5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

曹操の1日 3日目

1 :名無し曰く、:2008/06/29(日) 19:20:44 ID:Se40MtBs
曹沖「3日目です。みなさん仲良く使ってくださいね!」

過去ログ
曹操の1日 1日目
http://game13.2ch.net/test/read.cgi/gamehis/1202637315/
曹操の1日 2日目
http://game13.2ch.net/test/read.cgi/gamehis/1208600273/

2 :名無し曰く、:2008/06/29(日) 20:43:09 ID:Dv+99Xud
登場人物

曹操
言わずと知れたこのスレの主人公
覇道の為に日々ハジケている
魏王

夏候惇
曹操の従兄弟、地味だが意外と戦火を挙げている
一日スレでは珍しく真面目キャラ
たまにハジケる

夏候淵
曹操の従兄弟、夏候惇の弟
ホモではないがホモネタが好き

典イ
曹操親衛隊、あまり出番がない

許猪
曹操親衛隊の後詰、あまり出番がない

張遼
山田。董卓、呂布に仕えていた
クソ真面目なはずなのだが

除晃
あまり出番がない

張コウ
あまりで番がない

司馬イ
魏の軍師、馬鹿めの王
諸葛亮と遊んだり遊ばれたりしている

曹仁
あまり出番がない



あと誰いたっけ?

3 :名無し曰く、:2008/06/29(日) 21:37:19 ID:1vd2DEm8
徐晃「余の偽者に出番が少ないのは当然だ!」

4 :名無し曰く、:2008/06/30(月) 00:32:21 ID:KkESlRoi
三戦板行けこのクズが

5 :名無し曰く、:2008/06/30(月) 07:33:32 ID:T4z7C3tD
>>2
曹休「百合…あ、>>1乙」

6 :名無し曰く、:2008/06/30(月) 19:39:03 ID:mn4EQt8r
毎日新聞の英語版サイトがひどすぎる まとめ@wiki
http://www9.atwiki.jp/mainichiwaiwai/pages/1.html
■母親は受験勉強をする息子の学力向上のためにフェラチオをする
■24時間オルガズムが止まらないイクイク病で苦しむ日本人女性の数が増えている
■日本人女性の55%は、出会ったその日に男と寝る
■日本人は食事の前にその材料となる動物と獣姦する。六本木レストラン裏は屠殺場。
■日本古来の米祭りはアダルトビデオ業界が「顔射」と呼ぶものに非常によく似ている
■ファストフードは女子高生たちを性的狂乱状態におとしいれる (※映画「バベル」)
■日本の女子高生は、刺激のためにノーブラ・ノーパンになる (※映画「バベル」)
■15未満の子供を対象とした疑似ポルノが日本に蔓延している(※シーファー発言)
■日本人主婦は皆コインランドリーに附属のコインシャワーで売春している
■日本のティーンたちはバイアグラを使ってウサギのようにセックスをする
■最新の流行 70歳の売春婦にもかかわらず、小学生の売春婦にも仕事がある
■人妻は気分転換の目的で昔の恋人に抱かれに行く
■屋外でセックスをすれば、犬の散歩がもっと楽しいものになる
■日本の若い看護婦は、バイブレーターを携行し、売春婦に勝る
■OLの72%が、セックスをより堪能するために何らかのトレーニングを受けている
■日本の防衛庁は、ロリータ漫画によって、その内情を明らかにする
■10代の少年から退職した老人までみんな2980円の手コキを利用している
■日本童貞クラブは、柔道の練習や描線によって童貞を捨てると誓う。
■日本男子は柔道や空手の部活で男相手に童貞を捨てている
■日本の首相は結婚生活ではなくオナニーで政権が取れると言っている
■男色は日本の伝統。八坂神社では女装祭りを行っている
■横浜の女装祭りはゲイの宣伝になる
■六本木のあるレストランでは、食事の前にその材料となる動物と獣姦する
■ほとんどすべての漁師は、海でマンタとSEXしている

毎日新聞に対して抗議活動しようぜ
http://www8.atwiki.jp/mainichi-matome/pages/13.html

7 :名無し曰く、:2008/07/05(土) 17:12:40 ID:sKrYBXyP
前スレが消えた

8 :名無し曰く、:2008/07/05(土) 22:02:28 ID:FgU8jiXb
曹操「だって誰も書き込まないんだもの」
夏侯惇「急に人がいなくなったからな」

>>2
長宗我部元親
魂のシャウトを聞かせたいのだが、誰にも相手にしてもらえない
反骨のヴォーカリスト

長宗我部信親
古今の多彩な楽器を弾きこなす孝行息子
毎回抗議をするも斬られたり散々な目に会う

9 :名無し曰く、:2008/07/06(日) 00:11:00 ID:pFEju6Hf
AM5:00

今日も曹操の一日が始まる・・・

10 :名無し曰く、:2008/07/06(日) 00:32:03 ID:oH90O9A6
PM22:00

そして今日も曹操の1日が終わる…

11 :名無し曰く、:2008/07/06(日) 09:18:29 ID:pFEju6Hf
PM23:00

そして今日も曹操の(夜の)一日が始まる・・・

12 :名無し曰く、:2008/07/06(日) 13:05:07 ID:+CUO1JzR
調子に乗っていっぱい立てた1日スレに終わりのときが来たな
この板では劉備しか残るまい・・・

13 :名無し曰く、:2008/07/06(日) 14:33:33 ID:jnSidxqf
というより三戦板でやれ

14 :名無し曰く、:2008/07/06(日) 21:46:16 ID:CzqAoiLC
>>13
いいえ、中英板でやります

15 :名無し曰く、:2008/07/07(月) 14:43:04 ID:OxLjdGkB
報告!
仲達が長安で独立!!


16 :名無し曰く、:2008/07/07(月) 16:09:08 ID:cRc866uJ
追伸、孟達も謀反!

17 :名無し曰く、:2008/07/07(月) 16:23:52 ID:UieD4OgU
早馬、華欽が寿春にて独立!

18 :名無し曰く、:2008/07/08(火) 08:04:30 ID:PWi1FoaX
曹操「後にしろ!今ボス戦だ!」
曹操はゲームに夢中になっている

19 :名無し曰く、:2008/07/08(火) 10:35:37 ID:VBpfJIMF
曹操「メタルギア4面白れー!・・・って、アッー!!」
『オタコン「スネーク?スネェェェェク!」』


20 :名無し曰く、:2008/07/08(火) 18:25:08 ID:3+UfZzKt
報告!
涼州・天水が仲達により陥落!洛陽に攻撃の兆あり!

そこで曹操がゲームを中断して取った行動とは・・・?

21 :名無し曰く、:2008/07/08(火) 19:08:45 ID:na8pVIos
トェェェェェェイ

22 :名無し曰く、:2008/07/09(水) 08:08:35 ID:zdwTv+kj
するとどうだろう
仲達が戻ってきた
謀反した孟達も改心して戻ってきた

23 :名無し曰く、:2008/07/09(水) 10:20:58 ID:8FOg+h08
華欽「ちょっwwwww」

24 :名無し曰く、:2008/07/11(金) 06:19:20 ID:2iNmwRUp
曹操「さて、どうしようかな」

25 :名無し曰く、:2008/07/11(金) 14:26:37 ID:EVSc9Z+t
242:名無し曰く、 :2008/07/10(木) 22:52:59 ID:AQVx4gSC [sage]
その頃、曹操陣営では……

徐晃「曹操殿!」

曹操「徐将軍!病は治ったのか!?」

徐晃「いえ……今日は曹操殿にお別れを申しに来ました」

徐晃「まだ歩ける内にどうしても曹操殿にお会いしたくて」

曹操「馬鹿な……」

徐晃「自分の命の事です、自分が一番わかっています」

〜中略〜

曹操「そうか……徐将軍と元譲の間にそんな事があったのか」

徐晃「ふぅ……一通り話したらすっきりいたしました」

徐晃「では、私はここで……」

曹操「徐将軍!さ……ありがとう!」

数ヶ月後、徐晃はこの世を去った

26 :名無し曰く、:2008/07/11(金) 14:32:15 ID:dLhgWJTe
曹丕「唐突にもほどがあるぞ」  


27 :名無し曰く、:2008/07/11(金) 23:04:29 ID:GsP//Eps
曹休「そうだそうだ!」

28 :名無し曰く、:2008/07/12(土) 22:31:52 ID:TOpoueCH
曹操「そうそう」

29 :名無し曰く、:2008/07/12(土) 22:36:02 ID:K8ID+iVZ
夏候惇「どうした」
曹休「あ、夏候惇殿、除将軍と何があったのですか?」


30 :名無し曰く、:2008/07/13(日) 10:27:45 ID:7piu6X9P
夏侯惇「要約すると……」

・徐晃、羅馬へ一人で旅立つ
・無謀なのでこっそり追う
・徐晃が異民族に襲われていた所、華麗に俺参上!

夏侯惇「まぁ、こんなところだ」

曹休「へぇ、そうなんですか(家に帰って百合ビでも見ようっと)」


31 :名無し曰く、:2008/07/13(日) 12:47:40 ID:R7lVZG/9
曹植「僕も出して」

32 :名無し曰く、:2008/07/13(日) 21:08:07 ID:DPNwqpAV
曹休「だが断る!」

33 :名無し曰く、:2008/07/15(火) 01:46:12 ID:lzLlTGJm
曹操「ここも落ちぶれたものだな」
夏侯惇「そうそう」
曹操「(#`・ω・´)元譲…お前、涼州支社と高句麗支社…どっちがいい?」

34 :名無し曰く、:2008/07/15(火) 02:34:12 ID:SJDIbxEN
夏候惇「急にどうした孟徳、俺は本当のことを言ったまでだが」

35 :名無し曰く、:2008/07/15(火) 13:11:28 ID:r7FoxiAy
そんなこんなで夏侯惇は涼州総督を任されてしまったのだ

36 :名無し曰く、:2008/07/15(火) 16:10:21 ID:SJDIbxEN
実は仕事上手な夏候惇
涼州はすぐに平定した

37 :名無し曰く、:2008/07/15(火) 18:00:30 ID:lzLlTGJm
夏侯惇「馬はいいなぁ…」
たてがみを撫でながら馬岱のようなことを言いだす惇。

38 :名無し曰く、:2008/07/15(火) 20:57:55 ID:KOblxuBx
299:名無し曰く、 :2008/07/15(火) 15:23:44 ID:azOK/RmB
惇兄「孟徳蜀では蜀ザイルと言うユニットが出来たらしいぞ。」
曹操「関羽はどの役割だ?」
惇兄「ボーカルらしい。」
曹操「なに!買うぞ!買うぞ!我が配下にも絶対買わせろ!買わない奴はクビな!」
惇兄「はぁ?」
と、魏ではこんな会話が繰り広げられていたのは書き込んでる人には秘密です

39 :名無し曰く、:2008/07/17(木) 16:02:52 ID:884IhP8g
曹操「さてと」

40 :名無し曰く、:2008/07/17(木) 16:11:59 ID:mFxMI8lK
曹丕「魏も終わりですな、父上」

41 :名無し曰く、:2008/07/17(木) 17:12:00 ID:y1NyoWmA
>>40
曹操

42 :名無し曰く、:2008/07/17(木) 17:12:43 ID:y1NyoWmA
>>40
曹操「では魏は“魏グラフティ”を結成するぞ!」

43 :名無し曰く、:2008/07/17(木) 20:30:17 ID:y1NyoWmA
曹操「皆やる気はなしか…わしが斬る!」

44 :名無し曰く、:2008/07/17(木) 21:32:05 ID:884IhP8g
夏候惇「落ち着け孟徳、蜀はそんなことで劉備が逮捕されているんだぞ」

45 :名無し曰く、:2008/07/17(木) 21:54:25 ID:mFxMI8lK
夏侯淵「えぇ〜?」

46 :名無し曰く、:2008/07/21(月) 14:58:36 ID:yR0fKNcM
曹操「さみしいのう」

47 :名無し曰く、:2008/07/21(月) 19:05:18 ID:cpFlpr5G
曹操「時代の流れには逆らえないか…。郭嘉…私はどうすればよいのだ?」

クルッ

アニキ「アンカケチャーハン?」

曹操「………………。」

48 :名無し曰く、:2008/07/21(月) 22:58:12 ID:H5VwfPOK
司馬懿「魏グラフティではなく魏志團を作ればいいのでは?もちろん曲はAll night カーニバルでどうでしょう?」

