TS5S2JF5O
>>108
Infinite cave「あ、探したよ姉さん」
女王騎士「…え、姉さんって…わ、私の事か!?」
Infinite cave「…そっか、僕の事知らないよね。僕はInfinite cave。CSDD出身の新入りだよ」
女王騎士「Infinite cave…か、宜しくな、弟よ。…それより、他の皆はどうした?」
Infinite cave「うーん、僕もはぐれちゃって…。とりあえず16番街に行けば会えると思うよ」
女王騎士「よし、なら話は早い。私達も早速行くとするか」


ごめん…すっかり忘れてたよorz

110 :爆音で名前が聞こえません:2008/03/25(火) 20:47:09 ID:lDaW5pneO
A thing called LOVE「よし、誰もいない・・・」
ATCL「へーんしん♪」

(キラキラキラ)

コスモロジカル「変身完了っと」

オービタ「|;・_・) A thingsさんと似てると思ったらそういう事だったのか・・・」
祭「|;゚ω゚) 魔法少女だったのか・・・」
オービタ「驚く所が違う」

111 :爆音で名前が聞こえません:2008/03/26(水) 10:40:42 ID:ZL5t0gLHO
シューゲイザー「……どうした?」
ニエンテ「φカキカキ……(星を見てた)」
シューゲイザー「……成る程」
ニエンテ「φカキカキ……(……百億光年先の)」
シューゲイザー「……どうだったんだ?」
ニエンテ「φカキカキ……(……この銀河と同じように、星が生まれては消えてった)」
シューゲイザー「……そうか」
ニエンテ「……」
シューゲイザー「……見えない場所にある物ほど、美しく見える、だったかな」
ニエンテ「φカキカキ……(誰の言葉?)」
シューゲイザー「何人もの哲学者が言っているさ。誰と言うわけでもなく、な」
ニエンテ「φカキカキ……(そう……)」
シューゲイザー「……だが、実際に目にして夢にしがみつくもの、幻滅するもの、あげくに目に見えたものを否定するもの……」
ニエンテ「φカキカキ……(……いるね。確かに)」
シューゲイザー「……俺はそれを悪いとは思わない。仕方ないとすら思う。だが……例え理想と現実が違ったとして、その現実も『綺麗だ』と思えたら、素敵じゃないか?……そう、ふと考えたんだ」
ニエンテ「φカキカキ……(……例えそれが、理想の残り香に過ぎなくても、ね。分かるよ、その気持ち)」
シューゲイザー「……賛成、感謝するよ」
ニエンテ「φカキカキ……(どういたしまして)」


シューゲイザーの名義を見て確信した。
こいつら親戚関係だ。

112 :爆音で名前が聞こえません:2008/03/26(水) 16:52:26 ID:5t/T+c1w0
40部屋にて

SweetSweetLoveMagic「あーあ、私たちの天下も終わりかあ。」
HJP3「そりゃしょうがないよ。明らかにレベル設定おかしかったから…」
ジャパメタ「40部屋では明らかに異質だったしな俺ら。
何人上級者を突き落としてきたか…」
SweetSweetLoveMagic「41部屋は私たち以上に強い曲がいっぱい居るのよね〜?」
HJP3「ええ。どんな世界なのか楽しみね…」






41部屋にて

SweetSweetLoveMagic「なんて前まで40にいた私たちより
簡単なのにここにいるのよ!?」
HJP3「私たちのレベル設定もおかしかったけど
貴方もおかしいんじゃないかしら?」
ジャパメタ「明らかに41部屋にふさわしくはないな…」
ヒプロ4「(´;ω;`)」




コアダス「あいつ、41部屋に残ってしまって…
ますますこの部屋での肩身狭くなるな。」
ちんどん「新入りの41もとんでもない難易度だというしな。仕方ないだろう。」
ハウス「あーあ、かわいそうに…」
ラウラガ「当分はいろいろ言われるだろうな。」





ラメント「(次は我が身に降りかかるかも知れないとか考えてないのかなあの人達…)」

113 :爆音で名前が聞こえません:2008/03/26(水) 17:17:34 ID:jlJCKt3E0
亜空間ジャズ「よくEXがひどいだの、詐称だの言われてますが…?」
フォ-ルスメルヘン「へぇ…」
亜空間ジャズ「興味なさそうだな」
フォールスメルヘン「気にしてたら身が持たないと思うわよ」
亜空間ジャズ「そうか」

114 :爆音で名前が聞こえません:2008/03/26(水) 17:18:15 ID:q/PhgBlTO
36部屋

チアパラ「……。」
ラメント「……。」
DDR「……。」
ドラムンフライ「あははははー」

ハピコア(ラブドラ)「い、痛い!無言の圧力が痛い!」

115 :爆音で名前が聞こえません:2008/03/26(水) 19:32:00 ID:cIIg8pgfO
>>114
http://p2.ms/8nge2
こうですか?わかりません><

