5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

鬼姫と100秒を同じ部屋に7回閉じ込めてみた

89 :爆音で名前が聞こえません:2007/06/18(月) 00:35:12 ID:9ItOLiOR0
イエパニ「親父はオレ達に一つずつ『いいもの』をくれた。
      それは『個性を授かった』と言い換えてもいい…」


おまえには、我が家で初めてのEXTRA曲という役目を。
ブラホラ「あの頃は緊張したぜ… ま、いい思い出だけどな」

おまえには、我が家で最強のDM譜面を。
ホワトル「確かに。 GFのレベルと合計したら、V曲でも最強になっていたからなぁ…」

おまえには、通常曲には珍しい赤B譜面を。
ライム「今でも忘れられないよ。 本当に嬉しかったなぁ、あれは…」

おまえには、バカオルタ譜面を。
パースト「バカオルタ言うな!!(笑) なんかオレだけ扱いひどくないか?」


イエパニ「で、おまえらはこれをもらって損した事は無いはずだ。
      それ目当てに指名するプレイヤーさんもいるだろうからな…」
ホワトル「…で、兄貴は何が言いたいんだ? そして何をしたいんだ?」
イエパニ「流石我が家の最強曲。 察しがいいな。 これだ!!」

つ色紙

イエパニ「これに親父への感謝の気持ちを書こうじゃないか。 父の日だしな。
      オレたちは親父からプレゼントを貰った。 今度は親父にあげる番だと思ってな」
ライム「いいね。 やろう、やろう!!」
パースト「んじゃ、オレから書くわ!!」


ブラホラ「なぁ、兄貴。 悪いが、正直兄貴には
      これといった特徴がない(=プレゼントをもらってない)と思うが、
      色紙に何て感謝の気持ちを書くんだ? 案の定兄貴待ちだぞ」
イエパニ「もう書くことは決まってるから大丈夫だよ」


オレは譜面に関してどうこう言うつもりはない。 言ったらそれは贅沢というものだ。
それは何故か?


この先いつまでもこんな風に、楽しい日常を共有できる兄弟を授かったからだ……


親父、ありがとう。

501 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)