49 :名無し曰く、:2008/07/22(火) 06:52:53 ID:9xST2VDZ
曹操「関羽…俺の所に来ないか?」

50 :名無し曰く、:2008/07/22(火) 11:06:58 ID:KOnz/FOc
許攸「過激なパフォーマンスをウリにした電撃魏ネットワークを典韋と張コウ、高覧、
それと夏侯両将軍にやってもらいましょう」
惇・淵「えぇっ!?」

王朗「いやいや、ここは魏・アルフィーで」
徐庶「東方甄姫を」
司馬懿「丞相自身が涙曹操をカヴァーしては」

51 :名無し曰く、:2008/07/22(火) 12:40:29 ID:Qabsfvd4
曹操「よし、全部やろう」
一同「ええ〜!」

52 :名無し曰く、:2008/07/22(火) 16:31:04 ID:9AzLj5k9
曹丕「ビジュアル系バンド、魏ゼットなんてどうでしょう」

53 :名無し曰く、:2008/07/22(火) 22:10:54 ID:Qabsfvd4
と、そこへ長宗我部元親が現れた
元親「唄はいいぞ!俺の唄を…凄絶に聴けぇ!」
ベンベンベンベン




曹操「よし!早速曲作りだ!パフォーマンスも考えなくてはならない」
元親「…」

54 :名無し曰く、:2008/07/22(火) 22:58:17 ID:QfKYzOx/
チョン宗我部元シナチク

55 :名無し曰く、:2008/07/23(水) 02:36:53 ID:qXcASkMw
信親「父上ぇぇぇぇぇっ!」

曹操「俺、桜井で。元譲は坂崎な。張コウには高見沢をやってもらう」
夏侯惇「孟徳、曲作りも並行してやらないと」
曹操「そうだな。あぁ、魏志団のための学ランを発注しといてくれ。
それから典韋にはドライアイスを食えるようになっておけと俺から言っておく」
司馬懿「甄姫のプロデュースは’エロツンデレ’でよろしいですか」

信親「聞けや」

56 :名無し曰く、:2008/07/23(水) 20:37:21 ID:SnNT266N
松崎しげる「混ぜてもらおうか!」

曹操「げぇっ!うんこが喋った!?」

信親「え?う、嘘でしょう!?」

元親「信親、土佐に帰るぞ!」

夏侯惇「淵!斬れ!」

夏侯淵「が、合点承知!」

ズバッ

曹操「あぎゃあー!?」

夏侯惇「もぉぉぉぉぉとくぅぅぅぅぅっっ!?」

突如として現れた松崎しげる、もというんこの存在は魏を混乱させるに十分すぎた

これにより、魏志團のプロデュースは1ヶ月遅れる事となった

57 :名無し曰く、:2008/07/23(水) 21:55:28 ID:L2Nd5RCK
張遼「消え去れ。」

松崎しげるは元の世界へと帰っていった。

一方重傷を負い外出禁止を典医に命じられた曹操は何をしたかというと・・・?

58 :名無し曰く、:2008/07/24(木) 07:49:39 ID:VkxOH6EF
曲作りをしていた
夏候惇「執念だな、孟徳」

59 :名無し曰く、:2008/07/24(木) 08:53:59 ID:yHEBH2NG
曹操「惇、貴様の歌をつくったぞ!聞いていくがよい」

夏候惇「?!」

60 :名無し曰く、:2008/07/24(木) 10:10:46 ID:nWynY3ih
曹操「ゲ・ゲ・ゲゲゲのゲ〜」
題:ゲゲゲの盲夏候

61 :名無し曰く、:2008/07/24(木) 12:32:13 ID:eVXDUT9i
曹操
「ゲ、ゲ、ゲゲゲのゲ〜
夏侯は下〜ヒで盲夏侯〜
ズボッムシャムシャ!ズボッムシャムシャ!
夏侯は目玉がない〜目玉が片側ない!
ゲ、ゲ、ゲェッ!関羽〜
みんなで歌おう盲夏こ…」
夏侯惇「しねーッ!」ズバッ
曹操「ぎゃあー!」
兵士「大変だ、盲夏侯が謀反を起こしたぞ!」
兵士「盲夏侯が!?」
夏侯惇「うわぁぁぁあ!?」
夏侯淵「どうした!」
兵士「あっ、両目のある夏侯将軍」
兵士「片目のない夏侯将軍が謀反しました!」
夏侯淵「な、なんだってー!」

62 :名無し曰く、:2008/07/26(土) 13:09:34 ID:eKZDubZX
夏侯惇「まずいことになった。ひとまず涼州に身を潜めよう」

63 :名無し曰く、:2008/07/26(土) 22:24:55 ID:8cY8fnlz
22:00

涼州に着く
夏候惇「もう真っ暗だな、宿にいくか」

64 :名無し曰く、:2008/07/27(日) 01:19:11 ID:Xg94PT0P
in宿
馬超「西涼の錦亭にようこそいらっしゃいました」
惇「しばらく厄介になるがいいかな」
馬超「構いません」

惇「………って、お前!」

65 :名無し曰く、:2008/07/27(日) 14:16:57 ID:tkROluux
惇「いいケツしてるな」

66 :名無し曰く、:2008/07/27(日) 17:22:15 ID:xSESFVKa
そして翌日
夏候惇「さて、目くらましのために農作業でもやろうか」

67 :名無し曰く、:2008/07/27(日) 20:58:46 ID:OXuMHxUz
夏候惇「うむ、いい大根だ、米の出穂までもう少しといったところか…」
すっかりなじんでいる夏候惇

68 :名無し曰く、:2008/07/27(日) 23:17:56 ID:rV4947LA
その頃、洛陽では夏侯惇捜索隊が結成されていた

夏侯淵「覇、威、恵、和、片目を見つけ次第殺せ」

夏侯覇「父上……やはり叔父上は……」

夏侯淵「それ以上言うな、これが国のためでもあるのだ……」

夏侯覇「ですが!」

夏侯威「兄貴、行こうぜ……」

夏侯恵「叔父上は最早私達の知っている叔父上ではないのです……」

夏侯和(曹休殿から借りた二喬百合ビデオ早くみたいよー)

夏侯覇「……そうだな、行くしかないな」

こうして、夏侯惇捜索隊は洛陽を出発した

69 :名無し曰く、:2008/07/28(月) 00:34:49 ID:+9q/HkZ/
その頃…

田吾作「お-い、惇。そろそろ飯にするべさ-」

夏候惇「今いくよ-田吾作ど-ん」

すっかり農民になっていた

70 :名無し曰く、:2008/07/28(月) 02:07:54 ID:lW0Yu6Cf
馬超「あの片目が来てからもう一ヵ月になるが金を払って貰えるのだろうか……」
惇「おーい亭長、とりあえず今までの宿泊費なー」
ドン、と札束を置く惇。
馬超「うぉぅ!?」
夏侯恩「いやー豊作だったなぁ」
惇「ははは、まさかこんなところで夏侯一族に会うとは思わなかったよ」
夏侯恩「ええ、赤壁で剣を奪われてからココに左遷させられてましたからね」

71 :名無し曰く、:2008/07/28(月) 02:11:18 ID:lW0Yu6Cf
惇「あれは長坂橋だったじゃないか」
恩「あぁそうでしたね」 
(間違えたー!)

72 :名無し曰く、:2008/07/28(月) 07:17:52 ID:5X3FBzq4
夏候覇「洛陽はもうくまなく探したよな」
夏候威「ここにはいないんじゃないのか?」
夏候恵「次は成都あたりにでも行ってみるか」
夏候覇「ああ」
夏候和「(二喬百合ビデオが〜)」

73 :名無し曰く、:2008/07/29(火) 14:10:34 ID:Gm6L1yEn
曹休から二喬百合ビデオをもらって夏候和は上機嫌。

74 :名無し曰く、:2008/07/29(火) 21:36:13 ID:2SjFj1M6
しかし借りてもう1ヶ月、まだ一度も見ていない
伝令「夏候和殿、曹休殿から手紙を預かっています」
夏候和「どれどれ…(二喬百合ビデオそろそろ返せ)」
夏候和「まだ見てねぇ〜!」
夏候覇「ど…どうした!?」

75 :名無し曰く、:2008/07/29(火) 23:22:26 ID:AVGwEfIX
夏侯覇「まぁいい、次は成都だ。叔父上を早く見つけて帰ろうぞ!」

威・恵「おう!」

夏侯和(借りパクしちゃうかな)

76 :名無し曰く、:2008/07/30(水) 18:05:01 ID:cMCqvtnG
夏候和「(しかし・・・そんなことしたら次から貸してくれないね・・・そうだ)」

曹休に手紙を書いた夏候和。

伝令「夏候和殿から手紙をお預かりしてございます。」
曹休「うむ・・・パラッ」


曹休殿へ

こちらにはDVDレコーダーもないので二喬百合ビデオが見られませぬ。して(ry




曹休はDVDレコーダーを夏候和に突きつけた。
夏候和「ふ%

77 :名無し曰く、:2008/07/30(水) 18:07:45 ID:cMCqvtnG
ID:cMCqvtnG「うっ・・・Janeが固まってしまってレスが途中で途切れているぞ・・・」

78 :名無し曰く、:2008/07/31(木) 01:20:03 ID:ASoFiigH
そんなハプニングを乗り越え、夏侯兄弟達は成都にたどり着いた

夏侯覇「いいか、ここは敵の本拠だ。くれぐれも慎重にな」

夏侯威「わかってるって兄上」

夏侯恵「捜しにくい分、叔父上が潜んでいる可能性が高いですね」

夏侯和「顔が痛い……」

夏侯覇「では、各自散策!」

こうして、夏侯兄弟の成都散策が始まった

79 :名無し曰く、:2008/07/31(木) 01:37:56 ID:J4884H5m
数分後

劉備「最期に言い残すことはないか?」

夏候和「曹休殿から借りた二橋百合のDVDが見たかった…」

劉備「よし、南蛮刑務所へと連れていけ」

孔明「(南蛮……可哀想な奴)」

夏候和南蛮へ連れていかれる

80 :名無し曰く、:2008/07/31(木) 03:39:37 ID:l6IF+YpX
一方涼州の夏候惇は

田吾作「ロン!」
夏候惇「うぉっ!やられた!」
権兵衛「ちっくしょう」
何事もなく麻雀していた
夏候恩「平和が一番」

81 :名無し曰く、:2008/07/31(木) 09:05:52 ID:rCMUwTb8
一方…

夏候覇・威・恵
「敵将、捕らえたり!」

なぜか劉備、孔明、趙雲、黄忠を捕らえていた

82 :名無し曰く、:2008/07/31(木) 16:18:10 ID:a1BdFADK
しかし護送中、伏兵の関羽・張飛に遭遇し、劉備達を逃がしてしまう。

一方怪我を完治し、天下統一の為魏グラフティを解散した曹操は・・・




淫獣になっていた。

83 :名無し曰く、:2008/08/01(金) 16:12:33 ID:amkwE3xH
夏候覇「くそっ!情報聞きだす前に逃げられた!」
夏候恵「全く、俺らは叔父上の事を聞きたいだけなのに」
夏候和「とりあえず成都にいるのは危険だ」