116 :爆音で名前が聞こえません:2008/03/27(木) 10:49:16 ID:LA8cF32nO
>>116
カラーズ「な、なんだか祖国の香りが」
リンカネ「このやろう!とかね…」

117 :爆音で名前が聞こえません:2008/03/27(木) 16:57:28 ID:OQRQV6100
チアパラ「そういえばあなたってロケテだとジャンル名が違うんだね」
フォールスメルヘン「ええ、ロケテの時はファルスメルヘンだったよ」
シュゲイザー「・・・・・・どうしてかわった?」
フォールスメルヘン「ファルスの意味は笑劇や詰め物ってのもあるけど、他にもギリシャ語で下半身が・・・といえばわかるよね」
シューゲイザー「///////(←何かわかったらしい)」
チアパラ「え、顔を赤くして何どうしたの?」
シューゲイザー「・・・なんでも、ない;」
チアパラ「???」

118 :爆音で名前が聞こえません:2008/03/28(金) 01:06:37 ID:xlNeCzibO
コスモ「あ、おーいガルオナちゃーん!」
チアパラ「ガルオナちゃん!」
ガールズオルタナティブ「ちょ、ちょっと!その名前で呼ばないで!」
チアパラ「だってこの名前が一番言いやすいんだもの」
ガルオナ「他にも略し方あるでしょう!」
コスモ「うん、色々試してみたけどやっぱりガルオナが一番」
ガルオナ「ううぅ、そ、それ以上言ったらするぞ!今ここでホントにするぞ!大声であなたたちの名前を叫びながら鳴くぞ!」
二人「すみませんでした」


すごくごめん

119 :爆音で名前が聞こえません:2008/03/28(金) 02:40:50 ID:4l5TW2bl0
40部屋にて

レーシング「何    故    41   部 屋 に 行 けなかったのだっ!」
禅ジャズ「HS0.5刻みを恨んだら?」
ネジロック「コノママ40ニ残ッテ島住人ヲ苦シメテ楽シモウゼッ!」
カレー「カレー(゜Д゜)ウマ-」



フロウビート「(…もう何人か上に連れていって欲しかったわ)」


120 :爆音で名前が聞こえません:2008/03/28(金) 08:19:17 ID:yxLtYUskO
ガールズオルタナティブ「そういえば……」
フォールスメルヘン「何かしら?」
ガルオル「貴女って、担当キャラみたいな能力あるの?」
フォルメル「流石にあれはないけど……」
ガルオル「けど?」


フォルメル「図星はよく突くみたい」
ガルオル「違う意味で石化させてんじゃん!」

121 :爆音で名前が聞こえません:2008/03/28(金) 18:29:36 ID:HSrtWyU30
>>117
ムードテクノ「ジャンルどころかタイトルが変わった俺は何なんだ…?」

122 :爆音で名前が聞こえません:2008/03/28(金) 19:56:23 ID:EpuEVxD+O
ワーワー
彗星「・・・何で」
ワーワー
流星「こんな事に・・」ワーワー

格ゲー「これより15分一本勝負を始めます(ケロちゃん風に)」
ウオォォォ
格ゲー「赤コーナー身長..センチ体じゅ」

ドガッ

彗星「いまのはセクハラとみても・・・##」
流星「同意###」
格ゲー「はやくコーナーにっ・・・ておいちょうわな(ry」

カァーン

地底探検「おーっと、流血と爆破のダブルインパクトォォ!!」
カイゾク「敵に回したくないですねぇ・・・(高山風に)」


123 :爆音で名前が聞こえません:2008/03/28(金) 20:54:31 ID:KL7HQcPHO
キモいんだよゴミ共

124 :爆音で名前が聞こえません:2008/03/28(金) 21:49:01 ID:46TCU6W7O
僕の名前はソフトロック。Homesick Pt.2&3 。
そう。僕は最初の、そして今となっては唯一のLONG曲だ。

僕には恋人がいる。フレンチポップJ、une fille dans la pluie 。
彼女を知ったのはポップン5の時だった。EXTRA STAGEにしか現れることを許されていなかった彼女は、出番待ちの部屋の片隅に座って物憂げな顔をしていることが多かった。
その可憐な表情に心惹かれた僕は、少し彼女に話しかけてみることにした。

