5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

鬼姫と100秒を同じ部屋に7回閉じ込めてみた

1 :爆音で名前が聞こえません:2007/05/19(土) 00:12:05 ID:TPXPnWSy0
鬼姫はオートチップを解除するようにきつく注意されたとさ

○前スレ(容量オーバーの予定)
 http://game11.2ch.net/test/read.cgi/otoge/1170375242/

○過去ログ
・初代(容量オーバー)
 http://game10.2ch.net/test/read.cgi/otoge/1146584414/
・二代(容量オーバー)
 http://game10.2ch.net/test/read.cgi/otoge/1156274043/
・三代(停止)
 http://game10.2ch.net/test/read.cgi/otoge/1164383055/
・四代(容量オーバー)
 http://game11.2ch.net/test/read.cgi/otoge/1164713733/
・五代(容量オーバー)
 http://game11.2ch.net/test/read.cgi/otoge/1167594949/

○まとめサイト
 http://f1.aaa.livedoor.jp/~ecole/gfdm573/matome.html

○避難所
 http://mx.minx.jp/gfdm573

○各閉じ込めスレ総合まとめサイト
 http://pksp.jp/cardinal-pop/

○このスレの空気
・絵とか設定は自由。freedom。俺たちは自由だ。
・希望とかありだけど、スルーされても怒らない。泣かない。いじけない。しつこくしない。
・えっちなSSはうpロダに上げてからアドレスだけ貼り、という配慮をお願いします。
・ギタドラ以外はだめじゃないけど控えめに。

○姉妹スレ
・蠍火と嘆きの樹を同じ部屋に14回閉じ込めてみた
 http://game11.2ch.net/test/read.cgi/otoge/1177982468/
・“ポップン曲”を2回閉じこめてみた
 http://game11.2ch.net/test/read.cgi/otoge/1166747323/
・FAXXとCHAOSを同じ部屋に閉じ込めてみた
 http://game11.2ch.net/test/read.cgi/otoge/1173537202/

83 :爆音で名前が聞こえません:2007/06/17(日) 19:02:33 ID:KfJNnBf3O
流れをぶった切って久々に長文投下。

1/4


DD「デパチャよ、ちょっといいか?」
デパチャ「どうしたんすかデイドリさん、オトシンなら姉貴に頼んでくださいよ?」
DD「阿呆、誰が好き好んでオトシンなんか貰いにくるか。ちょいとお前さんに頼みがあってな」
デパチャ「はぁ……何すか?」
DD「その……料理を教えてくれないか?」
デパチャ「……はい?」


デパチャ「というわけで、厨房にデイドリさんがいたりするけど気にしないでくれ」
DD「よろしく頼む」
百秒「ちょ、どういう風の吹き回しよあなた!」
DD「こっちにも色々と事情があるんだよ。じゃあデパチャよ、よろしく頼む」
デパチャ「へーい」
ケチャ バタン
デパチャ「それにしてもデイドリさん、何で急に料理を教わろうと思ったんすか?どうせ教わるならDD4さんに教わればいいじゃないですか」
DD「まぁ…それは…あれだ、DD4に教わるのは何か癪でな。どうせならプログレ五人姉妹を男一人で食わせているデパチャに教わろうと思ってな」
デパチャ「そうですか…」
DD「そうしておいてくれ」
デパチャ「まぁ…とりあえず始めますか」
DD「あぁ、よろしく頼む」

百秒「大丈夫かしら…」
落書き「大丈夫だよ、少なくともデパチャ君がついてるんだよ、それに万が一があったらこれ使っちゃえばいいんだし」
っオトシン
百秒「えぇ……」
落書き「何かしゃきっとしないなぁ。あそっか、大好きなデイドリさんがいるから恥ずかしいのかな?かな?」
百秒「ひぐらし乙」
コンチェ「でもどうしていきなり料理なんか…」
DD2「それは私が説明いたしますわコンチェ様!!」
コンチェ「どっから湧いてきたのよDD2!」
DD2「まぁそれは置いといて…知りたくありませんか?デイドリ兄様が何で料理を教わるのか」
百秒「知りたいわ」
落書き「確かに。フォーちゃんに教わればいいのに何でデパチャ君に教わるのかとか」
DD2「分かりましたわ。…昨日の夜のことなんですが…」

84 :爆音で名前が聞こえません:2007/06/17(日) 19:06:11 ID:KfJNnBf3O

2/4

〜昨晩〜

DD4「ちょっとデイドリ兄さん、食事中にタバコを吸うなんて!不謹慎です!!」
DD3「兄貴、後で吸えばいいじゃねえか、タバコは逃げたりしないぜ?」
DD「別にいいじゃねぇか、俺がいつどこでタバコを吸おうと俺の勝手だろう?いくら高性能なスポーツカーも燃料が切れると走れなくなるだろう?」
DD6「だからといって食事中はやめとこうよ兄さん、FT2やフェアリーもいるんだしさ」
DD「うるせぇ。別にいいじゃねぇか、俺はこのDD一家の長男だ。何をしようと俺の勝手だろう!!」
DD3「うわ、なんて自分勝手な意見d」
ドカン!!!!!!!!!!!!
一同『!!?!??!』
DD4「じゃあ好き勝手やればいいじゃない!!!!」DD「お、おい、怒るなよ?」
DD4「私もう二度と家事やらない!!自分で勝手にやればいいわ!!!!」
DD6「ちょ、姉さん落ち着いt」
DD4「うるさいわDD6!!あなたは引っ込んでなさい!!!」
DD6「((((゚Д゚;)))」

