5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【制服と】菊地真 38やーりぃ【眼鏡と】

209 :SS:2008/08/05(火) 09:49:02 ID:XADOoTIF0
P「真、前にメールでビリヤードしたって言ってたな」
真「あ、覚えてました?遊びとしては面白いですよね」
P「というわけで今日のレッスンはビリヤードだ。ゲスト出演するバラエティ番組で勝負するらしい。無様な所は見せられないぞ」
真「はい!わかりました!」

ビリヤードバーにて・・・
P「今度のバラエティではナインボールをするらしい。ルールはわかるな」
真「1番から当てて行って9番を落とした方が勝ちですよね。プロデューサー、真剣勝負ですよ!」
P「真剣勝負だな。わかった。まずはブレイクショットからだ。レディファースト、真からな」
真「よーし・・・、たぁっ!」
強烈なブレイクショット!2番がポケットに吸い込まれた。
P「ナイスブレイク!2番が入ったからまた真の番だな」
真「へへーっ、えーと、的玉は1番ですね。・・・あ」
P「見事に隠れてるな・・・クッション使って当てるしかないな」
真「うー、こんなものかな・・・」
コツン。自身なさそうに撞いた手玉はクッションに当たるも狙いと違った方向へ・・・。真のファウルだ。
P「じゃ、俺の番だな。手玉をここにおいてっと。」
真「あれ?そこじゃ1番当てられないんじゃ」
P「ふふ、ここで良いのさ」
俺は5番を当てて1番に密着させた。
真「・・・?ファウルですよね?じゃボクの番・・・ってあれ?」
P「・・・」
4つのボールでがっしりと1番はガードされている・・・どうやっても当てられそうにない。
真「ど、どうすればいいんですか、これ」
P「真剣勝負なんだろ。自分で考えるんだ」
真「うーんうーん。ジャンプさせるのかな・・・?」
どうやら思いついた様だ。真は手玉を置くと何度も撞く練習をしている。
真「えいっ」
真は手玉の下を強く撞いてジャンプショット!しかし当たったのは1番に密接した8番。またファウルだ。
真「ううー、失敗だ」
P「残念だったな、じゃ、俺の番だ」
8番が動いたおかげで1番を当てる事ができるポジションが開いた。が・・・。
真「え?プロデューサー?今度は8番を・・・?」
P「・・・」
こつん・・・。8番をまた1番に密着させる。俺のファウル。真の番だ。
真「ううープロデューサーのいじわるぅ」
P「真の番だ。頑張れよ」
真「・・・」
またジャンプショットを狙っている真。もうその方法しかないが。
真「よしっ」
意を決して真をジャンプショットを敢行!浮いた手玉が緩い放物線を描く。
P「おお?」
だが、真の撞いた手玉は1番に当たる前に5番にかすってしまった。
真「くっそー、また駄目かぁ」
P「これで3回連続ファウルだな。俺の勝ちだ」
真「えええええええ?そ、そんなぁ」
P「これも戦術だからな。真も真剣勝負って言ったろ。俺は本気で勝ちに行ったぞ」
真「うーん、でもなんか、すっきりしないです」
P「ま、こういう勝ち方もあるってことさ。オーディションでも審査員を帰してしまう方法だってあるだろ?」
真「あ、そうですね。なるほど・・・」
観察して機を見てルールをフル活用する。まっすぐなのも良いがこういう道もあること、真は学んでくれただろうか。
------------------------------
なんか乗り遅れてるけどキニシナイ。つーか真のコロコロ変わる表情想像したら死ぬ

207 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)