「気分でも悪いの?」
僕の声掛けに顔を上げた彼女は、しばしの沈黙のあとゆっくりとこう答えた。
「ううん、そんなことないの。ぼーっとしてると落ち着くだけよ」
「ちょっと風に当たった方がいいんじゃない?」
「大丈夫、いつ呼ばれるか分からないし。
 …まあ、私はそんなに呼ばれないのだけれど。フレンチポップちゃんのおまけでしかないのだもの」
そう言って彼女は俯き、悲しげに笑った。
僕はどう声をかけていいのか分からなかった。
その代わり決意した。いつか彼女を心からの笑顔にしてあげよう、と。

125 :爆音で名前が聞こえません:2008/03/28(金) 22:11:48 ID:46TCU6W7O
「え…LONG曲が…消えた?」

16番地に新曲がやって来たその日の朝。削除界のパワアコから電話が来た。

「ああ。お前から見たらそうなるよな」
「でも僕は…僕もLONGあるけど別になんにも…」
「そりゃお前のLONGは実質REMIXだろ。9で追加された奴らだよこっち来てんのは。
 版権連中もどっさり来たし久々に賑やかになっt…」
「あっごめんありがとうじゃあね!」
ガチャン。
僕は電話を投げるように置き、駆け出した。フレンチポップJのもとへ。

9で追加されたLONG曲。
当然、彼女も対象に違いない。

僕のロングバージョンがサントラに収録されたとき、彼女は微笑を浮かべて「おめでとう」と言ってくれた。
彼女のロングが別のアルバムに入ることになったと報告してくれたときの彼女はとても嬉しそうだった。
そして、「お揃いだね」と言ってくれた。

僕のロングバージョンがゲームに収録されたとき、彼女は満面の笑みで僕に抱きついた。
彼女のロングがゲームに入ることになったと報告してくれたときの彼女は輝いていた。
そしてまた、「お揃いだね!」と言ってくれた。

ポップン9で友達が増え、色々な話をするようになったり。
デートに遅刻して、ふくれ顔でハイパー譜面を投げるようになったり。
そうやって彼女は表情豊かになってきたのに。

これからはもう、「お揃い」ではしゃぐ彼女が見られなくなるのか?

126 :爆音で名前が聞こえません:2008/03/28(金) 22:30:06 ID:46TCU6W7O
「pluie!」
HS6を掛け、全速力で彼女の家に辿り着いた僕を見て、彼女は目を丸くした。
「Homesick?そんなに急いで…どうしちゃったの?」
「君さ、まだLONG譜面持ってる?」
「…? LONG譜面なんて、あなた以外に持ってる曲があったの?」
「えっ?」

「LONGはあなたの特権でしょう。私みたいなおまけ曲が持ってるはずがないわ」

ああ。
その憂いを帯びた口元を見て、はっきりと悟った。
彼女のLONG譜面は消えた。
僕らの積み重ねも消えた。
昔とおんなじに戻ってしまったんだ。
僕はただ悲しくて、彼女をぎゅっと抱き締めていた。
彼女は、ただ淡々と僕の頭を撫でていただけだった。

後に、彼女や他の元LONG曲に追加譜面が出来ていたことが分かったのだけど、それはまた別の話。



消えたLONGに哀悼の思いを込めて。
fin.

127 :爆音で名前が聞こえません:2008/03/29(土) 03:06:58 ID:TVCrYujjO
閉じ込めスレの中で一番キモイスレ乙www

128 :爆音で名前が聞こえません:2008/03/29(土) 18:06:55 ID:SBIxmC4AO
ルイン「貴女は黒だけなのね」
ミスティリミ「貴女は白だけなのね」
ミスティ「二人とも、そろそろ出掛けるわよ?」

二人「「いいな……、二つの色があって」」

ミスティ「……自分で服を買いに行きなさいよ」

129 :爆音で名前が聞こえません:2008/03/30(日) 00:26:07 ID:81itQgq7O
>>128
二人「「……服を買いにいく服がないのよ」」
ミスティ「…………」

130 :爆音で名前が聞こえません:2008/03/30(日) 14:39:05 ID:uNON0drRO
ハイロケ「えいぽーふーまであと2日だよっ!」

131 :爆音で名前が聞こえません:2008/03/30(日) 16:56:48 ID:ZNHSrbu8O
ニエンテ「φカキカキ……(4の倍数で可愛くなります)」

ニエンテ「φカキカキ……(1.2.3.)」

ニエンテ「φカキカキ……(よんっ♪)」

シューゲイザー「|・ω・) ……それは一人でやってもしょうがないと思うぞ、ニエンテ」

ニエンテ「###」
シューゲイザー「ちょ三重階段はよせくぁ(ガシャーン)」

132 :爆音で名前が聞こえません:2008/03/30(日) 17:11:01 ID:6OXQWFFLO
トライユーロ「3の倍数で」「犬っぽく」「わんっ!」
ユーロビート「キャラに引っ張られすぎ!」

