5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

歴代テイルズ共演スキットを妄想するスレ Vol.3

1 :名無したんはエロカワイイ:2008/02/03(日) 08:24:20 ID:DO6VvyqS0
スパーダ「よゥ!元気かテメーら!このスレも遂に3スレ目に突入だぜ!」
イリア「このスレは歴代テイルズキャラの掛け合いを妄想するスレ。
    その名も”歴代テイルズ共演スキットを妄想するスレ”よ!
    って何よソレ!そのまんまじゃん!」
ルカ「自分で言ったくせに…。それにスレタイはシンプルな方がいいよ。
   その方が見付けやすいし…。」
イリア「うっさいわねー!言ってみただけよっ!」
ルカ「…………」
スパーダ「んまあ、ンなコトどうでもいいからよ。このスレの注意事項でも説明してくれよ。」
ルカ「…やっぱり僕がやるんだね。それじゃあ詳しくは下を御覧ください。」

【このスレでの注意時事項】

・良いネタには賛辞のレスをしてあげてください。良くないネタはスルー(もしくは優しいアドバイス)を。このスレの基本だよ。
・未プレイの作品のキャラは無理に出さない方がいいかも。性格や口調が違うと不快になる人もいるからね。
・ネタを思いついたら自信がなくても投下しよう。結果、叩かれても次回頑張れば大丈夫。
 何故なら輝かしい未来があなたを待っているのだから。
・声優ネタは自重してね。専用のスレもちゃんとあるみたいですよ。
>>950-979辺りで一人5〜10票位で投票、上位10作品程を選んで次スレでテンプレとして紹介します。次スレは>>980が建ててね。
・私とマリーさんの絡みは大歓迎だ。作り手にはファンダリア王家が全面的に協力しよう。

ルカ「大体こんな感じかな。最低限のマナーを守ってみんなでこのスレを盛り上げていこうね。
   ちなみに前スレはhttp://game13.2ch.net/test/read.cgi/gamechara/1190897455/です。」
イリア「んん?今、変なの混ざってなかった?」
スパーダ「いやいや、ンなコトどうでもいいからよ。面白い話でも貼ってくれよ。」
ルカ「分かってるよ。それでは皆さんまずは前スレの優秀作品をお楽しみください。」
イリア「あっれ〜?私の勘違い?確かに誰かいたはずなのに…」


826 :名無したんはエロカワイイ:2008/08/18(月) 15:36:44 ID:t3rXtjl+O
すまん、間違えた…


誰かが舞台裏のスキットと言ってたので書いてみた

複数だと書きにくいので申し訳ないですがリバースのみで…


リバース終了後の打ち上げ


「乾杯〜〜!!」


ヴェイグ「え〜皆さんのおかげで無事にテイルズオブリバースを終えました。本当にお疲れさまでした」

サレ「本当にお疲れさまです!それと皆さん劇中で嫌みなことばかりしてすいませんでした」

マオ「僕は気にしてませんよ〜♪サレさんのおかげでリバースがもっと良いものになりましたよ」
トーマ「気にしないでくださいよ。僕も結構いやな奴でしたしね、ガハハハ」

ヒルダ「そういえばお二人が最後に殺し合うシーンは大変でしたわね」

ティトレイ「そうそう、俺達との戦いを臨場感出すために本気でやりあった後であれですからねぇ」

ワルトゥ「私とミリッツァさんは話しで解決するキャラでしたが、サレさん、トーマさんのキャラはとことん悪役でしたからね」

ミリッツァ「けど名悪役って感じで羨ましかったです」

ドネル「俺みたいに中途半端で終わるキャラがいるんですから、ド羨ましい限り…あっキャラの口癖が付いちゃいました(笑)」

一同「アハハハハ」


アニー「そういえばユージーンさんがここまで鍛えたってのは凄いです。最初の時とは全く違いましすね」

ユージーン「そうだな、なにが大変だったって、リバース始まるまでに体を鍛えておかないといけないって事だったからな」

トーマ「確かに時間無かったですね、僕のところに来てマンツーマンで教えることになりましたしね。あの変わりようを思うとガハハハ!」

ヒルダ「もう、トーマさんったら笑いすぎですよ」

827 :名無したんはエロカワイイ:2008/08/18(月) 15:38:00 ID:t3rXtjl+O
改行多かったので続きです


マオ「劇中で僕もヴェイグさんやサレさん、ミルハウストさんみたいに剣使いたかったなー」

ユージーン「そういえば休みの時にずっと剣見てたもんね」

ヴェイグ「視線感じてたけどあれはマオの視線だったのか」

サレ「剣、剣、剣、剣バカみたい♪って言ってただろうね、僕がいたら」

マオ「うわーいやな感じ」

ミルハウスト「剣って男の子の憧れだもんね、きっともう少し立てばマオ君にも使うチャンスがあると思うよ」

ジルバ「おっ!今度は男の子を口説こうってかい?アガーテさんとつき合ってるっていうのにさ」

アガーテ「ち、ちょっとジルバさん!」

クレア「いいなぁ、アガーテさん羨ましいです!」

アガーテ「クレアさんまで…」

アニー「でも本当にお似合いなお二人だと思いますよ。劇中じゃ結ばれなかったけどこっちではお幸せに!」

ティトレイ「最後の告白のあたりは名シーンだな、後は俺とヴェイグの殴り合いだな」

ヴェイグ「あれ実際にやって本当に仲が深まったな、よく話すようになったし。また殴り合う?」

ティトレイ「それは勘弁…ヴェイグ加減知らないからな」

一同「アハハハハ」


ヒルダ「それとクレアさんの演説と助けるシーンはこれは絶対に捨てられないわね」

ミリッツァ「あんな風に助けられるなんて夢のようですもんね」

クレア「けどあれは本当に大変でした、ちょっと恥ずかしいけど感情的になってアドリブ入ってましたし」

ミルハウスト「そういえば若干違うなとおもったけどあれの方が心にグッときたよね」

ヴェイグ「さすが俺の家族だなっておもった」

クレア「また曖昧にはぐらかして〜でも『クレア』ってあんなに呼ばれて恥ずかしくなっちゃったな〜」

ヴェイグ「あれはさすがに声枯れた(笑)」

マオ「大変そうだったもんね〜、もう一回ポプラおばさんのピーチパイパーティーしたいな〜」

ユージーン「あれはなかなかのものだったな」

ワルトゥ「ぜひ私たち四聖も呼んでもらいたいですな」

ヴェイグ「よし、今度はスールズで盛大なピーチパイパーティをやろう」

468 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)