84 :名無し曰く、:2008/08/01(金) 17:18:46 ID:LtiloO1M
夏侯和(ふふふ、私が変装した馬謖だと気付いてないな)

夏侯覇「陳倉道を抜けて長安へ帰る!皆、急げ!」

夏侯和「わかりました、兄上!」

その頃、本物の夏侯和は↓

85 :名無し曰く、:2008/08/01(金) 17:33:09 ID:64fwnJo7
猛穫「ここでは手を使って食事をする。やってみろ」
夏候和「そ、そんなことできません…」
猛穫「や っ て み ろ 」
夏候和「ひぃぃ…わ、わかりました」

南蛮での生活を強要されていた

86 :名無し曰く、:2008/08/01(金) 21:58:32 ID:amkwE3xH
陳倉城付近

夏候威「あれ?誰かいるぞ」
夏候覇「あれは…曹休殿か」
夏候恵「でもなんか変なオーラ放ってる」
曹休「夏候和殿ぉ〜」
夏候和「なにかな?」
↑偽物
曹休「百合ビデオ返せぇ〜」
曹休が襲ってきた!
ドカッ!
夏候覇「あっ!こいつ和じゃないぞ!」
曹休「なに!」

87 :名無し曰く、:2008/08/02(土) 00:48:32 ID:Vdax4sr+
曹休「なるほど、夏侯和め。時間稼ぎに偽物を使う気だったか」

馬謖「は、はい、そうなんです!」

曹休「ならば本物の居場所も知っているな?」

馬謖「ひ、ひぃぃ!か、夏侯和殿は今南蛮におりまするぅ!」

曹休「そうかそうか。ならばお前も連れて南蛮へと迎えに行ってやる」

馬謖「ひぃぃぃーーっっ!?」

曹休は音速を超える速さで馬謖を掴み、南蛮へと向かった

覇「……なんだったんだろう」

威「……さぁ?」

88 :名無し曰く、:2008/08/02(土) 14:29:04 ID:ou0WwVvJ
曹操「淫獣になったのにスルーされたから淫獣やめました。」
曹操は元に戻り、行方不明(になったことにされてる)夏候家の武将を捜索させた。
陳倉付近で覇・威を発見し保護。

一方南蛮では・・・

89 :名無し曰く、:2008/08/02(土) 14:56:09 ID:L9ABzUVy
夏候惇殿を発見するまで引き続き旅にでることを伝えると陳倉城を後にした。

夏候覇「今更だが、曹休殿が南蛮に行ったらやばくないか?」

夏候威「確かに。敵地に単身突っ込むとは恐れいりますね」

夏候恵「曹休殿に神の御加護がありますように」

夏候覇「さて、次の目的地は涼州でよいか?」

夏候威「異論はありません」

夏候覇「では行くぞ!」

90 :名無し曰く、:2008/08/03(日) 03:01:47 ID:Faz9Rk2D
曹休「さぁ〜夏候和はど〜こ〜だ〜」
祝融「うるさいね、あんた誰だい」
曹休「あ、あんた南蛮百合物語に出演していた祝…」
祝融「消えな!」
ズバッ!


91 :名無し曰く、:2008/08/03(日) 15:16:12 ID:RxFf/y3k
曹休「危ねぇっ!」
曹休は間一髪で回避するが、頬を切ってしまった。

曹休重傷中・・・

92 :名無し曰く、:2008/08/03(日) 21:41:18 ID:Faz9Rk2D
夏候覇「さて、とりあえず和は置いといて先を急ぐか」
夏候恵「ああ」
夏候威「いいのか…?」

その頃の夏候惇
夏候惇「!!」
夏候恩「どうしました?」
夏候惇「追ってが来る」
田吾作「追ってって何だ?」
夏候惇「とにかくいそがねば!亭長!金は置いとく!世話になった!」
夏候惇は万里の長城に向かった
夏候惇「あそこは広く見渡せるうえ追ってとしても国境に近づくのは危険行為だ」」
そう言って万里の長城麓の村に移った

93 :名無し曰く、:2008/08/04(月) 12:38:18 ID:wqjR5ph+
夏候惇が万里の長城に着いた頃、夏候覇たちは涼州に入ろうとしていた
夏候覇「もうすぐ涼州だ」
夏候恵「しかし腹へったな」
夏候威「涼州に入ったらまず腹ごしらえしてから捜索しよう」
夏候覇「そうだな」

94 :名無し曰く、:2008/08/04(月) 13:05:13 ID:ulsitLkz
in宿

馬超「涼州の錦亭にようこそいらっしゃいました」
覇「ここは料亭もやっているな?」
馬超「はい、やっております」
威「兄上、俺馬刺定食が食いたい!」

夏侯兄弟は錦亭で腹ごしらえする事になった

95 :名無し曰く、:2008/08/04(月) 19:32:11 ID:wqjR5ph+
馬超「お待たせしました、正義の馬刺定食、不義討ちのカツカレー、信義のグラタンです」
夏候恵(うわ、なんて恥ずかしい名前だ)
夏候覇(腹ごしらえが目的だ、気にするな)
夏候威(なんでまたこんな名前を…)

96 :名無し曰く、:2008/08/06(水) 01:51:28 ID:EO53jmfn
惇「はぁ…はぁ…大変だった。山賊に盗賊に追いはぎから逃げる日々だった…」
空腹に耐えながらの逃避行で映画の逃亡者気分の惇。
惇「あぁ…時が、いや村が見える」
惇は行き倒れた。

97 :名無し曰く、:2008/08/07(木) 07:02:43 ID:XuboAGxD
数日後

夏候惇「ロン!」
甚平「うぉっ!」
兵作「やられた」
すっかりなじんでいた

98 :名無し曰く、:2008/08/07(木) 14:07:36 ID:rGSnDqc6
その頃、錦亭では…

夏侯威(兄上、どうする?金が足りない…)
夏侯恵(食い逃げすると、捜索が難しくなります…)
夏侯覇(むむむ…)

馬超「あのー…お会計は…」
夏侯覇(くそぅ、仕方ない!)

夏侯覇が取った手段とは↓

99 :名無し曰く、:2008/08/08(金) 07:48:08 ID:3MopxXa8
夏候覇「見ろ!誰か山賊に襲われているぞ!」
馬超「なに!?本当だ!あれは田吾作殿!」
夏候威(本当に現われた)
夏候覇「いくぞ!ここで見過ごしては武士の名折れ!」
夏候覇(そして奴らから飯代を頂くのだ)
夏候恵(ラジャー)

100 :名無し曰く、:2008/08/08(金) 16:14:49 ID:gB76aJ/B
しかし、ものの見事に山賊に敗れてしまう

101 :名無し曰く、:2008/08/08(金) 16:40:16 ID:IPStPho+
山賊は左腕を切り落とされた韓遂殿でした。
韓遂「うがぁぁぁぁぁ!馬超ぉぉぉぉぉぉ!!」
馬岱「なんかキャラ変わってない?」



102 :名無し曰く、:2008/08/08(金) 19:05:15 ID:Sj4+LsKQ
韓遂「馬超ぉぉっ!この腕の恨み、今ここで晴らしてくれよぉぉう!!」
馬超「韓遂…曹賊と繋がっていながら、何を言う!今ここで斬り去ってくれるわ!」

韓遂と馬超は激しく打ち合った
両者の気迫は凄まじく、矛を交える事に衝撃派で建物が倒壊していった

夏侯覇「な、なんて戦いだ!」
夏侯威「兄上、ここは逃げよう!」
夏侯恵「とりあえず、北方の村に行きましょう!」
夏侯覇「うむ、すぐに出立するぞ!」

103 :名無し曰く、:2008/08/08(金) 21:07:11 ID:3MopxXa8
戦いはやや馬超が押していた
韓遂「オォォノォォレェェ!馬超めぇ!我が最終奥義で無にしてくれる!」
馬超「なんだと!」
韓遂「喰らえ!人類補完計画!」
夏候恵「うっ!」
夏候威「ああ…」
夏候覇「ど…どうした!」
夏候恵「世界が悲しみに満ちていく」
夏候威「ああ…ガフの扉が見える」
夏候覇「なんかめちゃくちゃヤバいぞ!」

104 :名無し曰く、:2008/08/08(金) 23:15:55 ID:d5bIEDxk
韓遂「馬超ぉぉぉ!俺の勝ちだぁぁぁ!」
???「させん!」
巨大甄姫が「あなたは何を望むの?」とか言ってきたり
田吾作がLCLにはじける中、現れたのは。
夏侯覇「お前は!」
夏侯恵「左遷されていた!」
夏侯威「夏侯恩!」
馬超「あのごく潰しが!」
夏侯恩「まさかガメておいたコレが役に立つ時が来るとは思わなかったぜ!」
恩は奪われたとされていたロンギヌ…いや青虹の剣を投げた。


105 :名無し曰く、:2008/08/09(土) 01:28:12 ID:wRzJ/AP5
その後に何が起きたか彼らは知らない
夏候和が敵を討ち果たそうが敗北しようが関係ない
結局は自分が大切なのだ
あんな戦いに付き合っていたら自分たちにまで被害が及ぶのが目に見えているのだから
故に結果を見届けることなく戦場から離脱した

夏候覇「あいつの分まで俺たちは任務を遂行しよう!」
夏候威.恵「おぅ!」

106 :名無し曰く、:2008/08/09(土) 01:55:57 ID:+zun31bA
〜南蛮〜

夏侯和「うぃっくし!…うー…誰か俺の悪い噂でもしてるのかな?」

107 :名無し曰く、:2008/08/09(土) 16:00:27 ID:46uEf2KY
一方、曹操は・・・
曹操「カレー南蛮は飽きた!炸醤麺が食べたい!!」
と駄々をこねていた

108 :名無し曰く、:2008/08/09(土) 19:56:57 ID:aDP1wsRZ
馬超「恐ろしい最終奥義だ、このままでは全ての生命体が一つになってしまう」
夏候恩「馬鹿な!今のが効かないというのか」
涼州はほぼ全ての生命がLCLと化した

夏候恵「あれは!」
巨大な十字架が夏候兄弟に迫ってきた
夏候覇「やむおえない、散れ!」
夏候威「うわーーーっ!!」
夏候覇「威ーーーーーっ!!」
夏候威はLCLに溶けた
夏候兄弟は散り散りになった

109 :名無し曰く、:2008/08/10(日) 12:02:10 ID:pqczKLYS
曹操「ジャージャー麺はまだかー!?」

110 :名無し曰く、:2008/08/10(日) 12:16:57 ID:CIyAJN/g
…と、あの世で叫ぶ曹操の声はやまびこのように虚しく響いていった…

111 :名無し曰く、:2008/08/10(日) 15:26:38 ID:Tp0b8+wj
〜洛陽〜

兵士「夏侯淵様、夏侯恵殿が大変な御身なりで帰って来られました!」
夏侯淵「なんだと!」


夏侯淵「恵、どうしたその姿は!」
夏侯恵「父上、申し訳ありません……韓遂と馬超の戦いに巻き込まれてしまって……」
夏侯淵「そうか……今日のところはゆっくり休め。事情は明日聞こう」
夏侯恵「はい、そうさせて貰います……」

112 :名無し曰く、:2008/08/10(日) 18:55:21 ID:8AZX397B
ジャージャー麺ジャージャー麺とうるさい曹操に
たまりかねた臣下たちは華佗を呼んだ。
華佗は勝手に曹操の頭をパックリ開いてしまった