133 :爆音で名前が聞こえません:2008/03/30(日) 23:33:40 ID:mBR+92VrO
保守あげ

134 :爆音で名前が聞こえません:2008/03/31(月) 01:49:06 ID:pG89Tnd/O
クラシック11「トップランカーに」
グランヂデス「フルボッコ」
IDM「されましたorz」
スクリーン「選ばれなくて良かった…」
クラシック9「トプラン恐い…(ノД`)」
プログレッシブバロック「IIDX決勝2位の人が優勝するとは…」
ニエンテ「…(両方上手い人もいるんだ)」

135 :爆音で名前が聞こえません:2008/03/31(月) 11:11:14 ID:eI/xaCUtO
IDM「フルコンされました」
夏休み「みんな当たり前のようにフルコン以上だったね…」
デスコラップ「だったなー…」
未来派「僕もパフェ出されたよ…」
DDR「DDRの閉じ込めスレが…」


ニエンテ「φカキカキ……(皆大変そうだねー)」
プロバロ「何か一曲だけ違うこと嘆いてたけどな…」
ニエンテ「φカキカキ……(ところでどうして僕たちが一緒にいるの?)」
プロバロ「トプラン中継実況スレで、俺たちがランカーにプレーされてるところを見たかったって言われまくってたから…らしい」
ニエンテ「φカキカキ……(フルボッコは嫌だなあ…)」
プロバロ「全くだ」
GAMBOL「全くだ」
2曲「「お帰りください」」

136 :爆音で名前が聞こえません:2008/04/01(火) 00:44:28 ID:vvtcReTrO
ハイロケ「えいぽーふーれぼりゅーしょん!」

137 :爆音で名前が聞こえません:2008/04/01(火) 08:01:02 ID:TDqpHuv/O
遠藤が千十人「な、名前がーっ!」

ネウ「ToT」
てんてー「何だこの舌っ足らずな呼称は!」
P「えっと……いくらPが素数だからって、これは無いわよね……」

ばいろかな〜「……随分久々ですね、強制呼称変更」
バーロー「……最早慣れたな、俺は」
ドゥーン「何でキャラの名前になってるドン!?」
おやおや、ど(略「何故だ!何故我の名前が淀ジョルの台詞にぃっ!(演説)」

事故「これは酷い(パカ1)」
洪水「兄に同じ(パカ2)」

138 :爆音で名前が聞こえません:2008/04/01(火) 11:51:58 ID:EWPBQAv5O
コウシンキョク「しかし今年の花粉すごいなぁ・・」DDR「全くだ…は、は、ザッファァィ」

ユーロロマンス「ちょwこっちにポップ君飛ばすな」

コウシンキョク「さて、テレビでも・・・」
キュゥーン(少年ラジオ風に)


カドルコア「番組の途中ですが、臨時ニュースをお送りいたします」
「今日未明、弐寺国の花粉症が緊急来ポプすることが、分かりました。」
「どーしましょ」

三曲「・・・」


139 :爆音で名前が聞こえません:2008/04/01(火) 12:55:27 ID:jkwJgPBeO
エスケープトゥザスカイ「Sけて〜」


コウシンキョク「お前はカエレ」

140 :爆音で名前が聞こえません:2008/04/02(水) 21:48:19 ID:hhH8C5y9O
お前が帰れカス
キモいんだよクズ共

141 :爆音で名前が聞こえません:2008/04/03(木) 14:18:53 ID:aPxSgn4DO
ニエンテ「φカキカキ……(保守)」

ニエンテ「φカキカキ……(捕手……ってこれは違いますか)」

ヤキュウロック「そんな事より野球しようぜ!」
ニエンテ「φカキカキ……(ゲッタウェイ!)」

ナハガチョ「呼んだかね?」
ニエンテ「φカキカキ……(ヘルスケさ〜ん!(涙))」

142 :爆音で名前が聞こえません:2008/04/05(土) 18:06:56 ID:heWn6CUOO
エアポート「只今、外国旅行フェア実施中!」
テツドウ「電車、飛行機、船その他の乗車料金が安くなったぞ!」
ウインドギター「是非とも、ご利用お願いします!」

レボリューション「(∩゚□゚)ウォー!ウォー!ウォー!ウォー!ウォー!ウォー!ウォー!ウォー!」
超中華「いつ来たの!?」

143 :爆音で名前が聞こえません:2008/04/06(日) 20:50:38 ID:zpIC+mEMO
グラテク「ん………」

『只今、HELL15の面々は、他国に旅行中で御座います。
ご用の方は、
ニエンテ&IDM&近代:二寺国15番街
アンリミ:DDR国スパノバ2番街
の方にご連絡下さいませ』