DD4「…兄さんがそこまで自分勝手だったとは思ってなかったわ。そんな自分勝手な兄さんの為に私が何で家事をしなくちゃいけないの?」
DD「……」
DD4「……兄さんに喜んでもらいたいから、必死に料理練習したのに……兄さんなんか大っ嫌い!!!!」
DD「!!!!」
ケチャ バタン!!!!!!
DD「DD4!!」
DD6「……姉さん、泣いてた…」
DD3「兄貴、さすがにやばいんじゃねぇの?」
DD「…………」



DD2「てことがありまして。おそらく手料理を作って謝りたいんでしょうね」
百秒「…最低ね」
落書き「何で男の人ってデリカシーがないのかねー?」
コンチェ「これはもうデリカシー以前の問題だと思うんだけど」
DD2「えぇ…。でも兄様もさすがにまずいと思ったんでしょうね、今朝一番にDD4の部屋に謝りに行ったんですよ」
百秒「や、そんなことしたら…」
DD2「当然追い返されてしまいました」
百秒「やっぱり…」
落書き「結構不器用だよね、あの人」
DD2「えぇ。兄様は自分の力が一番、俺TSUEEEEEEなところがありますから。だけど…」
コンチェ「だけど?」
DD2「優しいときは誰よりも優しいんです」
百秒「…苦労しているのね、彼も」
ケチャ
デパチャ「付け焼き刄だけど、これなら人に出しても大丈夫すよデイドリさん」
DD「あぁ、済まなかったな」


85 :爆音で名前が聞こえません:2007/06/17(日) 19:09:30 ID:KfJNnBf3O

3/4

落書き「あ、出てきた」
コンチェ「どう?デパチャくん?デイドリさん料理出来るようになった?」
デパチャ「付け焼き刄だけどな。でも飲み込みは早かったよ」
DD「当然だ。俺を誰だと思ってる?」
百秒「オトシン付けられると途端にヘタレになる頼りない曲」
DD「うるさいぞ百秒!……デパチャ、世話になったな。またいつか教えてくれ」
デパチャ「へーい、いつでも待ってますよ」
DD「それじゃ」
ケチャ パタン
百秒「……彼の指、バンソーコーだらけだったわね」
デパチャ「あぁ、何でも包丁を握るのは初めてだ、て言ってたよ」
百秒「それほど必死なのね……」
デパチャ「何が?」
コンチェ「こっちの話だから気にしなくていいよデパチャくん」
デパチャ「……なんかまた仲間外れにされてる気分だ…(´・ω・`)」

〜そして〜

DD「野郎共、飯だ!降りてこい!」
DD3「え゛、まさか兄貴が作ったのか!?」
DD「その通りだ」
DD5「自分で何かを作るといったらカップ麺しか作らない兄貴が!?」
DD「その通りだ」
DD7「勘弁してよ、僕まだ削除されたくn」
DD「いい加減黙れ」
━シンバル連打+HAZARD発動━
DD7「目が、目がぁぁぁぁぁ!!!!」
ピチュン
DD6「ま、まぁとりあえずみんな席に着こうよ、ね?」
DD5「あ、あぁ」
DD「お前らは先に食ってろ。…俺はDD4の部屋に行ってくる」
ケチャ バタン
DD3「兄貴、大丈夫かなぁ?なんかまた追い返されそうな気がするけど」
DD2「大丈夫ですよ、きっと」
DD3「何を根拠に…まぁいいか」

86 :爆音で名前が聞こえません:2007/06/17(日) 19:11:40 ID:KfJNnBf3O

4/4

DD(ふぅ…さて、と)
コンコン
DD「DD4、ちょっといいか?」
DD4「よくない。この部屋に近づかないでくれない?」
DD「じゃあ俺は今から独り言を言う。お前は聞き流してくれてかまわない」
DD4「………言いたいことがあれば言って。私の部屋の前で独り言されても困るから」
DD「そうか。……今日な、ささきっさのデパチャに料理を教わってきた」
DD4「…で?」
DD「お前も知ってると思うが、俺は生まれてから一回も包丁を握ったことがなくてな、おかげさんで指がバンソーコーだらけになっちまったよ」
DD4「……普段やらないからそんなことになるのよ」
DD「はは、その通りだな。…お前も最初の頃はこんな思いで料理を練習してたのかと思ったら…その…謝りたくなってな…」
DD4「…何よ…いまさら…」
DD「済まなかった。お前の気持ちとかを何も考えないで。最低な兄貴だな俺は」
DD4「兄さん……」
DD「許す許さないはお前が決めていい。だが謝らせてくれ。……ごめんな、DD4。もう一度、作ってくれないか?お前の美味しい晩飯を」
ケチャ
DD「!……DD4」
DD4「今日のご飯は何?」
DD「カレーライスだ」
DD4「まさか…それだけ?」
DD「もちろん」
DD4「えぇ!?それだけ!?ちょっと、栄養が片寄っちゃうじゃない兄さん!」
DD「す、すまん」
DD4「もう、しょうがないわね!キャベツ切ってサラダにするから手伝って兄さん!」
DD「……あぁ!」


ケチャ
DD6「あ、姉さん!」
DD4「待ってて、今すぐキャベツのサラダ出すから!」
DD3「よっしゃ、やっぱDD4が台所に立つと活気が湧くな!」
DD5「本当、兄貴が作ったカレーライスなんかどんな具が入っているか分かったもんじゃない」
DD「ほう。じゃあお前にはこいつを食わせてやろう!!!!」
━シンバル連打発動━
DD5「げぇ、関羽!じゃなiぎゃあああああああ!!!!!」
ピチュン
DD「ふん、この魚人が」
DD4「兄さん手伝って!」
DD「おう!」
DD4「……(後で兄さんが作ったカレーライス、一口食ーべよっと)」

おわり。
最近スレが伸びてなくて淋しいかぎりだなぁ…。V4が出たら少しは伸びるかなぁ。

501 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)