113 :名無し曰く、:2008/08/11(月) 02:58:14 ID:BCe9YUQt
華陀「よし、話は大体聞いた。これから曹操の邪念を取り払う。術式開始」
手術中。
華陀「ところで皆の者、何か都合の悪いことはあるか。その記憶だけを消そう」
臣下「えぇ!?マジっスか?」
○時間後――朝。
華陀「手術は性交…もとい、成功した!」

一方そのころ夏侯恵は補完計画の余波で女の子になっていた。
恵「なんじゃあこりゃぁぁぁぁっ!?」
夏侯恵(めぐみ)ちゃんである。


114 :名無し曰く、:2008/08/11(月) 12:04:47 ID:/hCEIEzd
夏候淵「殿、気分はいかがですかな?」
曹操「うむ、なんだかすこぶる気分がよい、よし!今夜は儂のおごりだ!」
魏軍の士気が大幅に上がった

115 :名無し曰く、:2008/08/12(火) 13:14:26 ID:cLYQSHZe
曹操「ところで夏候惇はどうした」
場が静まった
夏候淵(おい、どういうことだ)
華陀(おそらくそれらに関する記憶もけしてしまったのかと)
夏候淵(どうするよ、これじゃ下手に刺激したらこっちがやばいぞ)
曹操「なに?ワシ何かまずいこと言った?」

116 :名無し曰く、:2008/08/12(火) 18:26:00 ID:nS3yKz/v
曹操「おーい、惇?トーン?どこにいるんだ?」
玉座から降りてウロウロする曹操。
夏侯淵「(あわわ)そ…それがちょっと…」
チラッと司馬懿に任せた!と目配せする淵。
司馬懿「(えっ?)あーその……そう!将軍はいま行方不明になっておられまして」
曹操「なに、惇が?それは大変だ。至急、夏侯惇捜査隊を編成するのだ」
臣下「ハッ」

117 :名無し曰く、:2008/08/12(火) 20:08:41 ID:LtpZg7Gz
その頃夏候惇
夏候惇「万里の長城は治安が厳しいと聞いたが…ここら辺の奴らも普通にしているな」
兵士「あ、惇さん、見張り変わってくださいよ」
夏候惇「見張りは地味に見えてかなり重要な役割だ、もっと自分の仕事に誇りを持て」
兵士「でもぉ、退屈ですよぉ〜」
夏候惇「やれやれ…」

すっかり顔パスになっていた

118 :名無し曰く、:2008/08/13(水) 23:29:07 ID:1TnJ/hg9
夏侯覇「はぁはぁ……ここはどこだ……もう死ぬ……」

夏侯覇は行き倒れた


兵士「ふぁーあ、惇さんはああ言ってるけど、実際見張りは暇なんだよな……ん?」

兵士「人だ……人が倒れてる!」

夏侯覇は、万里の長城の村にて保護された

119 :名無し曰く、:2008/08/14(木) 00:29:52 ID:Y3N/w+Mt
夏候惇「どうした」
兵士「あ、惇さん、誰か倒れてるよ」
夏候惇「何?…こいつは覇か」
兵士「知ってるんてすか?」
夏候惇「ああ(さてはこいつが追ってか)」
兵士「手当てしないと」
夏候惇「するつもりだったら牢屋でやれ、今こいつを目覚めさせたら間違いなく騒ぎになる」
兵士「えっ!何故です?」
夏候惇「こいつはそういう奴だ」
夏候覇は牢屋に入れられた
夏候惇(さて、孟徳はそろそろ傷も癒えてる頃だろう、となると俺の居場所ぐらいすぐに予想してしまうだろう)
逃げまわるのは限界と感じた夏候惇


120 :名無し曰く、:2008/08/14(木) 00:40:05 ID:Y3N/w+Mt
一方曹操
夏候淵「捜査部隊整いました」
曹操「うむ、では万里の長城に向かえ」
夏候淵「こ…国境に行けと!?」
曹操「うむ、惇はおそらくそこにいる。騒ぎを起こさないよう、分散して捜査せよ!」
夏候淵「はっ!」
曹操「見つけたらまず最初に伝えてくれ、また朝まで飲み潰れようと」
夏候淵「はっ!(こりゃ完全に斬られた記憶ないな…)」
夏候淵率いる捜査部隊は万里の長城を目指した

121 :名無し曰く、:2008/08/14(木) 01:24:54 ID:xtOpIGpW
その頃、漢中付近では……

蜀兵A「う〜ん、最近は平和だなぁ……」
蜀兵B「あんまりたるんでいると魏延様に怒られるぞ」
蜀兵A「堅いこと言うねぇ……ん?あれはなんだ?」

ドドドドドドドド

蜀兵B「おい、こっち来るぞ!?」

┣゛┣゛┣゛┣゛┣゛┣゛┣゛┣゛

蜀兵A「う、うわぁぁっ!?逃げろぉ!!」

キキーーッ!ズザザザザザサァァ…

曹休「百合センサーが反応しているぅうぅ!洛陽方面で反応しているぅうぅっ!!」
夏侯和「そ、曹休殿!離してぇっ!!」
曹休「洛陽に着くまでは離さないZE!」
夏侯和「二喬百合ビデオをなくしたからってあんまりだぁぁーーっ!!」

122 :名無し曰く、:2008/08/14(木) 02:55:49 ID:IhYI99Tr
ぴちょん…ぴちょん…水漏れする岩牢に行き倒れのままブチ込まれた覇。
夏侯覇「ん……?ハハハ…オイオイ…ちょっ…やめろよ威…冷たいって…。
(チクッ)いてっ!バカ!針系はよせって…(チクチク)いてぇ!オイ!いい加減にしろよ威!
これ以上ちくちくしたら…はぅあ!?(ビク!)…ハッ。俺は…」
夏侯惇「……気が付いたか?」
覇「うぉぉっ!何だコレ…あっ、カブトムシだ!やったぁ!
って顔に砂糖水がどっぷりついてるじゃないかー!!」
惇「……」
覇「ここは…?あー!惇叔父さんじゃないスか!曹操様が探してんスよ…
…って何で俺こんなトコに入れられてんスかー!」
囚人のよくやる、牢の鉄柵を掴み「出せー!」のポーズをする覇
惇「だってお前、謀反人の俺をとっ捕まえに来たんだろ?」
覇「そりゃあ最初はそのつもりだったんスけどね…うぅっ…」
惇「おい、どうした」
覇は今までの過酷な旅を話した。
惇「た…大変だったんだな…」
覇「はい…正直俺はもう命令なんてどうでもよくなってたんスよ…」
惇「そうか…。覇、とりあえず飯を食わせてやる。俺の作物は美味いぞ」
覇「うぉ…うぉじさぁーん!」
覇はむせび泣いた。

123 :名無し曰く、:2008/08/14(木) 08:44:43 ID:8Hkw8tym
一方その頃、夏候和と曹休はというと↓

124 :名無し曰く、:2008/08/14(木) 11:06:00 ID:Y3N/w+Mt
夏候淵「ん?何か近づいてくる!?」
ドドドドド…
夏候淵「あれは…曹休と和か」
曹休「おお、夏候淵殿!」
ピタッ
夏候和「きゅぅ〜」
夏候淵「何やってるんだ?」
曹休「いやあ!これから急いで城に戻らないといけないんです。じゃ!」
夏候和「あ〜〜れ〜〜〜」
夏候淵「…何だ?」

125 :名無し曰く、:2008/08/15(金) 19:57:53 ID:BMDHXoqR
一方夏候惇

夏候惇「ほれ、とりあえず漬け物だ」
皿の上に山積みの漬け物を差し出す
夏候覇は夢中で喰った。
錦亭から何も食べてない夏候覇はあっという間に山積みの漬け物を平らげた。
夏候惇「少しは落ち着いたか?」
夏候覇「はい、少し…」

126 :名無し曰く、:2008/08/16(土) 18:04:14 ID:iy8SGbWB
そして夏候淵たちは涼州に入った
夏候淵「何だ、これは」
夏候淵は目を疑った。
そこは自分が知る涼州ではなかったからだ。
夏候淵「恵から少しは聞いていたが」
瓦礫の山と人気のない世界がどこまでも広がっていた
不気味な静寂とどこからともなく聞こえる崩壊の音が寒気を襲う

127 :名無し曰く、:2008/08/16(土) 22:16:24 ID:TppLDt5/
夏侯淵「ん、なんだこの血の臭いのする水溜まりは」
淵は何やら血なまぐさい赤い水がところどころブチまけられているのを発見。
淵「気持ち悪いな…」
バシャ。そのとき淵の足元の水溜まりで何かが動いた。
淵「うぉ!?」
そのとき不思議なことが起こった。水溜まりは徐々に人のかたちになり、
見覚えのある人間になったのだ。
淵「威、威じゃないか!」
夏侯威「え?父上?俺どうしたん?」
なんらかの奇跡が起こり、LCLから夏侯威が素っ裸の状態でサルベージされた。
淵「お前、なんてところから出てくるんだ!?覇はどうした」
威「いや…俺もよく覚えてないんだけど、腹が減って馬超の店で飯食ってたら、
片腕の山賊が襲ってきて、巨大な甄姫さまが目の前に出てきてウッフン、アハハで
チョー気持ちいいと思ったら父上が目の前に」
淵「う、うむ?よく分からんが大変な目にあったようだな」
威「はぁ。大変というよりむしろ手とり足とり色々とフフフ…」
焦点の定まらぬ目でニヤける威を見て、淵は息子がとうとうアレになってしまったと思い、
「とりあえずお前は服を着て都に帰ってゆっくり休め」と言っておいた。

128 :名無し曰く、:2008/08/16(土) 22:56:06 ID:SAXOxQRa
淵「俺の息子ってあんなに変態だっけ、これはもしや・・・」

淵の配下「大変ですいつのまにか死地に追い込まれてます」


淵「やはり孔明の罠か、こうなったら・・」

129 :名無し曰く、:2008/08/17(日) 00:58:39 ID:dge8c5bG
夏侯淵「南方に一点集中攻撃開始!包囲を打ち破れ!」

夏侯淵率いる騎兵隊が突撃した

諸葛亮「ふふふ、その程度では包囲は破れませんよ……姜維隊、王平隊!背後より矢を射かけろ!」
姜維「了解!」

蜀軍は一斉に射撃を開始した
夏侯淵の騎兵隊が次々と討ち取られていく

夏侯淵「畜生…ここで終わってしまうのか……?」

130 :名無し曰く、:2008/08/17(日) 15:03:12 ID:otIaYcO0
諸葛亮「ふふふ…、姜維、様子はどうですか?」
姜維「アッー!」
諸葛亮「姜維?」
姜維「馬超殿!韓遂殿ぉ!ア…アッーー!」
諸葛亮「!???」

夏候淵「敵の攻撃が止まった!?よし!西に抜けて万里の長城に向かうぞ!」


諸葛亮「姜維!姜維!…王平!」
王平「うわぁぁぁ!」
諸葛亮「王平!どうしたのです!?」
王平「や…やめろぉぉ!お前と一つになりたくない!」
諸葛亮「!???…一体何が起こっている?」

131 :名無し曰く、:2008/08/18(月) 00:27:14 ID:+qjPGN8y
「あなたと合体したい・・・・・」
王平の脳に誰かが語りかけているのだった!