グラテク「………ん」

つ 【特濃Honey♂Punch〜Sweet Sweet Love mix〜】

グラテク「………!(ピロン!)」

プレーヤーA「さて久々に15フォルダの曲でも……ん!?なんでグラウンドテクノばっかりなんだよ!?」


( ・ω・)つ【おまけ】

プレーヤーB「今日こそはシューゲイザーEXをクリアしてみせ……teシューゲイザーがNeeeeeeeeeee!!!!」

どうやらシューゲイザーも二寺国に向かった模様。

144 :爆音で名前が聞こえません:2008/04/07(月) 14:56:21 ID:vh59gjq6O
キモイ妄想すんな

145 :爆音で名前が聞こえません:2008/04/07(月) 19:56:23 ID:6bCrxp2TO
>>144
ニエンテ「φカキカキ……(と言いつつageて)」
IDM「そろそろ自重して、宅配便で届いたお菓子食べない?」
ニエンテ「♪♪♪♪♪」

♪♪♪♪♪「呼んだ?」
近代「帰ってくれ」

146 :誤植はわざと:2008/04/08(火) 00:27:45 ID:sfikLeYbO
近代「まさかこんなに来るとはな」
IBM「で、宛名は…」

・サイ=バーロ=カビリー
・嘆木 野木
・mAd_BlAsT
・rottelファミリー
・冥たま2000
・か お す

近代「なんという偽名と合作・・・」
IBM「しかも音ゲー括りですか佐滝急便」
近代「どれを食べてもハズレな気がするが・・・」
IBM「しょうがない。ここは」
ニエンテ「...φ(ルーレットで決めるか)」
二曲「おうべ・・ロシアンか」バシィ

147 :爆音で名前が聞こえません:2008/04/08(火) 00:45:43 ID:Q/slxFIwO
キモすぎて引いた

148 :爆音で名前が聞こえません:2008/04/08(火) 01:47:20 ID:PVYvQvjOO
閉じ込めスレとかキモすぎだから全部消えてほしい

149 :爆音で名前が聞こえません:2008/04/08(火) 05:20:32 ID:L7rj66B1O
キャバレー「では、久々に社交界に行こうかしら……」
昭和ワルツ「では私も」
エーゲ「あらあらでは私も」
キャバレー「行き先は刻命館……でしたっけ?」
エーゲ「それは他社でしてよ」
昭和ワルツ「それを言うなら六冥館、ですわ」
キャバレー「あらごめん遊ばせ。では」

スカ「全く、いつ見ても壮観だぜあの格好は」
ショータイム「どこぞのディナーショーの歌手が路上でそのまま歩いてんだからな」
スカ「……全員胸はねぇが」
ショータイム「コルセット補正を考えろ。このエロ兄貴」
スカ「お前が言うな」

jimmy曲「エロと聞いて」
Nick Boys曲「飛んできました」
二曲「今日は帰れ」

150 :爆音で名前が聞こえません:2008/04/08(火) 12:55:47 ID:PVYvQvjOO
一応全閉じ込めスレを見てるんだが(全部糞だけど)
ここの閉じ込めスレは特に酷いな
ポップン以外の曲を出して
呼んだ?→帰れのワンパターンばっかり(しかも短いのばかり)

蠍火嘆きスレや鬼姫100秒スレを見習えよ
ネタが長いから飽きが来ない
↑のスレは痛いがネタのレベルが高いからまだマシ
ここの閉じ込めスレは痛いし、ネタレベル低いし、見るに耐えない

スクリーンとキャバレーと言うのも意味不明
他の閉じ込めは全て高難度曲なのにここだけ空気曲
しかもスクリーンとキャバレーがネタになってない

閉じ込めスレのレベル
蠍嘆き>鬼姫100秒>FAXXCHAOS>>>>>>>>>>ここの糞閉じ込め

151 :爆音で名前が聞こえません:2008/04/08(火) 17:35:36 ID:0HmZ57iLO
>>150
あれこれ言うならまず自分でネタを投稿してから言え

152 :爆音で名前が聞こえません:2008/04/08(火) 17:40:33 ID:L7rj66B1O
いつか見た世界。
綺麗だと思う心は、時と共に掠れていく。
この俺の後ろで舞い散る雪すら、日常と化した今では情緒の欠片すらない。

