5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

鬼姫と100秒を同じ部屋に8回閉じ込めてみた

625 :爆音で名前が聞こえません:2008/08/08(金) 13:17:51 ID:hIQTmjEfO
あさきっさ

この子「あー絶好のチャンスなのに出掛けるタイミング見失った!!何でこんな時に留守番頼まれるかなぁ…」
ドンドン
この子「あーはいはい今開けますよ…」
ガチャッ
???「あの…」
この子「…誰!?ってか私がもう一人!?嫌―!!ドッペルゲンガー!?」
???「違う、落ち着いて!!私は…私はあなたの双子の姉よ!!」
この子「えっ…て事はもしかして“幸せを謳う詩”!?」
幸せ「そうよ。あなたが“この子の七つのお祝いに”ね?」
この子「えっ、うんそうだけど…どうしてここに!?」
幸せ「通りすがりのネタ師が壁を爆破したおかげで道が出来たのよ。…私達は二曲で一曲。それなのに生まれてすぐに離れ離れになってしまったせいでお互い顔も見たことなかったからどどうしても会いたくて…」
この子「それでここまで!?どうやってシャッター越えたの!?」
幸せ「あなたと私は同じ顔だもの。歌詞は絶対聞き取れないから曲さえしっかり聞かれない限りバレないわ。」
この子「あ、そっか…」
幸せ「私がギタドラに行くかあなたがポプ国へ移植されない限りこんな時じゃないと会えないからね。」
この子「姉さん…」
幸せ「混乱に乗じて来たからあまり長居は出来ないけど…一つだけお願いきいてくれる?」
この子「何?」
幸せ「一度でいいから完全な状態で私達の曲を演奏してみたいわ。」

〜某県某所ゲーセン〜

プレイヤー「さーて久々に何やるかな…お?何か曲が増えてる?」




『この子の七つのお祝いに、幸せを謳う詩』

434 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)