132 :名無し曰く、:2008/08/18(月) 00:32:02 ID:dYEBqeBK
王平「俺もなんか一万年と二千年前から合体したいと思ってたんだ」
わけのわからないことを言いだす文盲。

133 :名無し曰く、:2008/08/18(月) 09:41:11 ID:4MGankKa
王平はいきなり李豊と合体し始めた

そう犯人は李豊であったのだ

134 :名無し曰く、:2008/08/18(月) 15:31:53 ID:DbIHRkU3
諸葛亮「姜維!王平!どうしたのです!応答しなさい!」
姜維「アッーーーー!!」
王平「あおおおおっ!!!」



夏候覇「…という訳で涼州はもう…」
夏候惇「…なんてこった、そんなことになっていたとは」

135 :名無し曰く、:2008/08/18(月) 18:25:27 ID:wsEgUTy0
夏侯惇「威はLCL化、和は蜀のどこか、恵と恩は行方知れず、見事にばらけたものだな」
夏侯覇「威は……もういないんですね」
夏侯惇「そう気を落とすな。死んだ訳ではないのだろう?」

夏侯威「その通りですよ叔父上」

夏侯覇「(゚Д゚)」
夏侯威「(゚Д゚)」

136 :名無し曰く、:2008/08/18(月) 20:40:10 ID:dYEBqeBK

夏侯覇「( ゚Д゚)…」
夏侯威「?(゚Д゚ )」
夏侯惇「( ゚Д゚)…」

惇「なぜ桜木がそこに…いや、威がここにいるんだ!」
覇「ひぃぃ!威、頼む成仏してくれ!」
十字架やニンニクを首からぶら下げ、銀の弾丸入りの銃や
救急如律令と書かれた札を持ち読経する覇。
威「そんなお化けでも見たような反応しないで下さいよ」

なぜか集いだす夏侯一族であった。

137 :名無し曰く、:2008/08/18(月) 21:25:49 ID:DbIHRkU3
一方夏候淵たちは涼州を抜けた
夏候淵「なんだったんだ!?涼州はまるで黄泉の国じゃないか」
抜けた先は普通の景色だった
夏候淵「威からもう少し詳しいこと聞けばよかったかな」
そして万里の長城付近に到着した
夏候淵「いいか、ここは国境の近くだ、騒ぎを起こさないよう、分散してそれとなく捜索するのだ」

138 :名無し曰く、:2008/08/19(火) 00:34:30 ID:3159NnD/
その頃、洛陽では……

夏侯恵「はぁ、どうしよう……なんでなんだよ……」

女体化した夏侯恵が部屋に引きこもっていた

夏侯恵「こんな姿じゃ外に出れないし……どうしよう……」

139 :名無し曰く、:2008/08/20(水) 13:55:36 ID:HTjzg29k
夏侯恵「どうしよう、これじゃ」

張虎「うほ、いい女〜、やっちゃおー」


夏侯恵「アーーーーー」

140 :名無し曰く、:2008/08/20(水) 15:45:39 ID:uaFZ+5L1
一方万里の長城
魏兵「あ、夏候惇様」
夏候惇「ん?新たな追ってか?」
魏兵「い…いえ、少々込み入った事情で曹操様の記憶が云々」
夏候惇「なに」
魏兵「あと夏候淵様もきております」
夏候惇「…わかった」
こうして夏候惇は保護された
夏候淵と話し合い、夏候覇も釈放された

141 :名無し曰く、:2008/08/20(水) 22:15:51 ID:g6xbv+ys
曹休「よぉし!洛陽についたぞぉ!!」
夏侯和「う……うぅ……」
曹休「情けないなぁ夏侯和は。さてと、百合センサーによれば……」

曹休「この部屋だ!」

ばたんっ!

夏侯恵「だ、誰か助けて…!」
張虎「ふふ、やっぱり恵ちゃんは女の子だったのね」


曹休「百合キターーー(゚∀゚)ーーー!!」

142 :名無し曰く、:2008/08/20(水) 22:29:38 ID:WWu+SEbT
バァン!
曹仁「おい、お前ら!婦女子を手ごめにしようとするとは何事だ!
むしろ俺がしたいくらいだ!」
夏侯恵「なんか言ってるー!?」
なぜか絶妙のタイミングで曹仁登場。
夏侯和「いえ、我々は見ているだけです!」
曹休「そうです。偉い人にはそれが分からんのです!」
曹仁「うるせー!」
漫〇画太郎先生みたいな顔で叫ぶ曹仁。

143 :名無し曰く、:2008/08/21(木) 12:15:21 ID:pfIGoWZs
曹操「ゲ・ゲ・ゲゲゲのゲ〜っと。おおこれは曹休に曹仁、夏候和じゃあないか、一体こりゃ何の出し物だね?」
徐晃「何だか騒がしいなあ。ケンカでござるか?」
司馬懿「何なんだ、まるで蜀軍とケンカでもしてるような騒ぎだな」
楽進「え!何だって!?蜀軍がケンカしに来ただと!?」



李典「大変だ!蜀の大軍が夏候恵殿の寝室に攻め込んでてきたぞー!!皆の者、武器を取れい!!」
卒伯「皆の者、出会え!出会えい!!」

騒ぎがとてつもなく大きくなってしまったようだ…

144 :名無し曰く、:2008/08/21(木) 14:19:52 ID:ZyjDOgQ4
百合どころではなくなった


そして夏候惇たちが戻ってきた
夏候惇「ん?やたら城が賑やかだな」
夏候淵「随分物々しい雰囲気だな」
夏候覇「何かあったのでしょうか」
夏候威「触らぬ神に祟りなし、落ち着くまで町でお茶でも飲んでからにしましょう」


145 :名無し曰く、:2008/08/21(木) 17:09:28 ID:H9i7wYxU
夏侯威はどこぞの蚤の市から買ってきた茶筒を出した。
夏侯惇がそれを手に取ってみると、筒の底にこう書かれてあった。

「いとしいママへ。
 いつもありがとう
       

          玄徳」

なんと、若かりし日の劉備が母に贈った茶だったのだ!


146 :名無し曰く、:2008/08/21(木) 17:22:28 ID:RYPS/cY5
惇「なんだこんなもん」

これを捨てますか?
ニア はい
  いいえ  

これを捨てるなんてとんでもない!

147 :名無し曰く、:2008/08/21(木) 20:55:08 ID:D95qjTTF
惇の部下「じゃあ燃やしますね」

惇「・・・」

148 :名無し曰く、:2008/08/22(金) 00:12:08 ID:3vqf3Vue
部下「しかしえらい昔の日付けだなあ(着火)」


モクモクモクモクモクモク・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

149 :名無し曰く、:2008/08/22(金) 00:34:29 ID:p8M3x9nd
劉備「うっ!」
趙雲「どうしました、殿」
劉備「いや、母が死んだような気がして…」


150 :名無し曰く、:2008/08/23(土) 02:21:09 ID:6AOLxvq6
劉備「それにしても諸葛亮の奴、涼州に行ったきり帰ってこないな」
趙雲「なにかあったのでしょうか?」


151 :名無し曰く、:2008/08/23(土) 09:55:46 ID:06Rjd8w7
兵士「報告!軍師殿その他が戻られました!」
劉備「おお来たか。待っておったぞ。政務が溜まりに溜まっていかん」
趙雲「(それは単に殿がサボっているからでは…)」
兵士「そ…それが、大変なお姿に……」
趙雲「はい?」
バーンと開け放たれるドア。
??「はわわー!ご主人さまー」
少女が扉を開けて飛び込んできて劉備に抱きつく。
劉備「……誰、この童女?お前の子か?」
とか言いながら頭を撫でてやる。
趙雲「そんな訳ないでしょう。殿の隠し子ではないのですか」
劉備「ぬぅ…(心当たりがありすぎて分からん)」
少女「とのー私ですよぅ。朱…諸葛亮ですよぅ」
劉備「そっかー孔明の子かぁ。良かったなぁ嫁さんに似なくて」
孔明「嫁の悪口を言うな!」
劉備の象さん に かいしんのいちげき!

152 :名無し曰く、:2008/08/23(土) 19:57:06 ID:WJ3AfSa6
諸葛瑾 は たおれた!

153 :名無し曰く、:2008/08/23(土) 20:41:00 ID:6AOLxvq6
きょうい「じょーしょー!!」
おうへい「とのー!!」
趙雲「なんなんだ?一体」

154 :名無し曰く、:2008/08/23(土) 21:33:01 ID:JHRnDub3
諸葛亮「実はかくかくしかじか……」
劉備「なにっ!?夏侯淵の軍勢に敗れた上に姜維と王平が使い物にならなくなっただと!?」

きょうい「あばっwあばっwwwあばばばばばばばばばばwwwwww」
おうへい「おちんちんダッシュきもちいい〜wwwwww」

張飛「これはひでぇ……」
劉備「許さん、許さんぞ曹賊め!」

怒り狂った劉備は北伐軍を起こし、漢中から三路より魏領に攻めいった

一方その頃夏侯惇達は……↓

155 :名無し曰く、:2008/08/23(土) 21:45:17 ID:rJLR+7HU
兵卒に格下げされていた

156 :名無し曰く、:2008/08/23(土) 21:55:42 ID:blzq9FuG
そしてよりによって顔までモブにされていた

157 :名無し曰く、:2008/08/23(土) 22:09:44 ID:6AOLxvq6
夏候淵「どうするよ、惇兄」
夏候惇「こうするのだ、オーラオブ夏候惇!」
夏候惇が輝きだした
夏候惇「大将軍!夏候惇!」
曹操「…」
夏候惇「どうした、孟徳」
曹操「どうしたじゃないだろ、さあ、今日も飲むぞ!惇!飲みくらべだ!」
夏候惇「いいだろう(ま、こんなものだ)」
夏候淵「すげぇ」
夏候惇「さあ、淵もやってみろ」

158 :名無し曰く、:2008/08/23(土) 22:30:44 ID:/6eMf60z
夏侯淵「びゃ゛あ゛うま゛いい゛」

曹操「どうした、淵?」

159 :名無し曰く、:2008/08/24(日) 00:11:33 ID:8i1fmCZP
“夏候淵”は“きたない夏候淵”に進化した!

160 :名無し曰く、:2008/08/24(日) 06:22:40 ID:nTlHrHa1
「(なんかやたらにアッーとか言ってたのが懐かしいな…)」と思う徐晃であった。

161 :名無し曰く、:2008/08/25(月) 02:01:25 ID:HcKUqv+V
(やたらみさおみさお言ってたのも懐かしいな・・・)と思う程イクでもあった

162 :名無し曰く、:2008/08/25(月) 07:15:39 ID:uB/h08oz
曹操「わしは三戦板の曹操の1日とは別もんだぞ!」

163 :名無し曰く、:2008/08/25(月) 12:26:45 ID:MBE923qR
伝令「報告!劉備率いる蜀軍がこちらに向かって来ます!」
しかしその報告に曹操は表情を変えなかった。
曹操「丁度いい!我が新しい技の実験台にしてくれる」

164 :名無し曰く、:2008/08/25(月) 13:07:52 ID:D0B0JGvG
曹操「丁度いい!我が新しい技の実験台にしてくれる」
伝令「新しい技…?」

ポワワ〜ン
『曹操「俺の新しい脇を見せてやる!」
買ク「は?」
曹操「くらえ、まそっぷ(超音速火炎斬)!」
どかーん
蜀軍「ぐわぁぁぁ!ごめんなさいもう曹操さまに逆らったりしません」
曹操「ははははは!」』
ポワワワ〜ン

伝令「……ぷっ」
曹操「今お前なにを想像した?」

165 :名無し曰く、:2008/08/25(月) 14:55:46 ID:he3xZ+h9
曹彰「俺にも教えてください、父上」

166 :名無し曰く、:2008/08/26(火) 07:59:37 ID:Da+XfxD6
曹操「ならこうするのだ!まそっぷ!」
蜀軍「ぎゃあああああ!」
伝令「まじ…」

167 :名無し曰く、:2008/08/27(水) 11:32:55 ID:HtZmhG9l
曹操「いざ反撃!!」
劉●スレで勝手に自分の名前を使われていた事に
腹を立てた曹操は、魏軍百万を成都へ差し向けた!