「……こんなに、儚いのにな」

寒風が吹く。
服を大きくはためかせながら、肌と布の隙間を通り抜ける。
その氷に撫でられたような鋭い寒気に、俺は思わず身を縮ませた。

「………」

この国には、滅多に人は訪れない。時おり変わり者がマゾ気取りもいいところに寒さ我慢大会を実行しに来る以外は。
目立った産業もない。豊かな土俵に種を植えても、この寒さでは育たないので農業もない。
工業の計画は、寸でのところで中止に追い込まれた。発注元の会社が倒れたからだ。
その後もいくつかの会社がここを工業街にしようとして、謎の倒産を遂げている。いつしかこの国は、『呪いの国』とすら呼ばれるようになった。
冷酷な氷の王に呪われた土地だ、と。
そんな噂が一度立ったら、国を挙げてのアミューズメントなど望めるはずもない。誰が好き好んで呪われに来るのだろう。
それに楽しむ場所なら他に候補はいくらでもある。何が悲しくてこんな北の辺境の地にまで足を運ぶのだろう。
……以上の理由から、この国の産業は停滞している。時間すら止まって……朽ち果てようとしている。
そんな国に居る人も、徐々に少なくなっていき、何時しか俺以外の若い奴は全て、他の国に出ていった。
年寄りも死んでいく中、大統領は、この国の終焉を宣言した。
来る3/25、この国は消えてなくなることを。

「ほい、これが店最後のウォッカだ」
最後の一軒となったバー、そこのバーテンダーであるムードテクノが、俺にウォッカを出す。
「……」
俺は無言でそれを飲み干し、価格より少し多い額の金を渡す。
「お、サンキュ」
ムードテクノは、そう陽気に手をヒラヒラさせた。この男は、もう都会の方で働き口を見つけたらしい。この場所で燻っている俺とは違って。
「を、もう行くのか?」
席を立ち、ドアに手をかけた俺に対して奴は近づき、俺のポケットに何かの紙を忍ばせた。
「何かあったら、俺に連絡しろよ〜!」
最後まで陽気に、奴は俺の前で振る舞っていた。
俺はと言うと……ただ俯いていた。まるで靴を眺めるように。

「………最後か」


153 :爆音で名前が聞こえません:2008/04/08(火) 17:41:23 ID:L7rj66B1O
そう思うと、何だか切なくなってくる。ノスタルなど、幻想に過ぎないと言うのに。もとより何もなかったものが、再び何も無くなるだけだというのに。
どうして、どこか物悲しいのか。

「………」

考えていてもしょうがない。俺もこの国を出ていく必要がある。そのための準備に戻らなければ――。

「これが滅び逝く国……か」

「――?」
不思議な声が背中から聞こえた。やや驚きつつ振り返ると、そこには異様に線の細い、そこまで厚着をしていない男が一人、雪原に立っていた。
その男は、俺を見るとやや驚いたように喋り出した。
「あぁごめんごめん。まだ人がいたんだね。殆んどの人が抜け出した、って聞いたから」
話し方に、全く悪気はなかった。そもそも、先程の台詞自体にも、何ら悪意は感じられない。もっとも、警戒するに越したことはないかもしれないが……。
「不審かい?」
男の問いに、俺は素直に頷いた。それはそうだ。どこの世界に、今の会話で不審だと思わない人物がいるだろう。
訝しげな目をする俺に、この男は懐から何かを取り出し、突きつけてきた。何かと見てみると、入国許可証――。
「カゲロウ……?」
「そう。それが僕の名前。職業は……旅人かな」
そうにこやかに告げる男――カゲロウ。だがその目は、その台詞が酔狂でもなく真剣であることを証明していた。
「この街に来たのは、本当は『ロザリーのリンゴジャム』と『鏡面水』、俗称『ハート温泉』、この三つなんだけどね。あとはこの国の歴史書、かな」
見たいものが妙に俗だが。
「……ロザリーは三日前に出た。鏡面水なら売り切れ。ハート温泉はあるが、今は行路が雪に埋もれて行けない」
「それは残念」
そうカゲロウは肩をすくめる。
「でも一番残念なのは、この素敵な国がもうすぐ、終わりを迎えてしまうことかな」
本当に残念そうな声だ。
「……(こくん)」
実際、俺も残念だ。残念どころの感情じゃない。生まれ育った国が消えてしまう。所属していた場所の、完全な消失。それを悲しみ以外の感情でどう表現できる?下手したら悲しみと言う感情すら生ぬるい。
心に穴が開く。この時の俺の状態は、まさしくそれだっただろう。
「………」
いつから俺は、話し言葉を忘れてしまったんだろうな。もしかしたら、心の空白にあった物がそれなのかもしれない。
「……」
その沈黙に、カゲロウは付き合ってくれた。
辺りに、吹雪の音が響く。