168 :名無し曰く、:2008/08/27(水) 14:15:59 ID:8zcLbirW
成都
諸葛亮「はわわっ!との、敵が来ちゃいました!」
劉備「そうかそうか。孔明は可愛いなぁ」
撫で撫で。
姜維「じょーしょーだけずるいー!」
王平「あばばー」


趙雲「蜀はもう終わりだ…」
馬稷「魏に降伏しますか」
魏延「だが断る」
馬岱「ここにいるぞ!」ザシュッ
魏延「ちょっw」
魏の進攻により、何もしない内に魏延が斬られるなど
蜀では大とんらん(大混乱)に陥っていた。

169 :名無し曰く、:2008/08/27(水) 15:19:35 ID:WooA218Y
「ぬぬぬ、情けない連中ばかり・・・・ここは我が出よう!!」
立ち上がったのは、筋骨隆々、瞳は絶望の闇の如く黒い、全身これ胆の劉禅であった!

170 :名無し曰く、:2008/08/27(水) 16:45:04 ID:vSvAzBZA
グチャグチュビチャ…

劉禅「う゛あ゛ぁ〜」

法正「腐ってやがる……早すぎたんだ!」

171 :名無し曰く、:2008/08/27(水) 19:38:26 ID:oqPVSFin
ラン♪ランララ ランランラン♪
ラン♪ランララ ラン♪
黄忠「その者、長耳、長い手にて黄金の野に降り立つべし…」
ラン♪ランララ ランランラン♪
ラララ ランランラン♪

>劉備の事だろうか…

172 :名無し曰く、:2008/08/28(木) 20:34:36 ID:rq8HBrct
そうこうしている間に成都はほぼ陥落した
諸葛亮「はわわ、と…との〜」
きょうい「じゃうしゃおおぉぇあう!」
おうへい「底辺×高さ÷2!底辺×高さ÷2!イィヤッハー!」

173 :名無し曰く、:2008/08/28(木) 23:52:36 ID:69Wz5ltV
曹操「まそっぷまそっぷ!」
ズガーン!ドカーン!
曹操「ははは!見ろ、人がゴミのようだ!」
趙雲「あ…あっけなさすぎる…」
司馬懿「圧倒的ではないか我が軍は」

174 :名無し曰く、:2008/08/29(金) 06:23:06 ID:l4HxY+V2
劉備「ぬぬぬ…曹操め、仕方ない!涼州に逃げるぞ!」
諸葛亮「はわわ、殿!涼州は駄目です!今涼州は危険です!」


175 :名無し曰く、:2008/08/29(金) 09:51:22 ID:p46lVGcx
涼州でイった劉備

176 :名無し曰く、:2008/08/29(金) 11:41:00 ID:2sS+9Agf
曹操「俺の言うことは正しい。俺の成すことも正しい」

177 :名無し曰く、:2008/08/29(金) 19:56:48 ID:JEB0yWaO
劉備「俺の言う事も正しいぜ」
孫権「俺も俺も俺も!」

178 :名無し曰く、:2008/08/29(金) 20:41:15 ID:xDcfsy9S
袁術「俺も俺も!母さん俺俺!」

179 :名無し曰く、:2008/08/29(金) 21:51:51 ID:l4HxY+V2
袁術、オレオレ詐欺で逮捕

180 :名無し曰く、:2008/08/29(金) 22:35:52 ID:FEZ706UV
回想
袁紹母「はい、もしもし」
袁術「もしもし?母さん俺だよ俺!」
袁紹母「え?本初かい?」
袁術「そうだよ」(ドキドキ)
袁紹母「どうしたんだい。あの宦官連中を皆殺しにしたときにすら連絡もなかったのに」
袁術「それがさあ…、ちょっと馬で人を跳ねちゃってさー」
袁術は示談金十万貫を払ってくれないかと袁紹母に。
袁紹母は営亭江務(えいていえむ、民明書房以下略)に振込もうとした。
念のため袁紹に電話をしてみたら、袁紹は官渡の敗戦で
寝込んでいたことが分かり未遂で済んだ。


181 :名無し曰く、:2008/08/30(土) 00:24:04 ID:829MflZF
袁術容疑者は取り調べに対し、「ハチミツを買う金が欲しかった」と供述している。

182 :名無し曰く、:2008/08/30(土) 13:59:45 ID:OAHxLctM
一方諸葛亮の制止を聞かず、涼州に入り込んでしまった劉備は

183 :名無し曰く、:2008/08/31(日) 07:45:58 ID:4wJfu/wm
劉備「ここが涼州なのか!?まるで地獄だ」
趙雲「…!…!?」
劉備「どうした趙雲?」
趙雲「…何かとにかく大勢の人に見られている気がして」
劉備「そういえば…誰もいないのにこの突き刺さる視線はなんだ!?」

184 :名無し曰く、:2008/08/31(日) 09:59:15 ID:d8bjNSNS
ピキーンと額に稲妻が走る劉備「むむっ…俺の第六感が告げている、なんかヤバい」
趙雲「え?」
劉備は度重なる生命の危機によりニュータ〇プに目覚めていたのだ。
そしてその脇でガタガタと震えている諸葛亮と姜維。
王平「(上底+下底)×高さ÷2!円周率はおよそ3!」

185 :名無し曰く、:2008/08/31(日) 12:37:58 ID:4wJfu/wm
ふと王平があさっての方向に向かって手を振っている。
劉備「どうした王平?」
劉備はその方向に目を向けると人のようで人でない白い何かがくねくねと蠢いていた
劉備「何だ?あれは」
趙雲「さあ…」
ミツメテハイケナイ
ミツメテハイケナイ
ニュータイプの感が告げる


曹操「そうか、涼州はそんなことに」
夏候淵「自分も威に会わなかったらどうなっていたかわかりません」
曹操「うむ、成都も落としたし、帰るか」

186 :名無し曰く、:2008/08/31(日) 16:46:59 ID:HzKR2JFS
趙雲「殿、私が見てきます」
趙雲はそういって白いモヤに近づいていった

187 :名無し曰く、:2008/08/31(日) 16:52:28 ID:cRax0P9u
趙雲も一緒にくねくねしだした

188 :名無し曰く、:2008/09/01(月) 09:38:39 ID:DX9/hHv6
劉備「(((゜д゜;)))ガクブル」
趙雲「うへはははは!!」
趙雲は怪しい笑い声をあげた
諸葛亮「はわわ〜」

189 :名無し曰く、:2008/09/01(月) 18:14:36 ID:CbAIavRx
曹仁「趙雲殿!これでも見て落ち着きなされ!」

曹仁が突然脱ぎ出した。

趙雲「はうあっ!!」

趙雲、ショック死

190 :名無し曰く、:2008/09/01(月) 19:01:35 ID:QfsTkg5T
曹操「ぬぅ…いかん、歴史が修復不能な地点まで来ている…」
曹操は夢オチに期待して布団を布きだした。

191 :名無し曰く、:2008/09/01(月) 19:55:28 ID:+lzMEQ6R
一方、魏軍百万と合流する筈だった孫権はと言うと…

285 名無し曰く、 2008/08/26(火) 23:30:36 ID:JD85tud/
大量のうんこときゅうりは孫策が残さず処理した。
その一方、太陽の彼方に吹き飛んでも劉備と孫権は闘っていた。
孫権「ぅううっ・・・ぐふぅあああっ・・・!ぐぬぬぅうっ・・・!
りゅ、劉備、劉備ィっ!よくもぉ!ぐううぅ・・・!」
劉備「くっ!孫権め我が究極奥義ショク式劉ビームマンモレスをまともに食らって、まだ生きているとは・・・
撃った俺でさえ反動で体がもうガタガタだというのに。
しかしヤツがダメージで動けない今がチャンスだ!
た、頼む!俺の脚よ!腕よ!あと数秒間だけでいい、俺に付き合ってくれや!!」




夏候惇「そういや呉軍五十万はまだ到着せぬか?」
夏候淵「なあに、今頃のんびり宿でも取ってるんだろう♪」

192 :名無し曰く、:2008/09/02(火) 13:23:00 ID:4Egfh6kf
夢オチを期待した曹操。だが朝起きると、全てが現実だったと知り、絶望する。
その証拠に曹操はオネショをしていた。
卑弥呼「オネショするような悪い子はウチがいてこましたんねん!」

193 :名無し曰く、:2008/09/02(火) 15:49:48 ID:W90vnCqc
と、そこへ長宗我部元親が現れた
元親「元気がないな!そんな時は唄だ!俺の唄を聴けぇ!」
ベンベンベンベン




卑弥呼「な…なんや突然!」
曹操「そうか、儂はもう駄目なのか…」
卑弥呼「え!?」
元親「俺は死神じゃねぇ!」

194 :名無し曰く、:2008/09/02(火) 16:48:41 ID:JjVhSmWf
曹操「卑弥呼や……儂が死ぬ前に我が一族に伝えて欲しいことがある……」
卑弥呼「曹操ちゃん、そんな事言わんで!」

曹操「“リセットボタンは韓遂が持っておる”……しかと伝えたぞ」

ガクッ

卑弥呼「そ、曹操ちゃん!?」
元親「え?マジで!?」

曹操死去


195 :名無し曰く、:2008/09/02(火) 18:24:08 ID:VBUgAzrB
夏侯恩「ぺっ…砂だらけだな…。ん?なんだコレ」
やりなおしと書かれたリセットボタンを拾った恩。
裏返すと[そうそう]と平仮名で名前シールが貼ってある。
夏侯恩「おもちゃかよ。しっかしココは何処だ?」
恩はあのゴタゴタで西域まで吹っ飛んでいたのだ。
韓遂「うぅ…あれ?俺は……」
そこには腕の生えたキレイな韓遂(例のジャイアンのノリ)もいた。

196 :名無し曰く、:2008/09/02(火) 22:43:50 ID:4Egfh6kf
その頃魏では…
曹操死去の噂を聞いた曹丕が、国をあげた盛大な祭りを行っていた。

197 :名無し曰く、:2008/09/03(水) 01:23:25 ID:7Ctf4TcO
司馬懿も喜んで首をグルグル回していた。

198 :名無し曰く、:2008/09/03(水) 03:36:31 ID:OWwKxYeM
曹丕「ふっ…何やら楽しそうだな仲逹よ…ところでふと一句思いついた
『父の曹魏で父の葬儀』
どうだ仲逹よ。最高のデキであろう」

199 :名無し曰く、:2008/09/03(水) 07:40:23 ID:xs0gEKfQ
>>197
後のヘッドバンキングである

200 :名無し曰く、:2008/09/03(水) 10:55:38 ID:uPHZmHaF
一方涼州の劉備は

劉備「うへへへ…」
趙雲「うへはははは」
きょうい「ぢょーしょー!!」
おうへい「半径×半径×3.14!!」
諸葛亮「はわわ〜みんなおかしくなっちゃった」

201 :名無し曰く、:2008/09/03(水) 11:00:52 ID:vEOrktl4

???「久しぶりに帰ってきたら騒がしいなぁ。なんかあったの?」
町人1「おう、なんでもあの大殿が死んだってウワサだぜ」
???「え?」
町人2「今はご長男の曹丕様が盛大な祭りを催してる最中さ」
町人3「まぁ人気取りだな」
町人1「人気ねぇの分かってるから必死なんだろうよww」
町人3「ちげぇねぇw」
???「へぇ……丕がねぇ」
町人2「しっかしあんた大殿に似てるな」
町人3「そういやそうだな」
町人1「んだんだ」
???「そうかな……はは……」
愛想笑いを浮かべながら人混みに消えていくのは。
曹操「あのあと偶然生き返ってみたはいいものの、大変なことになっとるがな」

202 :名無し曰く、:2008/09/03(水) 11:35:02 ID:N+CW2eF7
曹植「魏王になりたいなー」

203 :名無し曰く、:2008/09/03(水) 11:46:17 ID:sFSIZ5+Y
元親「どうする?魏王よ」
曹操「ふむ、我が一族がリセットボタンを見つけ、全ては元に戻ると思っていたがな……」

元親「ならば涼秋に向かうか?」
曹操「うむ、子桓があれでは心もとない……ならば儂自らリセットボタンを押すのみよ」
元親「上等、鳥無き島の蝙蝠が手を貸してやる……凄絶にな」

204 :名無し曰く、:2008/09/03(水) 15:50:36 ID:uPHZmHaF
初めて相手にしてもらって張り切っている元親だった

205 :名無し曰く、:2008/09/03(水) 17:31:37 ID:vEOrktl4
元親に「普段目立たない奴が目立つと死ぬ」という死亡フラグが立った模様

206 :名無し曰く、:2008/09/03(水) 17:35:15 ID:OWwKxYeM
卑弥呼「曹操ちゃんなんで生き返っとるん!?元親ちゃん死ぬん?」
状況が読めてない卑弥呼

207 :名無し曰く、:2008/09/03(水) 20:33:05 ID:uPHZmHaF
曹操「よい、卑弥呼よ、儂らはこれからリセットボタンを探す旅に出る。一緒に来るか」
卑弥呼「…うん」

208 :名無し曰く、:2008/09/03(水) 20:45:33 ID:N+CW2eF7
卞皇后「実家に帰らせて頂きます」

209 :名無し曰く、:2008/09/03(水) 22:03:32 ID:5igbk39U
曹操「旅の支度をしなければ!おい!惇よ!」
夏侯惇「何だ!孟徳?」
曹操「コンビニ行ってぺヤング(大盛り)とマミー(500mml)とデラびっぺん買ってこいや!」
夏侯惇「はぁ?なんで俺が?」

210 :名無し曰く、:2008/09/04(木) 01:11:12 ID:gOqXjPvs
夏候惇「っていうかそんなものでいいのか?」

211 :名無し曰く、:2008/09/04(木) 01:16:07 ID:XZdiYkrE
曹仁「殿…そのような年端もいかぬ娘を連れてどこへ行くのですか?ひょっとして殿はロ〇コンですか?」

212 :名無し曰く、:2008/09/04(木) 02:31:33 ID:Xv62lKG4
曹操「うん」
一点のけがれのない顔で。
曹操「わし…この旅が終わったら二喬と卑弥呼をはべらせて
銅雀台で静かに暮らすんだ…。店を開くのもいいな」

213 :名無し曰く、:2008/09/04(木) 02:43:44 ID:9DC597ME
夏侯淵「なぁ惇兄ぃ」
夏侯惇「どうした?淵」
夏侯淵「曹仁の野郎泣いてないか?」
夏侯惇「まさかw………まさかっ?!」
そのまさかである。曹仁と曹操はデキてたのである
曹操を小娘に取られた曹仁の悲しみと怒りは涙となって頬をつたっていた

214 :名無し曰く、:2008/09/04(木) 07:22:00 ID:xGCOrKAX
曹休「ホモきめぇぇぇぇぇぇぇぇぇっ!」

夏侯惇「おま、いつの間に……」

曹休「もうだめだよ。棒がある時点で見てらんない。やはり美しいのは女同士の愛の営み、すなわち百合だ!!」

夏侯淵「まぁ気持ちはわからんでもないが」

曹休「女同士の営みを見てると胸の奥がきゅーんとなるんだ。もうなんていうかあぁなんとも言えない!!」

215 :名無し曰く、:2008/09/04(木) 08:33:27 ID:zsLZ6kDI
曽丕「(ホモ好きが腐女子と腐男子ならレズ好きはなんだろう)」

216 :名無し曰く、:2008/09/04(木) 09:47:16 ID:bH8Jr/kZ
その頃劉備スレでは夢落ちが強行された。

このスレに対する影響とは↓

217 :名無し曰く、:2008/09/04(木) 11:11:00 ID:XZdiYkrE
特に影響は無く、話は普通に進む。

そして、ここに曹仁よりも深い哀しみに陥っている男がいた。
そう、長曽我部元親である。
元親「さっきからずっと居るのに、誰も気付いてくれない…」

もちろん、彼がそんな事を思っているなど誰も知る由はなく、話は進む。

ベンベンベン…

218 :名無し曰く、:2008/09/04(木) 11:39:14 ID:Xv62lKG4
信親「父上…私がいるではありませぬか。いざとなれば盾代わりにもなりまする」
元親「信親…。そうだよな…」
うつむく元親。
信親「父上…」

元親「お前やたらタフだもんな!刺されたくらいじゃ死なないよな!アホだろ!」
笑顔でバンバン!と信親の背中をたたく。
べべーん


曹操「なんだこのビジュアル系な首つり死体は」
夏侯惇「さぁ。三味線の弦で首を絞められているようだな」

219 :名無し曰く、:2008/09/04(木) 12:06:30 ID:gOqXjPvs
一方リセットボタンを持っている韓遂は

夏候恩「あーあ、また派手にやっちゃって」
韓遂「理由はどうあれ馬超を許す訳にはいかなかった。片腕のない状態で馬超に勝つにはあれしかなかった」
夏候恩「…」
韓遂「むっ、それはリセットボタン」
夏候恩「え?これ?」
韓遂「曹操から預かっていたんだ、返してくれ」
夏候恩「…押した方が良くない?」
韓遂「駄目だ!馬超がまた蘇る!」
韓遂はリセットボタンを奪った

220 :名無し曰く、:2008/09/04(木) 23:14:55 ID:6BLMgU6/
曹操「うむ!天気晴朗ナレドモ浪高シ!!」

221 :名無し曰く、:2008/09/05(金) 03:25:44 ID:bcoqdmoq
夏侯惇「孟徳ー!折角コンビニまで買い出しに行ってやったんだ!さっさと旅に出んかー!」

曹操「そ、そうであった・・・じゃあ、一緒に旅に出ましょうね〜ん卑弥呼ちゃ〜ん☆」

卑弥呼「うん!」

曹仁「殿・・・私めも共に」

曹操「曹仁よ。お前とはもう終わった関係なのだよ」

曹仁「!?」

元親「・・・(また仲間外れか)」

222 :名無し曰く、:2008/09/05(金) 05:18:35 ID:7ymSAMHn
曹仁「そ、そんなぁ…」
曹仁はまた泣いた

曹操一行が旅だって早1時間
やがて、泣き疲れた曹仁は1つの答えにたどり着く
曹仁「………リセットボタン!リセットボタンを殿より早く奪い取り
殿と激しく愛しあったあの夜まで、あの夜までリセットすればいいんだ!
邪魔するものは切る!それが例え殿であろうと…」
狂気と化した曹仁はもはやは誰にも止められない。曹仁は%

223 :名無し曰く、:2008/09/05(金) 07:15:08 ID:44rM2tZE
曹仁は風のように駆けた。馬が潰れ、体中傷だらけになりながらも、その速さは落ちることはなかった。

そして

曹仁は

風になった

224 :名無し曰く、:2008/09/05(金) 09:37:13 ID:225GMTUl
曹仁「赤兎を超える!」
曹仁のスピードは尋常ではなかった

225 :名無し曰く、:2008/09/05(金) 10:11:56 ID:4GA7x/Ix
夏侯淵「俺の通常速度はもう少し速い」

226 :名無し曰く、:2008/09/05(金) 13:53:56 ID:dfaEcwVE
そして曹仁は死んだ。
光と人間の中間になり、中元に吹く熱き突風として永遠に地上をさまようのだ。
速度を落としたくても止まれないので、その内曹仁は考えるのをやめた。
バァーーン………

227 :名無し曰く、:2008/09/05(金) 14:06:36 ID:bcoqdmoq
間もなくして曹仁の死は曹操にも伝わった。
伝令「伝令ー!曹仁殿死去!」
曹操「曹仁?誰ソレ?」
卑弥呼「曹操ちゃん。そんな事よりも、早よジェンガの続きしよー!」
元親「次は俺の番だな」
曹操「いや、お前も誰だよ」

…その頃曹休は…
曹休「(卑弥呼×ガラシャも悪くないな…これは百合界の革命だ)
夏侯和!夏侯和は居るか!?これより倭国へガラシャを捜索へ出るぞ!百合界の未来の為に!」


228 :名無し曰く、:2008/09/05(金) 15:46:18 ID:225GMTUl
『父の命により買い物に行かなければなりません。
探さないで下さい
夏候和』

229 :名無し曰く、:2008/09/05(金) 17:46:53 ID:bcN8yNBd
しばい「一瞬ホラー路線になってびびた。」

230 :名無し曰く、:2008/09/05(金) 22:47:25 ID:Ma3ZSv2v
曹操「ええい!ガチホモだの、百合だの、キモい!こりより魏ではホモ、レズ、及びそれらの行為を助長する出版物の出版を禁止する!
   また、同人誌はすべて焼却、作者は刑罰に処す。また鶏姦(アナル)行為を行った者は、男女問わず有罪とする。陛下、勅令をお願いします。」
献帝「・・・・・・」


231 :名無し曰く、:2008/09/05(金) 23:18:36 ID:dfaEcwVE
帝「そんなことより私は自由になりたいのだ!私がなにしようと…自由だァー!」
帝はいきなり叫びだし宮廷の庭の方へ走り去った。
曹操「み…みかど?」
帝は良いようにただ勅命を出す、書類に判を押すだけのような日々により
ストレスが溜まっていたのだ。
女官「帝がご乱心を!」
宦官「だっ…誰か帝を止めてーッ」
爆走中の帝「ははははは!もうどーにでもなーあれ!」
キラッ
帝「うん…?向こうから何か来…あべしっ」
帝は今は突風と化した曹仁に跳ねられ重傷を負った。

232 :名無し曰く、:2008/09/06(土) 17:46:23 ID:V9yRv/gF
曹操「…帝はもう駄目だな」
曹操はリセットボタンを探す旅に戻った

233 :名無し曰く、:2008/09/06(土) 18:41:42 ID:t0t4b270
しばらく洛陽を歩いていたら


○←リセットボタン

を発見した曹操

押しますか?