「……君は、何処に行くつもりだい?」

154 :爆音で名前が聞こえません:2008/04/08(火) 17:43:13 ID:L7rj66B1O
「……?」
唐突に、カゲロウが俺に尋ねてきた。吹雪の中、空虚な目で前を見続けていた俺は、その問いに対する有効な答えを持たなかった。いや、持てなかった。
「この国が消える。そうしたら君達は僕と同じように外の国に行くのだろう?だから、その国の事について、少しでもアドバイスできればと思ってね」
カゲロウの声。その内側に秘められた親切心。だが――。
「……」
俺は、どうしても口を開くことが出来なかった。
まるで、喉に巣食った何かが、俺の舌を掴んで動けなくしてしまっているかのように。
「……」
カゲロウはそんな僕を見つめると、少し考えてからぽん、と手を打った。
「成る程ね」
成る程?何が成る程なんだろう?そんな俺を気にしていないかのように、カゲロウは続ける。
「君は色々心に抱えてるみたいだから、僕でよければそれを聞くけど?」
抱えてる?俺が心に何かを。
聴く?この男が俺の心を?
何か言いたかったが、俺の舌は相変わらず固まって動かない。
カゲロウはそんな俺の腕を掴み、掌を見た。
「!?」
何をするんだ、と思った。だが実際に何かされたのはそこまでだった。
カゲロウは、俺の掌をしげしげと眺めた後、少し安心したような顔を浮かべてこう言った。
「君はギター経験者みたいだね。なら、いつでも奏でられるじゃないか。己の思いを」
そうして立ち上がると、呆然とする俺に向けて、去り際にこう叫んだ。
「帰る家に置き去りにされたギターがあるならば、久しぶりに触れてみるといい!そうすれば、抱えたものは中から飛び出していく!
今日は話を有り難う!じゃあ、またいつか!」
そのままカゲロウは、吹雪の中を歩いて去っていった……。

家に帰った俺は、早速、部屋の隅に転がったギターを取り出した。被さった埃の大きさは、どれだけ俺が遠ざかっていたかの証拠。
あの頃は、俺はただがむしゃらに弾いていたが、今となってはもうそれは思い出でしか――。

「――?」

時を経ても、案外昔とった杵柄とやらか、構えるとコードが自然と浮かんでくる。同時に、このように腕を動かせば響くと言うことも。
俺は久々に――ギターをかき鳴らした。

コードをかき鳴らしているうちに、俺の頭に浮かんで来たのは、かつて見た樹氷の風景。誰も立ち入れない世界で、その木はひたすら空へと伸びていた。
独り、然れど、存在感。

155 :爆音で名前が聞こえません:2008/04/08(火) 17:43:47 ID:L7rj66B1O
その木を祝福するように、辺りを吹雪が舞う。全て吹き飛ばしてしまいそうなほどに、強力なそれが。
「――!――……――!」
次に思い出したのは、夜に電灯に照らされはらはらと降る雪。俺はその時、手袋をして窓の外に手を伸ばし、氷の粒を受け取った。だがそれはすぐに水滴に変わってしまった。俺はそれを哀しく思いながらも、どうしようもないと諦めていた。
「――!――!――!」
次々に浮かんでは消える、風景。それは俺がこの国で育ち、この国を愛していた証拠でもあった。
この国は呪われていると言われて悔しかった。
そんな国ではないと声に出して伝えたかった!
だが伝えることなど出来ずに……いつの間にか俺は声を封じていた。
俺自身の意思で――。

「――っ」
歌い終えたとき、俺の心の中が少し軽くなった気がした。ふと、視界が滲んでいる気がして、軽く拭うと――涙。それも特大のもの。
「……ははっ」
何だ、簡単じゃないか。
伝えたいことは、抑えずに奏でれば良かったんじゃないか。
どこまでも内向きで、どこまでも自己中心の世界でもいい。

「抑え込みすぎてたんだな、俺――」

その後、俺は荷物を纏め家を出て――故郷は消えた。


「失われた国の石碑なんざ、よく建てる気になったな」
数年後、俺とムードテクノはあの場所を再び訪れた。俺達の故郷、その存在を示す石碑を見に。
「でも満更じゃないだろ?」
別々の国に移った後、俺達は互いに連絡を取って、目に見える形で故郷を残す運動をした。結果として、この石碑だ。
「まぁな」
そう笑うと、ムードテクノは石碑に再び目を向けた。
「……俺達の故郷は、記憶の中にはあるが……」
俺の言葉を継いで、ムードテクノは言う。
「いつかは、きっと忘れてしまうだろうな」
「ああ。だがな……」
俺はそっと微笑んだ。

「ここに刻まれた歌が、夢や幻ではない過去だと、伝え続けるだろうさ」

俺達の過去の残滓に過ぎなくとも、消えること無く、残っている――。

その国は、舞い散る雪のように儚く消えた。
だが、俺達が経験した雪の思い出は、形を変えて、消えること無く日常に生き続ける。

歌の名前は『chilblain』
そして俺の名は――


――シューゲイザー

156 :爆音で名前が聞こえません:2008/04/08(火) 18:09:54 ID:L7rj66B1O
152を修正
土俵→土壌
反省orz

157 :爆音で名前が聞こえません:2008/04/10(木) 13:51:13 ID:FxQBz7EKO
粉雪「こなああああああああああああああ」
snow storm「ゆきいいいいいいいいいいいい」
V「( ゚д゚ )彡ねえ?」
ウィンターポップ「心まで白く染められたなら〜」
ウィンターダンス「( ゚д゚)アッアー」
snow「ふたああああああああああああああああ」
Let the snow paint me「りぃのおおおおおおおおおおおおおおお」
フォレストスノウ「秘密を分け合う」
悲しみは雪のように「事が出来たの」
NORTH「( ゚д゚ )彡かいっ!」

シューゲイザー「……何だこの騒々しい合唱は」
ガルオル「NORTH氏がこっちの国に来たお祝いに、雪関係の曲が大合唱してるみたいよ」
フォルメル「一部の曲はただ単に、出番が欲しいだけじゃないかしら?」
二曲「(石化)」
フォルメル「あ、あれ?何か言っちゃまずかった?」

NORTH移植おめ。

158 :爆音で名前が聞こえません:2008/04/10(木) 19:52:29 ID:/hBb15/xO
>>157
Concertino in Blue「…今夜は…飲みに…行きませんか…」
No.13「…ああ…俺が…奢ってやるよ…」

シューゲイザー「忘れられたって悲しみは分かるが飲むなら弐寺に帰って大桟橋でやってくれ」

159 :爆音で名前が聞こえません:2008/04/10(木) 20:06:11 ID:9maWF6GXO
>>158
snow goose「あのう…」
粉雪「アナタjubeat国からどうやって来たんですか」
グース「きみたちの足跡辿った」
love so sweet「送るから帰って…」

160 :爆音で名前が聞こえません:2008/04/11(金) 15:39:10 ID:WxgEL3zyO
ラメント「そうよ、私は呪いのうただもの…
ひとり寂しく…うたうわー」(ひゅぉぉぉ)
ヒプロ3「春だと言うから花見をしていたというのに!
なんだあこの豪雪は!?」

161 :爆音で名前が聞こえません:2008/04/13(日) 21:38:43 ID:D+hV+wqcO
IDM「(テスト中)」
JAM「(テスト中)」

ハードpf「(弟をいびり中)」
ケンカドラム「(姉にいびられ中)」

演説「(演説中)」
近代「(演説中止を説得中)」

プロバロ「(プレイヤー撃墜中)」
ニエンテ「(プレイヤー撃墜中)」

ちんどんジャズ「(てれすこ中)」
アンリミ「(含み笑い中)」

サイガガ「(自慢中)」
サイフラ「(屈辱中)」

敬老パンク「(ずずず……)和やかじゃのう」
ヒプロ3「どこがだ。ここは花見の席だろうが」
ラメント「本当に、皆さん思い思いの行動をしてますね……」
ヒプロ3「つ〜か何の酒を飲んだらあそこまでぐでんぐでんになんだ?」
敬老パンク「俺ポップからのもらいもんじゃよ。ほれ!」

つ【テ(ピー)ラ】

ヒプロ3「ちょwwwおまwww」
ラメント「あとこれも」

つ【ア(ピー)リアス】

ヒプロ3「よりによって最悪の組み合わせを……そりゃ酔うわ」


注:良い子は、スポーツドリンクとお酒は同時に飲まないでね♪

162 :爆音で名前が聞こえません:2008/04/14(月) 21:43:15 ID:jv3fT9wqO
ヒプロ「……そう言えば、二寺国では//が誕生日か。何を送るか……そうだな。花見の時期らしいし、酒でも送るか。

例の配送業者に電話っと……はい、もしもし。二寺国の//に【ふわグラ酒】一箱送って下さいな。お代は……はい、そちらに振り込みます。では〜。

……ふぅ。喜ぶかな?あいつ……」

ふわグラ酒:飲むと確実に譜面がふわふわ判定ライン+地震でグラグラになるお酒。強め。

163 :爆音で名前が聞こえません:2008/04/16(水) 02:00:09 ID:K4b1R/rDO
5ボタンの部屋

彗星「・・・寂しい」
路男「まぁ21以上が二人じゃな」

ガムラントランス(以下ガムトラ)「ということで」
スカ顎「遊びにきました」
路男「それはいいけどレベル足りないんじゃないか?」
VOIDDDD「大丈夫デェース」
スカ顎「5鍵時代の穴譜面もってきましたから」


プレイヤー「ガムトラが22か・・・。試しにやってみるか」

ガムトラ「ハィッ」

プレイヤー「ちょwwwwアジミクより密度濃・・」
ガシャーン



ファイナルでやったけど難易度は弐寺に匹敵するよ(;ω;)

213 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)