はい
いいえ

234 :名無し曰く、:2008/09/06(土) 21:19:04 ID:eOB8D2jw
曹操「韓遂が洛陽まで来るはずがない。このボタンは偽物であろう」

卑弥呼「すっごーい!さすが曹操ちゃんや!」

曹操「ふふん♪」

上機嫌になる曹操

元親「……」ベベン

そして、やはり気付かれない元親

235 :名無し曰く、:2008/09/06(土) 22:24:57 ID:V9yRv/gF
元親の役目
BGM

曹操「飯を食いにいくぞ」
BGM『楽しい食事』

曹操「町を出るぞ」
BGM『遥かなる旅路』

曹操「曲者だ!皆!武器を取れ!」
BGM『かかってきやがれ!』

236 :名無し曰く、:2008/09/06(土) 23:17:26 ID:mDtTV/Eo
曹操「ぐぅう!」
曲者「死ねー!」キィン!
元親「うぉぉー」ギュイィーン!
夏侯惇「ぬん!」ザシュ!
曲者「ぎゃああ!」
曹操「元譲!」
夏侯惇「孟徳!」

わーわー!
元親「……」べーん…

敵にも無視される元親
BGM『俺に捧ぐ鎮魂歌(レクイエム)』べべーん

237 :名無し曰く、:2008/09/07(日) 01:39:59 ID:VE69uReM
元親は言った
元親「このままじゃ曹仁殿は風に、おれは空気になってしまう…」ちょっとうまい事を言ったがやっぱり誰も聞いていなかった

238 :名無し曰く、:2008/09/07(日) 02:54:13 ID:gFkiAmqv
卑弥呼「曹操ちゃーん、なんや今急に寒くなったんやけど…」
曹操「何?寒いとな?ワシが暖めてやろうかニヤニヤ」
卑弥呼「あー!曹操ちゃん、ウチの事いやらしい目で見てる!」
元親「(イジメか!?もう故郷に帰ろうかな…)」

239 :名無し曰く、:2008/09/07(日) 08:06:46 ID:ku63vTRY
一方その頃

夏候恩「…とりあえずここから離れないか?」
韓遂「そうだな」

240 :名無し曰く、:2008/09/08(月) 12:25:15 ID:mukYxL2X
元親「はあ…」
元親はBGMに飽きてきた
ぐぅ〜…
腹が減ってきた
卑弥呼「元親ちゃん、あめ玉食べる?」
突如元親は涙を流した
卑弥呼「ど…どうしたん?泣くほどお腹空いてたん?」


241 :名無し曰く、:2008/09/08(月) 14:10:34 ID:KYIVZefQ
元親はただギター…いや三味線をかき鳴らした。
その音色は聞くものすべてが涙したという。

物陰の信親「父上…ついに奥義を会得したのですね…父上ぇぇぇ!」
感涙し走り寄る信親。
元親「フォォォウ!」
テンションが頂点に達した元親は締めに三味線を叩き付けたが
走り寄ってきた信親をぶん殴る結果になった。
元親「見ているか信親…俺はやったぞ…!」
爽やかに空を見上げる。
注・元親は足元に倒れ頭から血を流す人物に気づいていません。

242 :名無し曰く、:2008/09/08(月) 15:47:09 ID:h9IPkxE6
曹操「卑弥呼や。いったい誰と話していたのだ?」
卑弥呼「ううん。ちょっあと恵まれないおじさんを構ってあげただけや」

243 :名無し曰く、:2008/09/08(月) 21:27:11 ID:mukYxL2X
夏候惇「もっと恵まれないやつがそこに倒れているがな」

244 :名無し曰く、:2008/09/09(火) 01:37:30 ID:YKmeVBtH
元親「こんなはずじゃ無かった…おれは取り返しのつかない事をしてしまった…」
足下に転がってるそれ(信親)を見てつぶやいた
信親はすでに絶命していた
元親「もう嫌だ…もう…」
やがて


信親は



風になった

245 :名無し曰く、:2008/09/09(火) 02:55:05 ID:YKmeVBtH
スマソ!w
↑を最後信親じゃなくて元親でお願いします

246 :名無し曰く、:2008/09/09(火) 03:06:56 ID:CdQF5LLR
信親『わたしの〜お墓の〜ま〜えで〜』
空に浮かぶ信親。
元親「うわぁぁあ!」



曹操「あの息子死なないのがウリだったのにな」
夏侯惇「っていうか本当に死んだのか?」
卑弥呼「なんやピクピクいうてるけど」

元親「お前に捧ぐ凄絶葬送曲(ロード)第一章」
ちなみに第十章まである。


247 :名無し曰く、:2008/09/09(火) 13:24:12 ID:qiF89lzP
だが勿論誰も聞いていなかった。
元親「そうだ…リセットボタンさえあれば信親が生きていた頃…いや、俺が人気者だった頃まで戻れるんじゃあ…」

248 :名無し曰く、:2008/09/09(火) 20:25:38 ID:8aQn8y00
元親「もうBGMでも空気でもいい、必ずリセットボタンを探し出すぞ」
曹操「(ふふふ、ようやく悟ってきたな)」

249 :名無し曰く、:2008/09/10(水) 19:06:50 ID:I/F9f8w2
バックにBGMを流しながら曹操の旅は続いていた
途中卑弥呼の提案で茶屋に寄った
BGM『峠の茶屋』
先客がいた
韓遂と夏候恩だ

250 :名無し曰く、:2008/09/10(水) 19:24:36 ID:lfkF9GwB
そして、最近人を斬っていないので飢えている佐々木小次郎もいた
小次郎「斬りたりないよ!」
韓遂「うぎゃあああ!」

251 :名無し曰く、:2008/09/10(水) 20:23:04 ID:ZnuN48l+
武蔵「てめぇ!」
茶屋に武蔵もいた。
武蔵「そんなのは違うって言ってるだろ!」
小次郎「ふふふ…やるのかい?」

韓遂「し…しぬ…」
夏侯恩「え?死人でるのコレ?」

十分後
武蔵「やるな!無双の剣に相応しい相手だぜ!」
小次郎「あぁ…武蔵…ますます君を斬りたくなったよ」
BGM『激闘』べべべべん
曹操「主人、世話になった」
店長「へい」
夏侯惇「釣りはいらん」
韓遂「うぅ…恩…俺は、もう駄目だ…馬超…」ガクッ
夏侯恩「韓遂?韓遂ー!」
BGM『さらば宿敵、韓遂暁に死す』

韓遂のフトコロからこぼれたモノを拾う卑弥呼
「なんやこの凸型のオモチャは?」

252 :名無し曰く、:2008/09/10(水) 21:09:07 ID:a9E/xGAN
劉備「スレなくなったから遊びに来た」

孔明「凸?何でしょうか…」

253 :名無し曰く、:2008/09/10(水) 21:44:30 ID:YWmBi6Ul
シバイ「汚物は消毒だ!」

劉備と孔明は消滅した

254 :名無し曰く、:2008/09/10(水) 23:29:37 ID:aXe5Ce0P
曹操「おお!玄徳殿!久しぶりに飲みましょうや!」
曹操は酔っていた!

255 :名無し曰く、:2008/09/10(水) 23:38:57 ID:pPHanJwj
曹操「関羽!関羽!会いたかったぞぉぉぉおおお!」

関羽に抱きつく酔っ払い曹操

256 :名無し曰く、:2008/09/11(木) 01:29:41 ID:JjhXT2JT
一方曹丕は今だに曹操が死んだと勘違いしていた

曹丕「ふふ・・・父の死を名目に盛大な祭を開いたのだ。民からの私への支持はうなぎ登りだろうな。これで魏は完全に私のものだ
仲達よ!いつまで頭を降っているのだ!使えん奴め!」

257 :名無し曰く、:2008/09/11(木) 02:02:14 ID:No1O+4I1
曹植「父が亡くなり曹丕兄が今は魏の王…だが…」
カク「何を考えておられる?」
曹植「父の事を、な…やはりと言ったところか…兄者は偉大なる父、曹操にはなれない」
(偉大なる父、曹操「卑弥呼ちゃ〜ん、チュッチュしよ〜」)
曹植「よしっ!カク、私はこれからリセットボタンを探す旅に出る。後は任せた」

258 :名無し曰く、:2008/09/11(木) 06:22:16 ID:r0lLcn01
卑弥呼「なあ、これなんやろか」
夏候惇「これは…リセットボタンか!!孟徳!リセットボタンだぞ」
曹操「なに、おお、そんなところに」

259 :名無し曰く、:2008/09/11(木) 11:05:02 ID:5FncB18C
曹操らが重大な発見をしていたころ、祭りが五日目に突入していた都は。
曹丕「民感謝祭…豊作祭り…めでたくて瑞祥が顕れたよ祭り…
もう曹丕様が皇帝にふさわしいんじゃないの祭り…
うぅむ…そろそろだが、このあとに続く祭りの名が思いつかん…」
曹丕は祭りを開催する一方で何かを画策していた。
町人「なぁ、なんか祭りの名目が変わってきてないか?」
酔っ払い「あぁ〜?そうかぁ?」

そのころの曹休「そうか…百合がないなら自分が女になれば良いのだ!」

260 :名無し曰く、:2008/09/11(木) 18:15:03 ID:zLRWF7bg
女になるにはフィリピンへ行くのがいいのだが、
フィリピンは遠いので南蛮で手を打とうかと思う曹休だった。

261 :名無し曰く、:2008/09/11(木) 20:35:07 ID:8a8nRAEr
運良く南蛮にはダーマ神殿があった

262 :名無し曰く、:2008/09/11(木) 20:52:38 ID:5FncB18C
職業の一例
兀突骨(藤甲兵、妖怪)
飛頭(妖怪)
宦官(以後転職不可)
名族(要金)
皇帝(なるのが凄く難しい)
仙人(一度死ぬ必要がある)

263 :名無し曰く、:2008/09/11(木) 21:42:43 ID:zLRWF7bg
職業続き

狼顧(首が後ろまで回って上司に嫌われる)
叛骨(カボチャ頭の上司に嫌われる)
美女(ヘソに刺した芯が三日燃えるぐらいのデブに抱かれなければならない)


264 :名無し曰く、:2008/09/11(木) 21:59:23 ID:r0lLcn01
曹休「ろくなのねぇ!」



曹操「よし、リセットボタンスイッチオン!」
カチッ

265 :名無し曰く、:2008/09/11(木) 23:11:55 ID:8vL3NK6y
6:26起床
曹操「おっはー」

266 :名無し曰く、:2008/09/11(木) 23:16:24 ID:8a8nRAEr
6:40
ウサギ跳びをしながら朝議に向かう曹操

267 :名無し曰く、:2008/09/11(木) 23:45:38 ID:7OGaHRHZ
6:42
朝議に向かう途中
夏候惇と朝の挨拶を交わす
『おはよう』

268 :名無し曰く、:2008/09/12(金) 01:02:45 ID:DrFY6nIi
曹操「あたたかだな、惇」
惇「なにをいうか、まだ寒……」

269 :名無し曰く、:2008/09/12(金) 06:03:02 ID:vS5v74zc
7:00
朝議始まる
今日のお題は↓

270 :名無し曰く、:2008/09/12(金) 07:38:10 ID:wwyblwt3
7:05
居候の劉備の扱いについて

271 :名無し曰く、:2008/09/12(金) 07:42:30 ID:vS5v74zc
張コウ「ここはやはり美しい犬小屋を建ててあげて…」
夏候淵「(犬小屋!?さりげなくひでぇ)」

272 :名無し曰く、:2008/09/12(金) 10:01:05 ID:yKu0Qwwm
曹操「まて、犬小屋はないだろう。彼はわしと同じAUだ。ん〜でもDoCoMoにしようかな〜」

なにか意味が違うことをのたまう曹操。

273 :名無し曰く、:2008/09/12(金) 12:43:59 ID:WbNqJVYe
劉備スレが戻ったので、劉備はさっさと帰って孫尚香とヨロシクやっていた

274 :名無し曰く、:2008/09/12(金) 14:30:57 ID:Ec7S3ERc
結局朝議は曹操がこれからずっと全裸で暮らすという事で決着がついた

275 :名無し曰く、:2008/09/12(金) 14:39:14 ID:wwyblwt3
9:30
息子達の勉強の様子を見に行く(全裸で)

276 :名無し曰く、:2008/09/12(金) 16:01:28 ID:BcNfBnaJ
9:50
兵の調練を開始(全裸で)

277 :名無し曰く、:2008/09/12(金) 17:14:48 ID:yKu0Qwwm
10:30
朝練終了後、その足で婦人連中をからかいに行くも誰かの嫁に鼻で笑われる。

69 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)